ご案内


天使のまんまるオンラインショップはこちらです。

2013/07/31

主役として

最初に、ちょっとだけお詫び。

今ちょっと慌ただしくて、
過去の記事を探す暇がないのですが、
もしかしたら、
前にも同じようなことを書いていたかもしれませんので、
その際は、
笑ってくださいませ♪(えへへ)

と言うわけで、本題。

これを読んでくださるあなたに質問。
あなたは、この世に何人いますか?

なに?
と思われるでしょうね。

そんなこと一人に決まってるって。

そうなの。
ひとりきりなの。

一人しかいないの。
あなたって言う存在は。

人生をお芝居に例えるなら、
あなたは、
このお芝居において、
無くてはならない大切な《主役》。

でね、
このお芝居、
退屈なんかじゃないんですよね。

悲劇が起きたり、
喜劇で大受けだったり。

一見、単調に見える時があるかもしれないけど、
《主役》目線で見てみたら、
それもまた次への伏線だったりして。

ひとつの例だけど、
この単調の暮らしの中にも、
小さなドラマはいくらでもあるんです。
さりげなくて、あなたが覚えていないけれど、
あなたが誰かに親切にしたことや、
心を配ったこと。
美しい夕日に感動したことなど。


観客はどこにと思うかもしれませんね。
出逢う人たちだったり、
過去の自分だったり、
未来の自分だったり、
スピリチュアルな存在だったり、
いろんな観客が、これまた見ているんですよ。

お芝居と考えると、
登場人物がただただぼけ〜っとしているだけの内容って、
どう思いますか?

人それぞれなんだろうけど、
私は、
そういうのはつまらないな、面白くないなと、
思っちゃいます。

そうなの。
面白いお芝居にしてやろうじゃないの。

苦しみや哀しみの最中に、
それが面白いなんていうのは、
不謹慎極まりないよね。

でも、
自分から、
距離を離して、
自分を観察してみて。

自分劇場を見つめてみて。

お芝居のエッセンスとして、
そういう出来事は、
主役の魅力を増す要素になるんじゃないかな。

時として、
悲劇的要素に飲み込まれて、
主役を放棄してしまうこともあるかもしれないけど、
この主役は、
交代できない大切な役。
あなたしか出来ないもの。

困難も、
哀しみも、
傷も、
これでもかって湧いてくることあるかもしれない。

なんで自分だけって、
そういう想いをすることがあるかもしれない。

でも、だからといって、
あなたの人生を、
オール悲劇にしてみたい?

してみたいなら、
それは仕方がないけど、
もしも、
そう思わないのなら、
あなたはいくらでもあなたのお芝居を、
素晴らしいものへと変えることが出来る。

年齢なんて関係ない。
経験だって関係ない。
能力も、仕事も関係ない。

ただ、
ハートで決めて、
自ら、
主役として堂々とふるまっていけばいい。

毅然と、
凛として、
歩いていけばいい。

それは、
あなたに出来ること。

誰かじゃなくて、
あなたにしか出来ないこと。

だから、
自分を大切に、
自分の心、体を、大切に。
主役交代できないんだからね。

素晴らしい道へと、
歩まれていきますように。

今日もまた、お読みくださってありがとうございます。
たくさんの愛と光を。
Love & Hug Hug

〜 今日のいいこと 〜

☆ いいお天気だったこと。

☆ 生きていること。

〜 ☆ ☆ 〜


2013/07/29

愛いっぱいに


今日、お友達のエンジェル・カウンセラー紗悠さんに、
お願いしていた素敵なアートが届きました。

写真が上手に撮れていなくて、
申し訳ないのですが、
実物は、
とっても優しくて穏やかで柔らかいエネルギーに満ちた絵です。

お人柄も、
絵にはどこか表れますね〜。

佇まいが可愛らしくて、
きゅ〜っと抱きしめたいラブリーな方。
エンジェルたちとも仲良しだけど、
でも、そればっかりではなくて、
ご家庭や暮らしを大事にされて、
地に足の着いたスピリチュアルを実践していこうと、
日々努力をなさってる。

知り合ったのは3年ほど前だけど、
実際にお逢いしたのは、この春が初めて。
それでも、
なんとなく分かっちゃうのは、
おもしろいことです。

このアートについては、
こちらでご紹介なさっています。

心をこめて、
愛いっぱいに描かれていらっしゃるアート、
私は大好きです。

ご興味がおありになる方は、
お問い合わせ等なさってみて下さいね〜。

紗悠さんは、
アートだけではなく、
カードリーディング、ヒーリング、その他いろいろと、
行われていらっしゃるので、
私も見習いたいなぁと思っています♪

私はと言えば、日々、
いろいろと、
奮闘している毎日ですが、
あったかい応援をいただいたようで、
とってもしあわせです。

大好きなお客様からも、
近況報告がてら、
ご心配やあったかいメッセージをいただいたりしていて、
何より嬉しいことだなと、
そう思っています。

昨日は、
ロンを大地に還してきました。
やっぱり、ちょっとセンチメンタル(ジャーニーって言う人、同じ世代だ.....)
な気分になったけど、
それでも前を歩いて行くことが、
今の自分にできることだから、ね。

後ろ向きの、
自分可哀想に閉じこもってしまうなんて、
まっぴらごめんだし。

気の強さは、
こういう時、役に立つのね〜。

さあ、
また今日からがんばっていこう♪

すてきな愛の光を届けてくれた紗悠さん、
ありがと〜!

