ご案内


天使のまんまるオンラインショップはこちらです。

2010/02/19

ロミオとロミオは永遠に

これは、また、おもしろ〜い。

恩田陸『ロミオとロミオは永遠に』です。

恩田さんの作品は、
私にはとっても合っているようで、
どれもなかなか面白いのですが、
この本は、
読み進めていくにつれて、
どんどんリアルな映像が浮かんできます。

段組になっていて、
その上、
3センチほどの厚さ。

京極夏彦先生で鍛えられたので、
文章量の多さは、
嬉しくてたまりません。

そのうえ、
色々と、
「昭和」世代のサブカルチャーが、
たくさん出てくるので、
(バロムワンの所はとくに好きです)
愉快な気持ちになってきます。

最後はきちんとオチもあるので、
読み終えてから、
宙ぶらりんの気持ちになることもなく、
スッキリするから、
純粋に楽しいです。

小説を読むことで、
別の世界に漂っている感覚が、
とっても好きなので、
その世界が面白ければ面白いほど、
ワクワクして、
その空間を堪能しています。

私は、
空想(妄想)癖が強いので、
いろんな創造世界を知ることは、
とっても大好きです。

お気に入りの本がまた一冊増えました。

今日もまた、お読みいただきましてありがとうございます。

いっぱいの
大好きとありがとうを込めて

0 件のコメント:

コメントを投稿