ご案内


天使のまんまるオンラインショップはこちらです。

2010/05/27

オール・マイ・ラビング


やっぱり、このシリーズって大好きです。

東京バンドワゴンシリーズ最新刊、
小路幸也『オール・マイ・ラビング』です。

私って、ホームドラマが好きだったの?と、
自分のことなのに、
分かっていなかった一面に気づかされました。
どうも、自分のイメージって、
かなり男性的っていうか、
戦闘タイプ?というような、
冒険とロマンを求めるのが好きなのだよなぁと、
思っていたので、
どこかほのぼのとした、家族小説って、
柄じゃないよなぁと思いこんでいたのです。
面白いものですね。

さて、このお話ですが、
これまで同様、今は亡きサチおばあちゃんの上品で丁寧な語りで、
物語は進んでいきます。

たくさんの登場人物たちが出てきますが、
毎度お馴染みの面々なので、
出てくるだけで、
読む方も、ニヤニヤしてきます。
シリーズものの醍醐味ですね。

よろず屋のように、
いろんなトラブルを、
小気味よく解決していく時の、
なんともいえないあったかさ、
それが、大好きです。

小路さんは、
本当に、最近のお気に入りの作家さんで、
これまで読んだ本の中には、
根底に愛がたくさん流れている作品ばかりなので、
読んで心がホッとします。
ホロッとくる箇所もちゃんと用意してあって、
格好良すぎる人も、いろいろ出てきて、
本当に、ドラマとして見てみたくなります。

それにしても、
私は、勘一じいちゃんに似ている気がする……

自分の心にたくさん響いてくる本に出会えることが、
なによりも嬉しい、幸せなことだと、
実感中です。

今日もまた、お読みいただきましてありがとうございます。

いっぱいのLOVEをこめて

0 件のコメント:

コメントを投稿