今日もまたお読みくださってありがとうございます。
たくさんの愛の光を。
Love & Hug Hug♡

〜 今日のいいこと 〜

☆ 今日は初めてコミュニティバスに乗った。なんかのんびりしていい感じ。

☆ バスの待ち時間つぶしも兼ねて、図書館でウロウロ。
  この場所ならいくらでも時間が流れる、最高の場所。

 本が読めること。

☆ 素敵なアートが届いたこと。

☆ メロンパンが美味しかったこと。

☆ 生きていること。

〜 ☆ ☆ 〜

2013/07/27

明日はデモと


このブログの右側の方でご紹介をしていますが、
明日は、
月イチNAGOYAの脱原発デモがあります。
デモについての詳しい案内等は、
こちらにありますので、
よかったらご覧くださいね〜。

私も参加してきま〜す。

デモって言うと、
いまだに怖いイメージがあるかもしれないし、
まるっきりそういうイメージがないかもしれませんが、
何度か参加している私なりに感じてることだけ、
書いておきます。

参加してきた脱原発のデモについては、
全部じゃないにしても、
このブログで少し感想を書いているので、
ご興味を抱いてくださる方は、
遡ってみてくださいね。

最近では、
家人も一緒に行くことが多くなったし、
顔見知りも増えてきたけれど、
しばらくの間は、
ずっと一人で出かけていました。

女1人、
ひよわじゃないし、
吹けば飛ぶようなもろい奴でもないけど、
やっぱり不安はありました。

デモって抗議だよね。

声を上げることにも抵抗あったし、
どんな思想や主義主張を持った人たちが集まるのか、
それも不安だったし。
(そういういっちゃった人たち、怖いなぁって思うもの)

だけどね、
「原発いらない」と言う気持ち、
「原発とめてほしい」と言う気持ちは、
不安を上回る想いだったんだ。

それに加えて、
福島原発の事故による、
大きな被害が、
土地や作物、経済だけじゃなく、
人の心にも及んでいることは、
知らぬふりをしていられない、
怖い怖いなんて言っていられない、
そういう想いだったんだ。

と、まぁ、
一大決心(笑)のような、
勇気を必死でかき集めて出かけたら、
これまた拍子抜けするくらいの、
普通にそこら辺を歩いている方達ばかりが集っていた。

昔のイメージの、
ゼッケンだの何だのって言うのは、
ほとんど見かけられなくて、
手作りのカラフルなプラカードがあったり、
お花があったり。
ベビーカーを押したママさんがいたり。

それが私の一番最初の脱原発デモ体験でした。
2011年4月だったかな、たしか。

それからは、
行ける範囲で参加しています。

政治団体や思想団体といったものとは無縁の、
普通に暮らしている人たち(普通という表現が正しいかどうかは別として)が、
やむにやまれぬ想いで始めたものを、
私は支持しています。
だって、それが気持ちいいもの。

主催さんによって、
雰囲気も変わるから、
そこらへんは自分の感覚に任せて、
参加するしないを決めてます。(そんなに大袈裟じゃないけどね)

この辺の感覚は
スピリチュアルのご縁で私と出会ってくださった方は、
分かるんじゃないかな。
ピンと来るというやつです。
それも大事だよね。

そしてね、
これは私個人の課題だったのだけど、
自分のお仕事に対する気持ちの持って行き方で、
しばらくの間、悶々としてました〜。

私のプロフィールを見ていただくと分かるのですが、
行動基準は「愛」です。
だけど、
抗議とかって「NO」を突きつけているでしょ。

そこらあたりはどうなのよと、
気持ちの折り合いを付けるのに、
しばらく悩みました。

ここら辺のことも、
以前に書いているので、
端折りますが、
「愛」と感じ、信じたものであれば、行動していこうと、
そう決めました。

だからね、
たまに抗議アクションやデモなどで、
それは違うよなと言うコールがあるときは、
声にしません。
主催さんからはないけど、
参加者からそういう声が自発的に上がるときがあるのね、たまにだけどね。

誰かに強制されて参加しているんじゃないからね。
自分の中の、
やむにやまれぬ想いがあって、
それで行動しているんだからね。
誰かの恐怖心を煽ったり、
不安感を高めたりするようなもの、
ただ騒ぎたいだけのものは、
私は興味ないし、賛同しないんだ。
愛、ないもんね、そこには。

そして、
デモをしたって、
何も変わらないじゃない?
そう思ったり、言ったりする人もいるけれど、
私は、そうは思わないな。

それは意思表示なの。

「私は◯◯についてイヤ」
「私は◯◯じゃなく、気持ちよく生きたいの」
そういうこと、
街に出て、
表現すること、
素敵だと思うな。

ただ、
これを勘違いして、
誰かの人権を蹂躙するような不心得者もいるけどね。

根底に、
「愛」があるものを、
お日さまの下で表現していくことは、
素敵だと思うな。

動くこと、
最初は思いっきり勇気がいると思う。

でも、
その一歩を踏み出したら、
世界は敵じゃなくて、
愛に満ちあふれていると、
そう気づく機会も場も増えていくんじゃないかな。

デモに限らずね。

機会があれば、
みなさん、
参加してみてね。

ほんのちょっとの参加だって、
オールOK!

