ご案内


天使のまんまるオンラインショップはこちらです。

2012/01/19

ストレスの話 その2

少し続きになっていますので、
よろしければ、
この前の記事からお読みくださいね。

世の中に、
人の数だけ、
それぞれストレスとなる物もあるかと想います。

私の例なんて、
ほんとうに、
しょーもないものです。

悲惨な体験をされていたり、
壮絶な想いを抱いていたりする方は、
もっともっといらっしゃいます。

なので、
ストレスの素としての体験例にはなりませんが、
かわし方、やり過ごし方が、
この話の目的なので、
そのあたりは、
ご了解ください。

さて、
ではちょっとずつ、
ストレスのかわし方をお伝えしていきます。

私の例の場合、
一番簡単なのは、
〈やめちゃう〉ことです。

逃げることは、
卑怯だなんて思いません。
逃げるが勝ちだって思っています。

エヴァンゲリヲンでは、
「逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ」っていうけど、
そういう時もあっていいんです。

ストレスがたまって、
それが後に全身アトピーに変化して、
その後、何年も、
みっともない姿になっていたのですが、
ストレスの真っ只中、
小出しに、
ちょろちょろっと不調はありました。

軽い過呼吸とか、そういう感じの物が。

体がサインを出している時は、
逃げちゃって、
やめちゃって、
いいんです。

無責任かもしれません。
でも、
それでいいと私は思っています。
自分の心と体を守るのは、自分だから。

なんて、
そういいながらも、
一応、任期全うしました。

そして、
さぁ、今年は理由をつけて我が家に回したご家庭に、
今度こそやってもらうわよ〜と思ったら、
そのご家庭、町内会を辞めてました。

そりゃないよ〜って思ったけれど、
辞めて良かったの???
抜けられるものなのね???
と、
初めて気づきました。

そんな方法があるなんて知らなかった〜。
目からウロコでした。

本当に苦しい時は、
逃げたり、やめたりするのは、
何にも悪いことじゃない。
そう思っています。

人間性を高める試練かもしれない。

だけど、
体や心を壊してまで、
そんなの高めなくたっていいと思う。

語弊があるかもしれませんが、
心身を壊しながら高まる人間性だったら、
そんなの要らない。

人は幸せになるために生まれてきたのに、
壊れちゃって、しあわせ?

などと、思うのです。

だから、
〈やめちゃう〉こと。
それが、一番簡単なこと。

でも、そう簡単にいかないのも、事実。
なので、
明日は、
もうちょっと違う方法をお伝えします。

お読みくださってありがとうございます。
たくさんの愛と祝福を

〜 今日のいいこと 〜

☆ 今日もワンコは楽しそうにお散歩しています。

☆ 図書館で、楽しく妄想。

☆ 道を譲り合ったりする姿って、いいですね

☆ 生きていること

〜 ☆ ☆ 〜

0 件のコメント:

コメントを投稿