ご案内


天使のまんまるオンラインショップはこちらです。

2011/05/06

なみ

周りの変化の速度が増してくると、
自分だけ、
取り残されていくように感じることが、
あるかもしれません。

いろんな物事が、
とても速いスピードで動いていくので、
それについていけないことも、
あるかもしれませんね。

いくら、
個人個人のペースがあるんだって、
分かっていたとしても、
時折、
無性に焦りを感じたり、
不安に思ったり、
孤独を感じたり。

普段は気にしていなくても、
たとえば、
女性の場合だと、
ホルモンのバランスの影響で、
感情のアップダウンがあるので、
やたらと感受性が敏感になってしまって、
落ち込んでみたりもしますよね。

頭では、
よ〜く分かっているんですよね。

人は人だし、
自分は自分。

比べる必要もないし、
焦る必要もない。

だけど、
心は、
穏やかでいられない時ってあるんですよね。

自分の心をもてあましてしまう時は、
あるんですよね。


こういう時、
すっきり気持ちを切り替えられたり、
ネガティヴな感情を手放したりすることが、
ラクになる方法ですよね。

だけど、
それすらも分かっていても、
どうにもグダグダする自分がいたりする時だってあります。

気持ちの浮き沈みって、
何にも悪いことじゃありません。

落ち込んだり、
やたらと泣けてしまったり、
焦って心が苦しくなったり、
不安で未来に希望が持てなくなったり。

辛いですよね。
こういう時。

それでも、
気持ちの浮き沈みは、
あなたのハートがちゃんと活動している証。

ハートはセンサーの役目があるので、
悲しいときには悲しいし、
嬉しいときには嬉しい。
当たり前だけど、
それを感じ取るお役目があります。

嬉しいことしか知らなかったなら、
人の悲しみや痛みに、
気づくことも出来ないし、
それを感じ取ることも出来ません。

たくさん痛みを知っていると言うことは、
その分、
たくさん愛を知っていると言うことです。

落ち込んだり出来ると言うことは、
不運な体験をしている人の気持ちを共有出来ると言うことです。

だから、
精一杯、
哀しみに沈んでもいいし、
落ち込んだっていいんです。
焦ったっていいし、
不安に思ったっていい。

それが全部、
あなたのハートの糧となるのだから。

もちろん、
ずっとずっと、
沈んだままでいることをお薦めしているわけではありません。

人はそれほど強くもないけれど、
そんなに弱くもない。
人の心だってそう。
上がり調子ばかりではないけれど、
下がり続けることも、これまた大変。

そういう波を繰り返しながら、
細やかで豊かな感情を持つ素敵な人になっていくのだから、
哀しみにも「ようこそ」って言いたくなるときが来るかもしれませんね。

今、
感情の様々な波に乗って、
ちょっと苦しい想いをしているあなた。
よ〜く、がんばっていますね。
自分をたくさん誉めてあげてくださいね。

周りのスピードがいくら速くても、
あなたにはあなただけの、
特別なスピードが備わっているのだから、
何もかも自分だけで抱え込まないで、
あなたのことが大好きな天界の応援団(=エンジェルたち)に、
委ねてみてもいいかもしれませんね。

そうやってちょっとずつ、
ハートが豊かになっていくんですね。

あなたのハートが、
さらに輝いていきますように〜!

今日もまた、お読みいただきましてありがとうございます。
天使や精霊たちからのたくさんの祝福と愛を☆

〜 今日のいいこと 〜

☆ 今日もワンコは楽しそうにお散歩しています。

☆ 韓国語が、どんどん楽しくなってきました〜。

☆ 好きな本を読めること

☆ 風が心地いいこと

〜 ☆ ☆ 〜

0 件のコメント:

コメントを投稿