明日は、
午前中はロンの納骨なんだ〜。
そんな日にデモなんてと、
家人は微妙な顔をしていたけど、
その気持ちも分かるな。(でも参加するかもと、悩み中)
だけどね、
うちは、
ありがたいことに、
最期まで一緒に暮らし、看取ることができたの。
なのに、
原発事故で、
一緒に住むことができなくなった動物たちがいっぱいいる。
離れ離れになった状況で、
亡くなってしまった子もいる。
それって悲しいよ。
そういうのイヤだから、
動くの。
行動するの。

何も立派なことじゃないの。

ただ、
ずっと一緒にいられたことに対する有り難さと、
そう出来ない方達への申し訳なさで、
動けるんなら動こうじゃないのと言う想いだけ。
そんな気持ちで、動いてる。
とっても個人的な想いだけだね。
愛もあるけどね。

じゃ、明日、行ってくる!
行けない方は、
たくさんの応援のLOVEを届けてね♡

今日もまた、お読みくださってありがとうございます。
たくさんの愛と感謝を。
Love & Hug Hug♡

2013/07/25

再確認の時間

満月の日、
久しぶりにご夫妻の所でのワークショップに参加してきました。

2年ぶりになるのだけど、
今年は、そういう出会いの年のようで、
久しぶりにお顔を合わせる方が多いな〜。
嬉しいことです♪

よく顔を合わせているのも楽しいけれど、
たまにお逢いすると、
色んな変化が感じられたりして、
それも楽しいんですよね。

師にお逢いする場合は、
もう、ひたすら自分の確認作業って感じです。

ちゃんとやっているかな、私。
失敗もしたりするけれど、
それでも、
大切なことは大切なまま、お伝え出来ているかな。

至らない点なんて言ったら
たくさんあるけれど、
それも含めて、
丸ごと自分の確認作業をしてるかな。

師が、
そういうダメ出しをしているわけじゃないんですよ。
ただエンジェルたちからの愛を伝えてくださるだけ。

多くのメッセージをいただき、
そのあまりの量に、
翌日はやたらとグッタリして、
使い物にならなかったのが笑えちゃいますが、
大切なことは、
ハートがちゃんと受け取ってきているので、
あとは、
自分の中の愛をさらに高めて深めていけばいいだけ。

愛も一杯もらってきたけれど、
勇気も一杯もらってきました。

ロンの旅立ちもあって、
お仕事をお休みさせてもらっているけれど、
落ち込んで何も出来ないと言うんじゃない。
なんていうのかな、
「変化」なんだと思う。

変化をして、先に進んでいくためには、
足元をしっかりとして、
自分自身を再確認して、
心と体とスピリチュアルのエネルギーを調整し直すことが、
ちょっと必要なのです、今の私には。

この状態に対して、
愛と勇気と光の後押しをいただいた感じかな。

それが必要だったんでしょうね。

ご一緒になった方々も皆さん、
色んなご経験をされた上で、
そこに集ったという感じだったから、
気がラクだったし、
優しくあったかい時間が過ごせました。
「チームこんばんは」の皆さん、ありがと〜!

ありがたくも、
しあわせな時間が過ごせました♡

さて、
このブログの上部に、お知らせとして掲載しておりますが、
お仕事再開は8月中旬からになります。
あとちょっとだけ、お待ち下さいね〜。
エンジェルドッグとなったロンと一緒に、
バージョンアップして、
お逢い出来るのを楽しみにしていま〜す♪

(あ”〜、サイトもリニューアルか??それは無理かも.....
 格好良く言ったけど、グダグダの再スタートかもしれないわね。
 ま、それも、私らしいかも)

今日もまたお読みくださってありがとうございます。
たくさんの愛と感謝を。
Love & Hug Hug

〜 今日のいいこと 〜

☆ 今日もアイスがうまい。

☆ イケメンと秋のイベント用の打ち合わせ。

☆ 大好きな友達に会えたこと。

☆ 素敵なご縁があること。

☆ 生きていること。

〜 ☆ ☆ 〜

2013/07/23

満月ですね

今日は満月です。

手放しと解放の日。

心の中にある、
色んな面倒くさいものにバイバイしちゃって大丈夫な日です。

あなたの心は、
哀しみや痛み、恐れというものが占領するためにあるんじゃないから。

あなたは幸せになるために生まれてきました。

そういうあなたの心は、
愛で満たされていく為に存在しているんだから。

その器には、
制限がないから、
愛のやりとりをしていけばいくほど、
器は大きくなり、
あなたから出ていく愛もまた大きくなっていきます。

素敵でしょ。

そしてまた、
今日の満月は、
「古い価値観との決別」という感じもしています。

心を自由にして、
「これはこうしなくちゃいけない」とか、
「今までこれで良かったんだから、このままでいい」というものから、
 お別れしちゃってもいいんじゃないかなと、
そう感じます。

