ご案内


天使のまんまるオンラインショップはこちらです。

2010/04/06

地上の天使たち

『地上の天使たち〜本当にあった動物たちの無償の愛の物語〜』
ステファニー・ラランド著を読みました。

動物たちが起こした、
素敵な愛や慈悲の行為がたくさん集められていました。
数多くのエピソードが描かれていますが、
個々のお話にそれほど多くのページ数を割いてはいないので、
わりと早くに読める内容です。

ただ書かれている内容が、
とても素晴らしい愛に満ちた行動でいっぱいなので、
心にじんわりと染みいってきて、
さっさと読むには惜しいものでした。
手元に置いておきたい本の一つだなと思いました。

究極の愛は、
無償の愛。

なにも求めない与える愛。

当たり前ですが、動物は、
その行為によって何か(見返りや財貨)を求めるようなことはしません。
だから、純粋に無償の愛という行為ができるのでしょうね。

小さな虫や、動物たちからも、
教わる事ってたくさんあるんだなと、
思っています。

地球上で、愛を捧げながら活躍されているたくさんの人たちをさして、
〈地上の天使〉とも言いますが、
本当の地上のエンジェルは、彼ら動物たちのほうでしょうね、きっと。

動物的《本能》で生きるということは、
ちょっと野蛮な気もしますが、
動物的《感情》を根底に持って暮らしていきたいなと、
思ったりしています。

今日もまたお読みいただきましてありがとうございます。

いっぱいのキラキラワクワクを〜

0 件のコメント:

コメントを投稿