ご案内


天使のまんまるオンラインショップはこちらです。

2012/01/13

ストレスの時差 その4

ストレスって、
本当に侮れないものですよね。

そのストレスに時差があるんだなぁと思ったのは、
身近でも最近、
そういう体験を見聞きしたからです。

私の場合、
本当に面白いことに、
一番ピーンチって言う時には、
特に目だって、
何がどうと言うことがありませんでした。

おそらく、
生理不順だったり、
眠れない時があったり、
気持ちが沈んだりする瞬間はあったと思います。

でも、
ちょろちょろっと〈軽い不調〉程度で、
気にするレベルじゃない。

そして、
時間が経っていき、
一応ストレスのピークも過ぎて、
特に不快なこともなく、
変わりばえはないけれど、
穏やかな時間を迎えていた時に、
急に、
どんどんと、
アトピーが広がっていきました。

だから、
「一体どうして急に???」という感じでした。

何もストレスになるものなど、
取り立ててないのに、
なぜ?

血液検査をして動物の毛が原因だとか、
玄米を消化できないから皮膚に影響が出たとか
(↑昨日の記事にこのあたりのことは少し書いています)
いくつかの病院で言われましたが、
実際には、
それは自分でピンと来るものではなかったんです。

ストレスで・・・と、
お医者さんに言ってみたのだけど、
鼻先であしらわれてしまって、
それ以上言えなかったりもしました。

でも、
なんとなく、
自分では分かっていた気がします。

「やっと病気になれたんだな」って。

おかしい表現ですよね、これって。

だけど、
そんな気がしています。

ストレスの高い時って、
免疫力は下がってきているはず。
それでも、
精神力で乗り切ろうと必死なんです。
もう、ホントに、必死。
無意識で必死だったりするから、余計にすごい。

だから、
その渦中の時には、
多少の軽い不調はあっても、
なんとなくそれでやりこなしてる。
本当はここで気づかないといけないのにね。

そうして、
めでたくも何とか乗り切った。

だんだん落ち着いてきて、
やっと、
やっと、
病気になることが出来る。

病気になってもいいんだって。

辛いことを乗り越えて、
穏やかな幸せの日が続いていて、
何の文句もないはずなのに、
突然、体や心が不調になる。
ストレスが時差でやって来ちゃう。

きっと、
時差があればあるほど、
ストレスがもたらすものは大きいのかもしれない。

引き延ばされていたから。

ほんと、
私たちの心も体も、
精一杯、働いているんですね。

さぁ、どう締めくくりできるのか分かりませんが、
この話は、明日へと続きま〜す。

〜 今日のいいこと 〜

☆ 今日もワンコは楽しそうに走っています。

☆ 今日も、焼き芋がおやつ。紅はるか、ホントに美味しいです。おすすめ。

☆ ある本のシリーズが完結した記念に、編集部宛にハガキを出すと、
  作家さんからお手紙が届くというものがありました。
  作品もとっても大好きだったし、
  その最後の作品のあとがきには、大学の恩師の名があって、
  それもまた何か感じるものがあり、お葉書を出しました。
  そしたら、ちゃんと、作家さんから直筆のお葉書をいただけました♪
  うれしいな!

☆ 生きていること

〜 ☆ ☆ 〜

0 件のコメント:

コメントを投稿