ご案内


天使のまんまるオンラインショップはこちらです。

2010/04/27

東京バンドワゴン

あの頃、たくさんの涙と笑いをお茶の間に届けてくれたテレビドラマへ。

その1行が、番外編を除いた各本の最後のページに載っていました。
それだけでもう、やられちゃったなぁという感じでした。

なんだかよさそうかもという、「ピン」と来る感じ。
誰にもある素敵な感覚。
それが働いたのが、
小路幸也『東京バンドワゴン』シリーズです。

本を開いて、
最初の人物紹介のページを読んで、
もう、最初の予感は的中したと感じて、
一気に読み進む時の楽しさって、
たまらないです。

キャラが立っているという表現って、
マンガが発端なのかもしれませんが、
それぞれの登場人物が、
しっかりと確立されていて、
生き生きと動き回るのが想像できるのは、
妄想力旺盛な人間にとっては、
嬉しい限りです。

京極作品を初めて読んだときに、
キャラ立ちの楽しさをワクワクしながら読んで、
一気にファンになったものですが、
久しぶりに、そんな感覚の本に出会ったなぁという感じです。

乱読気味なので、
ジャンルを問わず読みますが、
読了後に、
ワクワクする感じが残るものや、
不思議感覚が残るもの、
楽しかったなぁと感じるもののほうが、
最近は自分に向いているようです。

先日、ドラマが大好きな方とお話をして、
最近のドラマのことなども色々と、
語ってみたのですが、
〈あの頃〉のドラマが好きな方には、
きっと、楽しい小説なのではないかなと思います。
そして、
〈今〉だからこそ、
こういうハッピーなLOVEにあふれたドラマが見てみたいな。

今日もまた、お読みいただきましてありがとうございます。

いっぱいのLOVEをこめて

0 件のコメント:

コメントを投稿