ご案内


天使のまんまるオンラインショップはこちらです。

2010/06/25

アイザック・アシモフの世界の年表


この間、恩田陸『ライオンハート』を読みました。
そうしたら、参考図書に、
この本『アイザック・アシモフの世界の年表』があったので、
何の気なしに、図書館で書庫から出してきてもらったら、
瞬間、のけぞりそうになりました。

百科事典並みの厚さと大きさでした。

それもそのはず。
150億年前の宇宙の誕生から始まって、
地球にバクテリアが発生し、
やがて、生物が〜と言うところから始まっていました。

変なところで負けず嫌いなのか、
挫折しそうになりながらも、
全部読み切るぞ!と思い、
日々、読んでいます。

今やっと、日本では、
ペリーが浦賀に来たところです。

近代にページが多く割かれているようなので、
そのあたりでようやく、
半分が過ぎました。

英語圏の作家なので、
どうしても、ヨーロッパ中心の内容になってしまいますが、
人の営みや、国同士の戦いの歴史、
科学者のいろんな発明など、
色々と、面白いです。

マンガ好きなので、
ついつい、
色々なマンガの時代になると、
妄想も入ってきます。
王家の紋章、天は赤い河のほとり。
そして、ベルサイユのばら。
マリー・アントワネットが出てきた瞬間、
勿論、オスカル〜、アンドレ〜と、
マンガを無性に読みたくなりました。
でも、これを制覇しなくてはいけないので、我慢。

まさに格闘しながら、読書をしていますが、
一つの星の上で、
たくさんの人間達がいろんな事をしているんだなぁと、
感じています。
子供の感想みたいですが、
膨大な数々の歴史の事件も、
地球や宇宙の流れから考えると、
一瞬のことなんだと、
そう思えたりもします。

その一瞬、煌めくように、
みんな格闘しているんだなと、
そう感じています。

残り、頑張るぞ〜。
昭和はまだ遠い……

今日もまた、お読みいただきましてありがとうございます。

いっぱいのLOVEをこめて

0 件のコメント:

コメントを投稿