何かを手放せば、
新しい何かを手に入れます。

決めていくのは自分のハート。

毎日、
がんばっているあなたのハートが、
まんまるお月様の光を受けて、
浄められ、
きらきらと輝いていきますように。

今日もまたお読みくださってありがとうございます。
たくさんの愛と感謝を。

2013/07/22

弘法宵市とビッグイシューとフリマ♪

先週土曜日は、
下の記事にあるように勝川弘法宵市で行われた、
ビッグイシュー出張販売所にお邪魔してきました。

フリマの商品用にと、
あちこちから、
素敵なものがたくさん届けられていました。

みんな素晴らしいね。

値段設定もユニークだったんですよ。

ビッグイシューは1冊300円なのですが、
このうちの160円が販売者さんの収入になります。
だから、
販売員さんの単位は160円なんですって。
面白いでしょ。

なので、
その四分の一の40円だったり、
半分の80円だったり、
関連づけられたお値段設定でした。

聞かれたら、
収入のことなどお伝えできるし、
すごいな〜。

ほとんどの商品が、
かなり破格な値段だったので、
いい感じで売れていました♪

で、
値段のことは、
そういえば聞かれていないかも。
えへへ。

ま、いいか。

というよりも、
私の相変わらずの怠慢ぶりに後から苦笑い。

お手伝いとして出かけていたけれど、
ディスプレイも最初はやってみたものの、
あれこれ(無駄に)動いている内に、
そういうのが得意な金山販売員のひでさんが、
綺麗に整えてくれていた.......

じゃぁ、売り子として、
頑張ろうと思っていたら、
これまた、
美味しいクッキーを作るai工房のあいちゃんの代わりに来てくれた、
Mちゃんを、
やたらとこき使って、
あれこれやってもらってしまっていた.......

お前は何をしていたんだ〜???
え〜と、近所で美味しい氷があったから、買って食べてました。

すみません。

いっつも、こういうラクしようラクしようとするんだよなぁ。 
学生の時の調理実習でも、
何かやっているようで、
結局、誰かがやってくれていたという、
ムダに動いているだけのナマケモノでした......

あ、
でもね、
みなさんが、あれこれやってくれていたから、
それなりに買って頂けました〜。
密かに狙っていた『鬼太郎』の本は、
おじさまに買われてしまった。
「おとうさん、それ、絶対お買い得だよ」と、
半分負け惜しみで言ってたわ〜。

販売員のおじさんには、
「(みんなでこういうイベントしてくれて)ありがとう」と、
言われちゃったよ。
「い〜え、い〜え、大したことしてませんから」と、
本当に大したことしてない私が答えていたという......

販売を今月、お休みされている販売員さんは、
ちょっと元気なかったから、
心配になるけど、
販売再開する来月(来月も宵市です♥)は、
もうちょっと元気になっているそうなので、
それも楽しみだなぁ。

ほんのちょっとの時間だけど、
一緒に過ごして、
色んなお話しを教えてもらって、
勉強になることばかりだよなぁと、
思ってます。
(私自体は、サボりながらだけど...えへへ)

人の繋がりって、
いいよね。

嬉しいことはいろいろあるけど、
「原発いらない」と金曜日に一緒に声を上げていた仲間が、
わざわざ来てくれたんだ〜。
電車に乗れば、抗議に行くのと変わらない距離だと言うけど、
知多半島から、
お休みの日に、
わざわざ来てくれるなんて、
ものすごいありがたいこと。
同じく仲間の金山販売員さんがいたから来てくれたんだけど、
嬉しくて涙出そうになる。

ビッグイシューって、
面白い人の繋がりをもたらしてくれる雑誌だなぁって、
つくづく思うな。

このフリマは、
ビッグイシュー出張販売と一緒に、
続けていくとのことなので、
今回行けなかった〜と言う方も、
次の時に、お越しくださいね。

まだまだ暑い日が続きます。
日々、路上で、
炎天下の中、
ビッグイシュー販売員さん達は働いています。
お見かけしたら、
雑誌を手に入れたり、
お声を掛けたりしてみてはいかがですか。
応援の想いを込めて。
 (販売場所はこちらに)

