ご案内


天使のまんまるオンラインショップはこちらです。

2009/11/07

ある日 犬の国から手紙が来て



図書館に行って、
何か気になる本がないかなぁと思って、
キョロキョロ探していたら、
何冊かピンと来るものに出会いました。

中でも、一番、惹かれたのが、
「ある日、犬の国から手紙が来て」
絵・松井雄功 文・田中マルコ(小学館)
です。

全然、知らなかったのですが、
ネット上で運営されている「犬の国 ピタワン」と言うサイトから、
誕生した本でした。

優しい絵に描かれた、たくさんのワンちゃん達。
ときにユーモラスな様子だけど、
とってもあったかくて、
胸が締め付けられるような切なさも漂う本でした。

犬と暮らしていると、
やっぱり、
そういうテーマのものが気になります。

そして、
人よりも速いスピードで生きている動物が身近にいると、
いずれ訪れる日のことを、
考えるときもあります。

そう思うのは、私だけではないのでしょう。

だから、
虹の橋の話や、
この本のような犬の国、
そういう幸せな場所の話が、
どこからか聞こえてくるのでしょう。

素敵なものに、また出会うことが出来ました。

お読み下さいまして、ありがとうございます。
いっぱいの愛と感謝を。

0 件のコメント:

コメントを投稿