ご案内


天使のまんまるオンラインショップはこちらです。

2010/01/23

想いひとつ

もののとらえ方で、
世界は変わると思っています。

大きなことを書きましたが、
もっとずっと小さい個人レベルでの体験から、
思ったことです。

良品もありますが、
市販のドッグフードに疑問を持ち、
あるときから、
犬の食事を手作りに変えました。

その素材も、
有機野菜や、安全だと確認できる肉類、
食事の補助としてのハーブやサプリメントなどを
使ってきています。
(人間の方は、ほとんど気を遣っていません……)

だから、
病気になったときに、
「こんなに色々気を遣ってあれこれ食べさせてきたのに、
どうして?」
と、思いました。

もちろん、
どのような食事をしていたとしても、
病にかかることは、結果としてあることです。

そんなこと分かっていても、
その時に考えたのは、
「私があれこれしてきたことは、いったい何だったの?」
という負の感情でした。

負の感情が、
自分を可愛そうに思い、
どんどん大きくなりそうになったとき、
別の考えが浮かびました。

「確かに、あれこれやってきたことは、
それほど役に立たなかったかもしれない。

でも、それだけ気を遣ってきたことが、
病気の発生を遅らせたかもしれない。
重症にならずにすんだのは、
これまでのことがあったからかもしれない。」

という思いでした。

そして、
自分が可愛そうという随分勝手な思いから、
大変なのは本人(犬)だということを、
冷静に感じました。

考え方を切り替えられたのは、
サイモントン療法のビリーフワークという、
ワークショップに参加して、
思考の切り替えを学んだ直後の出来事だったので、
そのお蔭がかなりあります。

これは全然偶然ではなく、
必要な学びでした。
サポートしてくれる素晴らしい存在(天使や精霊たち)の、
お蔭なんだと思っています。

「こんなにやっているのに、どうして?」
という出来事って、
誰でもあることだと思います。

私の例は動物のことですが、
ほかにも、
イヤなことが続いたりすることって、
気分もよくないですよね。

そんなとき、
落ち込んだり、
泣いたり喚いたりして、
発散することって
必要なことです。

だけど、
少し自分を取り戻したとき、
「こんなにやってきたんだから、
この程度の苦労(災難・病気)で済んだのかもしれない」
と、
ちょっとだけ考えを変えてみたら、
心が軽くなって
喜んでいくような気がします。

この世に生を受けているのなら、
だれでも、
たくさん楽しく、
過ごしていく権利があるのだから、

負の感情を増やすよりも、
肯定の、楽しい感情を増やしていけば、
もっともっと、
世界は輝くと思います。

想いひとつで世界は変わる、
私はそう信じています。

今日もまたお読みいただきまして、
ありがとうございます。

いっぱいの
だいすきとありがとうを
こめて!

0 件のコメント:

コメントを投稿