今日もまた、お読みくださってありがとうございます。
たくさんの愛と祝福がありますように。

〜 今日のいいこと 〜

☆ 「あきらめないこと」、それを、たくさんの漫画・小説から学んだことに、
  気づいたこと。

☆ ご飯が美味しいこと。

☆ 生きていること。

〜 ☆ ☆ 〜

2013/07/15

勝川弘法"宵"市とビッグイシュー出張販売のご案内♡

毎月第3土曜日は、
勝川駅前商店街で弘法市が行われます。
このブログやTwitterでも、
何度かお伝えしているから、
もう、皆さんご存じだったら嬉しいな。

その弘法市ですが、
7月8月は夕方開催です。

「勝川弘法宵市」ということで、
夕方の4時からスタートします。
こちらのサイトで案内がされています。

お化け屋敷もあるんですね〜。(イベントなどはこちらに記載されています。)
暑さで化粧がデロデロになった顔で参加したら、
お化け役合格しそうな気がします。
でも、やはり妖怪好きなので、
妖怪がいいな〜。

と、脱線しましたが、
アクセスはと言うと、
JR中央線「勝川(かちがわ)」駅の北口をでると、
すぐの商店街なので、
分かりやすいと思います。

そして、こちらでの私の個人的楽しみは、
ビッグイシュー出張販売です。

商店街の通りに、
たくさんのブースがあるので、
あちこち覗いたり、
食べ歩いたりしながら、
ずっと歩いていくと、
やがて、赤いのぼりが見えてきます。
そこが、
ビッグイシュー出張販売所です。
(通常は学研勝川駅前教室です)

たくさんのバッグナンバーが用意されているので、
興味を惹く内容のものにも出逢えるかも♪

そして、
今回は、
愛いっぱいの楽しいフリマも併設されます。

この出張販売にいらしてる販売員さんは、
今月、ご事情で販売をお休みされています。
路上に立てないと言うことは、
イコール、
生活する糧が無いと言うことです。

そしてまた、
路上で日々、培ってきているお客様との関係も、
どうなってしまうのか、
この先販売していけるのかという、
大きな不安と向かい合うと言うことなのです。

仕事とは、
お金を得るものだけれど、
ビッグイシュー販売員さん達と親しくなるにつれて、
仕事とは、
人としての尊厳に繋がるものだと、
私は痛感しています。

ささやかかもしれないけど、
社会から必要とされている、
それが、
どんなに、
人として大切なものなのかって。

この勝川弘法市で、
場所を提供しているSさんは、
それをどうにかならないかと考え、
今回、
チャリティとしてフリマを行い、
その売上を名古屋での販売員さんたちのサポートにしようと、
そう決められました。

かっこよすぎるじゃないの。

だから、
私も精一杯協力させていただきます。

天使のまんまるの天然石グッズを、
通常では考えられないスペシャ〜ルプライス(笑)で、
どーんと、
売上に貢献させていただく所存です。

場所さえあれば、
カードリーディングだってやっちゃうわよ。

勿論、全額、チャリティです。

ほかにも、
彼女の心意気に賛同した方達から、
いろんなお品が提供されるようです。

4時から9時までなのかな(今ひとつ時間が分かっていない.....へへ)
夏の夜、
電車から降りてすぐの商店街です。
よかったら、
遊びに来てくださいね〜。

顔、デロデロで、お待ちしております(笑)

明日から少し、
実家に帰るため(←これまた夫婦げんかではありませぬ、念のため)
更新等できないので、
今日は二つ続けて投稿しました〜。

いい夏、
楽しみましょう♡



一緒に年齢を重ねていく

昨日は、
高校からの親友たちに逢ってきました〜。

一人は結婚後、横浜に行っちゃったので、
そう簡単には逢えないのが寂しいけど、
一年ぶりくらいに会うと、
その時間を感じさせないくらい普通に会話しています。

もう知り合ってから30年以上になるなんて、
考えたらちょっと卒倒しそうなのが、
ご愛嬌ってことかな。

でも、
時間と共に、
会話の中身が変わってきますね〜。

もうあまり詳しく覚えていないけど、
10代の頃は、
自分のことばかりが話題だったんじゃないかな。
進路や学校のことや恋愛やアイドルの話など。

20代も、そんな感じだった気がするなぁ。

それがだんだんと、
「自分の健康」の話題になり、
「親の健康」の話題になっていきます。

40代も後半、
自分にもガタが来るし、
親も当然のことながら、いろいろ病気になったりします。

50代はさらにそれが進化していくのかなぁ。
60代、70代には、どうしているのだろう。
何となく想像できるのが笑っちゃうところ。

多感な時期に、
毎日顔を合わせ、
同じ教室で学んでいた頃には、
40代の自分たちなんて想像もしていなかったなぁ。

ましてや、
一緒に年を重ねていくなんて、
思ってもみなかったな。

それぞれ考え方や感じ方の細かな違いはあるけれど、
それも含めて、
お互いのことを認めて長く付き合っていられることは、
私にとって、
かなりの強い支えだし、
ありがたくもあるもの。

