ご案内


天使のまんまるオンラインショップはこちらです。

2012/04/16

最初の1人

あなたの毎日は、
どんなふうですか?

いろんなところで、
いろんな人が、
様々なことをしています。

そして、あなたも、
毎日、
自分なりに、
精一杯、
頑張って暮らしているんじゃないかって想います。

だけど、
ちょっと凹んじゃうことだってある。

本当に一生懸命頑張っているのに。

こんなにやっているのに。

誰も気づいてくれない。
認めてくれない。

そういう想い、
悲しいですよね。

でも、
よ〜く思いだして下さいね。

あなたの頑張りをちゃんと見て、
しっかり気づいている人が、
この世界の中に、
1人はいるんです。

もちろん、
「天」も知っているし、
他に気づいている人たちだっているはずだって想います。

それでも、
最低でも1人はいるんです。
ゼロじゃないんです。

その最初の1人は、
「あなた」自身です。

自分をカウントするなんておかしいと、
思われるかもしれません。

だけど、
自分をカウントしていけないなんて、
そんな決まりもありませんよね。

だったら、
カウントしちゃいましょう。

これを屁理屈と言われようが、
自分勝手の解釈と言われようが、
なんでも結構♪

それで、
自分の味方がゼロじゃないんだから、
なんの問題もないんじゃないかな。

そう。

あなたのことをよく分かっているのは、
あなた自身。

誰も褒めてくれたり、
認めてくれなかったら、
自分だけは、
自分の味方でいようじゃないですか?

自分で自分を、
「頑張ってるよね、アタシ」と、
思いっきりハグしていると、
だんだんと、
外からも、
ハグの輪が広がっていきます。

天からも、
ギュッとハグされるし、
あなたのことを見ている人たちだって、
その想いをハグにのせて伝えてくれる。

挫けちゃったり、
つまづいたり、
落ち込んだりするけれど、
それでも、
立ち上がって生きているんだから、
あなたは、
素敵な存在です♪
(したたかに生きてるとも言います♡)

今日もまた、お読み下さってありがとうございます。
たくさんの愛と祝福を!

〜 今日のいいこと 〜

☆ 今日もワンコは楽しそうに走っていました。

☆ 今日は自転車を使わずに、歩いてあちこち移動。
  気持ちいいのだけど、張り切りすぎた…..

☆ 小路幸也作品、読む。
  以前の作品のサイドストーリーなんだけど、
  登場人物に愛着があるから、愛おしく読んじゃう。
  小路作品で一番好きなシリーズがあるのだけど、
  それも最終章となるものを書く予定はあると先生は仰っていたので、
  本を手に取った瞬間、号泣するかも。

☆ 生きていること

〜 ☆ ☆ 〜 

0 件のコメント:

コメントを投稿