ご案内


天使のまんまるオンラインショップはこちらです。

2011/11/17

初山滋—永遠のモダニスト


今年の美輪明宏さんの音楽会の舞台には、
初山滋さんの絵が使われていました。
そのあたりのことは、
こちらでもちらっと書いています。

といっても、
そのお名前を知ったのは、
美輪さんの舞台が初めてでした。

ずっと気になっていて、
先日、図書館で、
上の本を借りてみました。

かつては教科書の表紙絵も担当されていたみたいですが、
私が小学生の頃には、
それを使っていたのかどうかは、
はっきりしません。

きっと、
小学生の時なんて、
表紙絵など気にも留めていなかっただろうとは思います・・・

でも、
素敵な機会があって、
いろいろな絵本の挿絵や、
表紙の装丁などを見ることが出来ました。

とっても柔らかくて、
温かい気持ちになる絵がたくさん。

ユーモラスなものもあれば、
叙情的なものもある。

どの絵からも、
ゆったりとした時間、空間を感じます。

童画という分野で、
活躍されていらっしゃったのは当然なんだなと思うほど、
子供たちが必要とする感性によりそうものでした。

こういう優しい絵にたくさん触れて、
テンポのゆったりとした綺麗な音楽を聴いていけば、
たしかに、
美輪さんが良く言っているように、
人はちゃんと育っていくんですよね。

大人でも、
まだ間に合うかな?

本当に美しいものは、
魂の栄養分なのだから、
大人でも大丈夫ですよね。

元々ガンガンのロックが好きな私ですが、
それでも、
たまには、
こういう魂の栄養となるものも、
欲しくなります。

あ〜、
近くで初山滋さんの作品展なんかがあったら嬉しいのになぁ。

今日もまた、お読みいただきましてありがとうございます。
天使や精霊達からのたくさんの愛を

〜 今日のいいこと 〜

☆ 今日もワンコは張り切って走っています。

☆ ワンコと一緒に自転車で、獣医さんに定期検診。
  ぼちぼちですが、それで充分なのです♪

☆ 生きていること

☆ 食べられること

〜 ☆ ☆ 〜

0 件のコメント:

コメントを投稿