大切にしたい友人たちです。

大人になると、
なかなかこういう友人に出逢うことが少ないけれど、
それでもね、
近頃は、
同じような匂いのする人に出逢って、
仲良くする機会も増えてきた。

一緒に年を重ねていく、
新しい友人もいること、
なによりだな。

人と人との関係は、
単純に長ければいいってものではないけれど、
長いなりの味わいもまた素敵なもの。
短い間の親密さも、
その時に必要な何かを教えてくれたりするもの。

いつだって、
ハートをオープンにして、
誰かと向き合ったなら、
素敵な出会いも、関係も、
どんどん増えていくのでしょうね。

あなたの周りにも、
たくさんの素敵な関係があるんだろうな〜。
祝福がいっぱいありますように。

お読みくださってありがとうございます。
たくさんの愛と感謝を。

〜 今日のいいこと 〜

☆ 今日もがんばってる人を見かけたこと。

☆ 時折吹く風が心地いいこと。

☆ (今日じゃないけど)嬉しくもありがたいメールをいただいたこと。

☆ 生きていること

〜 ☆ ☆ 〜


2013/07/11

輝こう、命。





今日で、2年と4か月。

11日という日は私たちに、
命ということ、
生きるということを、
問いかける日のようですね。

あなたは生きていますか?

ものすごい数の方々が亡くなり、
大地が傷つき、
痛めつけられていることに比べたら、
些細なことだけど、
昨日は、ロンの初月忌でした。

精一杯生きた一つの命は、
私に多くのことを教えてくれました。
肉体は旅立ちましたが、
魂の存在になって尚、
私の役に立とうとスピリチュアルサポートしてくれています。

命のきらめき、
本当に素晴らしいものですね。

そろそろ見頃も終わりかなと思い、
また蓮を見に行ってきました。

花数は少なくなっていたけれど、
それでも咲いている花たちは、
見事に誇らしく、気高く咲いていました。

4日ほどの短い間、
思いっきり、
咲き誇っている蓮。

余分な言葉など必要ないですね。

一番上の写真にある、右側の蓮は、
もう全開でした。
お日さまに、
すべてさらけ出して、
完全に開ききっていました。

ハートを思いっきり開くと、
清々しくて心地いいように、
この蓮もまた、
潔いくらいの清々しさでした。

ハートチャクラと、
蓮には関係があるから、
ハートに何か重いものを抱えていたら、
この写真たちを見つめてみてくださいね。
なにかのサポートになっていけたらいいな♪

あなたが自分自身に許可を出したら、
ちゃんとハートは開いていくから。

命の輝き。
身近な植物からも、
いっぱい感じますね〜。

あなたの命もたくさん輝いていきますように。

大地もたくさん輝いていきますように。

少しでも早い東北の復興がなされますように。

少しでも多くの命とハートが癒されていきますように。

たくさんの天使たちと一緒に祈っています。

今日もまた、お読みくださってありがとうございました。
たくさんの愛と感謝を。
Love & Hug Hug

☆おまけ☆花びらが散ると印象変わりますね。百々目鬼みたいで面白い♪

〜 今日のいいこと 〜

☆ 今日も蓮を見に行けた。
  来週以降は行けないので、今季はこれで見納めかな〜。
     
☆ お昼に鬼平がやってること。

☆ 生きていること

〜 ☆ ☆ 〜

2013/07/08

新月

お日さまのエネルギーたっぷりのヒマワリ♡

今日は新月。
昨日の七夕からお願い事の日が続いていますね。

心からの愛に基づくお願い、
天へと届けていきましょ♪

あなたの心からの願いって、
どんなものなんでしょうか。

昨日、図書館で、
七夕飾りがあって、
たくさんの短冊が掛けられていました。

「おひめさまになりたい」
「サッカーがうまくなりたい」
と言うようなものに混じって、
「かぞくみんなが健康でくらせますように」
と書かれているものも、いくつかありました。

