ご案内


天使のまんまるオンラインショップはこちらです。

2009/12/15

空中ブランコ

これは本当に面白かった〜

本棚からキラッと光っていた本の一冊の、
奥田英朗「空中ブランコ」です。

なんの予備知識もなく、
読み始めたのですが、
これは正解だと、
そう思える本でした。

楽しかった〜

小説を読んで、
クスクス笑いを堪えるなんてこと、
滅多にない経験でした。
特に、
『義父のヅラ』が、、、、
面白すぎです。

楽しく読んでいく中に、
心に響いてきた文章がありました。

最後の短編『女流作家』の
”人間の宝物は言葉だ。一瞬にして人を立ち直らせてくれるのが、言葉だ。”
(奥田英朗「空中ブランコ」新潮社より)
という文章が、最後の最後に出てきました。

楽しく過ごして、
最後に、
素敵なお土産をもらった気分でした。

ブログを書くのも、言葉が必要。
人と接するのも言葉が必要。
動物とだって、それなりの言葉が必要。

どのような言葉を使うのか。

どのような言葉を使いたいのか。

同じ言葉なら、
呪詛ではなく、
愛に基づいたものを、
発していきたいと、
最近、ずっと考えていたので、
その答えを、
大笑いした後に、
いただいたんだなと、
そう思いました。

本棚でキラッと光る作業をしてくれた、
素敵な存在たち(天使や精霊たちです)
どうもありがとう。

心を開いていると、
素敵なごほうび、
いただけるのですね。

今日もまた、お読みいただきまして、ありがとうございます。
いっぱいの感謝と愛を込めて

0 件のコメント:

コメントを投稿