ご案内


天使のまんまるオンラインショップはこちらです。

2013/11/20

黄色のリボン「イエロードッグプロジェクト」

 

こんなものがあったなんてと、
昨日、初めて知ったプロジェクトです。

もっと早く知っていて、
世の中に認知されていたら、
嬉しかったのにと、
思っちゃったけど、
それでも、
どこかの誰かに繋いでいけばいいので、
ブログに書きましょっと。

スウェーデンで2012年に始まったということなので、
知らなくても、仕方がないよね〜。

日本語のサイトもあったようだけど、
現在は閉鎖されているので、
詳しくは分かりませんが、
公式サイトはこちらね。

たしか、
このブログでも困った体験を書いた気がするのだけど、
こういう運動が進むと、
とってもありがたい。

ロンが全盲になった時、
他のワンコや子供を近寄らせないようにしていました。

安全のため。

何か起こったとき、
守れるのは私だから。

だけどね、
「さわらないで!」なんて、
そうそう言えるものじゃない。

親しげに近づいてくれるのを、
邪険にするのも、難しい。
知らんぷりして通り過ぎたらいいけど、
そうも行かないとき、
いちいち「ごめんなさい、この子、目が見えないから」と、
そういう事言わなきゃいけないのって、
けっこうしんどい。

それで分かってくれる人もいるけど、
それでも、
しつこい人もいるから、
これまた困っちゃう。

「おねがい、そっとしておいて」

本当にそう願ってた。

このリボン、知らなかったけど、
「この子は目が見えないので、知らぬふりをして下さい」って、
ゼッケンでも付けて歩こうかと、
そう思っていたくらいでした。

目が見えていた頃から、
人には興味あっても、
ワンコには興味がない子だったから、
目が見えていなかったら、
尚のことイヤだもんね。

イヤなこと、
怖いことから、
守ってあげられるのは飼い主だからね。

だから、
黄色のリボン、
広がっていきますように。

見かけたら、
そっとしておいてあげられますように。

そう祈りを込めて。


注:日本語版サイトがないので、
web上からの画像を拝借しています。
なにか問題等があれば、訂正いたします。

0 件のコメント:

コメントを投稿