心からの願いって、
きっと、
そんなにたくさんあるものじゃなくて、
とってもシンプルなものなんだろうなと、
そう思ってます。

大好きな人や動物たちと、
ただしあわせに暮らしていきたい。

ちっぽけかもしれないけど、
そういうささやかな想いを大切にする、
そんな世の中って、
きっと心地いいんじゃないかな。

願い事の新月だけど、
今日はそれ以外にも、
スタートの想いをたくさん感じています。
「さぁ、ここからまた、始めよう」
そういう感じ。

お願い事をすることで、
自分の大切にしているものをもう一度確認して、
そうして、
また歩いていく。
暮らしていく。
丁寧に暮らしていく。

そんなタイミングの時なのかなと、
私は感じています。

そしてまた、
いつも書いているけれど、
あなたのお願いの一つに加えて下さいね。

傷ついた大地、人の心、たくさんの命が、
少しでも癒されていくように。

あなたにもたくさんの愛の光が差し込みますように♪

お読みくださってありがとうございます。
Love & Hug Hug

〜 今日のいいこと 〜

☆ 歯のクリーニングをして、気持ちよかった。

☆ ガリガリ君梨味ゲット。

☆ 月の礼拝と瞑想が出来ること。

☆ 素敵な本が読めること。

☆ 生きていること。

〜 ☆ ☆ 〜

2013/07/06

寮さん講演会、こぼれ話♪

ちょいと実家に帰っていたので、(←夫婦げんかではありません)
こぼれ話が遅くなってしまいました〜。

先日の、
寮美千子さんの講演会、
本当に素敵なものでした。

講演の内容もそうですが、
寮さんご自身もとっても素敵な方でした。
チャーミングな方で、
講座が終わってから、一緒に写真を撮ってくださったり、
ハグハグしたり♪

気さくな方なんですよね〜。

きっとね、
ハートがオープンなんだと思います。

そういう方だから、
重い罪を背負った受刑者にも、
丸ごと向き合っていけるんでしょうね。

心を開いてもらうには、
自分の心も開いていないと無理だと思う。

もちろん、
いろいろと研究されたプログラムで、
指導教官の方々が素晴らしいから、
効果が見られるのだと思うけれど、
それでも、
そのプログラムを生かすも殺すも人次第なんじゃないかな。

うまく作用しているんでしょうね。

スピリチュアル的な言葉を、
当てはめてはいけないのかもしれないけど、
神様の采配があるんじゃないかなと、
私はそう感じてしまいます。

立派な著作を出していたとしても、
人間的にどうなのよって人だって作家さんの中にもいるだろうし、
そういう人が少年刑務所で同じようにできるのかというと、
それもまた疑問だったりしますよね。

人のやることだから、
上手く行くこともあれば、
そうじゃないことだってある。
この奈良少年刑務所の「社会性涵養プログラム」は、
多くの人たちの協力と理解と努力、
受刑者たちの変わろうとする想いに、
プラス、
スピリチュアルな存在達からの応援が入っているんじゃないかって、
そう思ったりするんです。

心から更生して、
再び、罪を犯すことのないように、
もう刑務所に戻ってくることのないように、
いつか刑務所が空になるように、
寮さん達はがんばっていらっしゃいます。
応援したくなるでしょ?

それからまた、
寮美千子さんは作家さんなので、
いろいろな本を出されています。

絵本、児童書と呼ばれるジャンルもたくさんあるのですが、
寮さん曰く、
「絵本は子供のための本ではなくて、
 子供"でも"読める本なのです」。

児童書も、子供が主人公だと児童書の扱いになるとか。

私はどちらも大好きです。
とくに児童書は大好きです。

素晴らしい本がたくさんあるので、
またこちらも、ご紹介させてくださいね〜。

そして、
「絵本を(みんなで)読んでいくということも素敵なこと」と、
教わったので、
詩や絵本のリーディングお茶会なんか、やってみようかしらと、
計画しています♪

おまけのお話しがあって、
この寮さんの『空が青いから白をえらんだのです 奈良少年刑務所詩集』を、
今回サタプロで担当した東海高校のクラスで映画化するそうです。
秋の学園祭でのプログラムと言うことなので、
こちらも楽しみですね〜。

担任の先生がいらしたので、
少しだけ、お話しを聞くことも出来ました。
今回の寮さんの講座を開いたきっかけ、
この本『空が青いから...』を読むたびに号泣すること、
他の著作のことなど。
私も同じような体験をしているので、
楽しくお話しが出来ました。

いい先生に子どもたちは見てもらってるなぁ、
素敵だなぁと、
嬉しくなりました。

子供と向かい合う大人が魅力的なことは大切だと思うな。

素晴らしい体験をいっぱいできた時間でした。

お読みくださってありがとうございます。
たくさんの愛と感謝を。
Love & Hug Hug

〜 今日のいいこと 〜

☆ いろんなことがあるけれど、今日もまた生きていること。

☆ 本を読むことが出来ること。

〜 ☆ ☆ 〜



2013/07/01

『空が青いから白をえらんだのです 奈良少年刑務所詩集』寮美千子さん講演会


長いタイトルになっちゃいましたが、
先日、上記タイトルの講座に行って来ました。

東海高校・中学で行われている「サタデープログラム」という市民講座の中の一つです。
(サタプロについてはこちら

この本のこと、
ブログで取り上げていたはずと思ったけど、
取り上げていなかったみたいです。

なので少しだけご紹介。

奈良少年刑務所(※少年院よりも少年刑務所は罪の重い人が収容されているそうです)で、
受刑者に向けて「社会性涵養プログラム」という教育が行われています。
この編者である作家の寮美千子さんは、2007年から、
そのプログラムの講師として、「物語の教室」を担当されています。
そこでの生徒である受刑者の人たちが書いた詩を紹介しているのが、
この本です。

今は新潮文庫で500円で手に入るので、
ご興味のある方、読んでみるといいです。
泣きます。
思いっきり。
いろんなもの、変わります。

私は最初、図書館で手にしました。
そのタイトルに惹かれたのですが、
たった一行のそのタイトルは、
受刑者の詩の一つでした。
その重さ、深さに、
圧倒されてしまいました。
そして、自分の中で、
差別意識があることに気づきました。

