ご案内


天使のまんまるオンラインショップはこちらです。

2012/01/20

ストレスの話 その3

昨日は、
ストレスとなるものから、
〈逃げる〉〈やめる〉という方法について、
書きました。

選択肢の1つとして、
こういう方法があることを頭の片隅にでも置いておくことで、
救いになることもあるんじゃないかって思っています。

今日はまた別の方法です。

それが〈任せる〉〈頼む〉って方法です。

私は、
自分の経験から、
町内の仕事を他の人(組長の下に班長さんがいるので、その方にという意味です)に、
一切頼みませんでした。

私が班長をしていた際に、
組長さんが多忙のため、
その代理をしたり、その他諸々雑用をしたりしていて、
「(さんざん)使われちゃった」という想いがあったので、
そう言うことはしたくないなと思ったからなのです。

本来なら、
班長さんにある程度任せて、
その取りまとめをすれば、
もっとラクでした。

でも、
これができなかったんだなぁ。

「人を使う」ということに対して、
抵抗があったのでしょうね。
「人に動いてもらう」と、
視点を変えれば良かったのに、
頭も心も固かったんですね。

かたくなに、
全部自分でするんだ(寄り合いなどは夫が出席)と、
やっておりました。

は〜い、
私のダメダメちゃんな部分、
分かってきました?

もうちょっと柔軟に考えればいいのに、
なんだかね〜。
このあたりの思考の切り替え方法などは、
また後日、書いていきます。

とにかく、
ストレスの素となることが、
誰かと分けあうことができるのならば、
お任せをしたり、
頼んでみたりしてみるといいんですよね。

肩に重い物を担いでいたら、
誰かと分けあってみればいいんです。

そうして、
分けあってくださった方に、
たくさん感謝をするだけ。

奇しくも、
私の体験の中に、
これらの答えがあったんですよね。

自分の用事を優先にして(←言葉は悪いですが、実はこれって悪いことじゃないのです)
できないことはできる人に任せた、
私が班長だった当時の組長さん。
町内の仕事や町内会そのものに関心がないので、
脱会したご近所さん。

方法論は、その中にありました。

簡単なことなのに、
渦中にいる時には気づかなかったなぁ。

ま、
至らぬ点がいっぱいあるけど、
こうやってネタにできるのだから、
それもまた良しって、
想っていま〜す。

また来週から、
この続きを書いていきます。

今日もまた、お読みいただきましてありがとうございます。
たくさんの愛と感謝を♡

〜 今日のいいこと 〜

☆ 今日もワンコは、雨の中、楽しそうにお散歩していました。

 久しぶりに雨が降ったこと。
  近所の川が干上がっていたので、お湿りは必要だなぁ。

☆ 今日も焼き芋。紅はるかは、ちょっとねっとりしていて、美味しいな。

☆ 生きていること

〜 ☆ ☆ 〜

0 件のコメント:

コメントを投稿