ご案内


天使のまんまるオンラインショップはこちらです。

2010/02/08

未踏峰

新聞の下の欄に、載っていて、
気になっていた本。

笹本稜平『未踏峰』です。

読み進めていくうちに、
当たりの予感に満ちてきました。

この作家さんのことは、
全然知らなくて、
他の作品も読んだこともなければ、
どんな種類の内容を書いていらっしゃる方なのかも、
これまたなんにも知りませんでした。

でも、
先入観がないほうが、
単純に小説の世界を味わえるから、
知らないことも、
楽しむための一つの要素だと、
勝手に思っています。
(もちろん、
いろんな背景を知って楽しむことも、
それはまた楽しいです。)

この本が登山の話だと云うことだけは、
知っていたのですが、
登山には興味を持たないのに、
なぜか、
気になって仕方がなかったのです。

ある山小屋で働くことになった、
それぞれがなんらかの問題を抱えた若者三人と、
自らも問題を抱えていた山小屋の主との、
生き直りの物語。

昨年11月に、発行されたからなのか、
登場人物には、
ある出来事で会社を解雇されて、
やがて工場での派遣労働をすることになり、
未来への希望も持てない毎日を暮らしていたという、
現実にいる若者も出てきます。

登山経験などしたことのない、
ずぶの素人の三人が、
やがて、
ヒマラヤ未踏峰に登っていく。

物語中には、
面白いことに、
私にとって馴染みのある場所や物が出てきて、
小説との距離がぐっと近くなったと、
感じるものでした。

これもまた偶然ではないのかもしれませんね。

いくつもの、
素敵な言葉がたくさんあふれていたお話でしたが、
特に惹かれた言葉が、次のようなものでした。

《どんな人間だって、ただ生きているだけで意味があるんだ》

ヒマラヤなんて、
登ったこともないけれど、
極限状態になったとき、
人は、
「生きる」ということを、
純粋に感じて、
そのことに喜びを感じる。

心に傷を持つ若者達が、
だんだんと、
再生していく様子は、
胸打たれるものがあります。

根性なしだから、
無理だけど、
ヒマラヤに登ってみたいと、
ちょっとだけ思いました。
ちょっとだけです。

人生なんて、
何度だってやり直せるし、
障害だって、
一つの個性。

作者は、
閉塞感漂う、
若者へのエールを送っているのかなと、
そう思います。

それは、
かつての若者たちにもあてはまるのでしょう。

それぞれの登場人物への、
あったかい目線を感じて、
この方の他の作品も読んでみたいなと、
思っています。

いい本に出会えて、嬉しい!

今日もまた、お読みいただきまして、ありがとうございます。

いっぱいの大好きとありがとうを、こめて!

0 件のコメント:

コメントを投稿