かつて職場で、変質者について同僚たちが「こわいね〜」と、
丸っきり他人事(あたりまえだけどね)のように話してたことがあります。
そのとき、
ものすごく違和感があったんです。
犯罪者(変質者とは厳密に違うけど)って誰でもなる可能性あるって思っていたから。

そんな私でも、
やっぱり差別意識あったんです。
きっと今でもあると思う。
レイプ犯、薬物中毒、殺人、
そんな奴らはどこか自分とは違う人たちなんだって。

それを見事にあきらかにされて、
そうじゃないんだと、
教えられたのがこの本でした。

だから、
この本について、
寮さんが名古屋で講演をされると聞いて、
もう嬉しくてたまりませんでした。

知ったのもつい最近なので、
チャンスを逃すことなく参加出来て、
本当にありがたい。

そして行って来ました。

Twitterで顔写真を出しているとありがたいことに、
分かってもらうことが多いです。
この日もそうでした。

オバちゃんなので、
自ら行きたくて参加する講座や学びの場は、
一番前の席を陣取ります。
(みんな遠慮して空いていること多いですよね)
この日は最高で、
一番前の真ん中、
もう目の前が講師の先生♡
いらしたときに、
「あら?」と仰ったので、
そこでご挨拶〜♪
オバちゃん精神はこうやってずうずうしく「あたしゃここにいるよ!」アピール。
(すみません、厚顔無恥ムチで......)

講演の内容は、
物語の授業に至るまで、
受刑者たちが授業を受けて変わっていく様子、
実際に授業で行われている教材の読み合わせなどでした。

知ってはいました。
本に載っている詩を書いた人が、
どんな背景を持っているのかと言うことは。

でも、
直接、
著者からお伺いすることはまた違うものですよね。

とても濃い内容だったので、
たくさん学ぶことがあったから、
このブログを読んでくださる奇特な(←失礼)素敵なみなさんに、
シェアしたいことばかりでした。

全部は無理なので、
本当に少しだけ。

少年刑務所に入る受刑者たちは、
それぞれよくぞ生き抜いてくれたというような背景を持った人が大半だそうです。
ネグレクト、親からの暴力、虐待......
ご飯も食べさせてもらえず、お腹が空いた妹のためにコンビニで万引き。
なんて言ったらいい?
こういうの、どうしたらいい?

誰かを傷つける罪は罰を受けなくてはならないよね。
それは当たり前。
でも、
寮さんの言葉で言うところの、
「荒野に一人いるような状態」の人が、
もしも、
違う状況に生まれていたら、育っていたら、暮らしていたら、
その罪は起こらなかったかもしれないんだよね。

講演の話の中にありました。
「荒野に一人でいるような状態だから、
何も感じないようにする。
自分を守るために。
でも、
悲しいことを感じないようにするのと同時に、
嬉しいことも感じなくなっていくんだ」と。

「自分の気持ち(感情)が分からないのに、
他人の気持ちは分からない。」

重くて、深いよね。

だから、
このプログラムを通じて、
人と接する方法、やり方、自分の気持ちを見つけることを、
行っているそうです。

教育は、本当に必要なんだよね。

受刑者でこの授業に参加するのは、
10人程度。
その10人も、
受刑者の中での一番の問題者たち。

その彼らが作り出す詩。
詩と呼べないような短いものもたくさん。
安易な文も多い。

でも、
それらが胸を激しく打つ。

そしていつも読むたびに、
私は号泣して、
ページが進まない。

寮さんの講演も、
この本も、
ぜひ、参加されたり、
お読みになって欲しい。

あなた自身に感じて欲しい。

彼ら(受刑者)と私たち(非受刑者)の間に、
どんな違いがあるのだろうかと、
そう感じると思うの。

教育の必要性も痛感すると思う。

「人は人の輪の中でしか育たない」
「(罪を犯した人を)懲らしめるだけではなく、
 受けとめてくれる人がいること。
 それが大切。」

言葉(詩)を通じての寮さんの授業。
ひと月に1回の1時間半の授業。
それが半年だけ。
たった6回 のその「詩の教室」を受けて、
変わらなかった生徒は一人もいないそうです。

言葉の力。人の力。
誰かを否定するのではなく、
とても短い簡単で単純な詩を書いた同級生に対して、
褒めることの出来る場の力。

ものすごく考えさせられること、
感動することいっぱいで、
誰もいなければわんわんと泣きたいくらい、
心に響く時間でした。

素晴らしい時間をいただきました。

こぼれ話もありますが、
それは、また今度〜♪

お読みくださってありがとうございます。
たくさんの愛と感謝を。
Love & Hug Hug

〜 今日のいいこと 〜

☆ 7月、新しい月。素敵なこといっぱい起こりますように。

☆ 朝からいっぱい泣いた。
  浄化出来た。

☆ 朝から大判焼き食べた。しあわせ。

☆ 今日発売のビッグイシューは美形が表紙♪

☆ 生きていること

〜 ☆ ☆ 〜