ご案内


天使のまんまるオンラインショップはこちらです。

2012/04/09

一緒に想像してもらってもいいですか?

いつもこのブログを読んでくださって、
ありがとうございます。

お読みになっていただいている方は、
お幾つくらいなのか、
どんなお顔をしているのか、
私には分かりません。

でも、
ちょっとだけ、
一緒に想像してもらってもいいですか?

その前に、最初にお断りしますが、
あまり気分のいい想像じゃありません。(グロテスクという意味ではありません。)

少しだけ、
今、起きていることを、
お伝えしたいだけなのですが、
読みたくないって思ったら、
どうぞ他のサイトへと移ってください。











さてと、お付き合いくださった方に、感謝。
ありがとうございます。
ちょっとだけ、想像してみてくださいね。


あなたには大切なご家族がいると。

そして、
ある日突然、
悲惨な出来事が起こって、
今、住んでいる場所から、
離れなければならなくなったと。

でも、
旦那さんやパートナーさんは、
お仕事の関係で、
一緒には引っ越すことが出来ないと。

だから、
あなたは、
大事な子どもやペットを連れて、
住んでいる場所から遠く離れた、
友達も知り合いもほとんどいない場所へと引っ越すことになったと。

そして、
これは、
いつまで続くか分からない暮らしだと。


いかがですか?

これが、
今、
母子避難などをされている方達の現実の一つです。

新しい春に、
入園、入学を迎える、
いとしの我が子の晴れ姿を、
見ることも出来ないお父さんたちがいます。

いろんな成長途中の様子を、
毎日見ながら、
伝えることの出来ないお母さんたちがいます。
(毎日、伝え続けるのって、大変なんですよ)

福島から母子避難をされている方が、
愛知にもいらっしゃいます。
私のご近所の方は、
明日、かわいらしい息子さんが入園式だそうです。
それを想うと、
どうしても、
このブログを読んでくださっている方に、
お伝えしたくなりました。

苦しい想いさせてしまったら、ごめんなさい。
でも、読んでくださって、
本当にありがとう。

私は、
セラピストで、
癒しをお届けするのを生業としているのに、
こんな苦しい現実をお伝えするなんて、
おかしなことかもしれないですね。

だけど、
今を生きていて、
目の前に起きていることを、
なんにも知らぬふりをして、
ただただ、
やわらかい言葉を綴っていくのは、
本意じゃないんです。

闘うセラピストでいいかもって、
想っています。

愛は甘いだけのものじゃないから。

読んでくださって、
本当にありがとうございました。
たくさんの感謝を込めて!

0 件のコメント:

コメントを投稿