ご案内


天使のまんまるオンラインショップはこちらです。

2014/08/04

愛と感謝は巡り巡る♪



〈感謝〉って大切よ。
〈ありがとう〉って言葉は、とっても素晴らしい言葉だから、使っていきましょ。

そう、度々書いているけれど、
だけど、
そう思えない時だってあるのですよね。

自分の心がいっぱいいっぱいだったり、
苦しみや痛みで覆われてしまっているとき、
なかなか、
そんな思いを抱けないこと、
あるんです。

それでいいのです。

そういう時、
どうしましょうね。

自分のことから少し離れて、
考えてみましょ。

あなたの大好きな誰かが、
痛み苦しんでいるとき、
〈感謝〉なんてそんなものくそ食らえと思ってしまっているとき、
代わりに〈感謝〉しちゃいましょ。

大切な人の分、
あなたが〈感謝〉しましょ。

いつか、
あなたが、
困難な想いを抱いているとき、
ふと、
どこからか希望の光が差してくる、
どこからか勇気の力が湧いてくる、
それって、
あなたが蒔いてくれた光の種なのですよ。

あなたが贈った〈感謝〉〈愛〉は、
あなたの元に戻ってきて、
あなたを支えてくれるんです。

「情けは人のためならず」って、
本当にそうですよね。

巡り巡って、
自分の元へと還ってくる。

そのために行うのじゃないけれど、
それでも、
純粋な愛の想いは、
何倍にもなって、
自分自身のところに還ってくる。

活字中毒の私に、
「情けは人のためならず」ということを教えてくれたのは、
『風と共に去りぬ』のメラニーだったような気がします。

アシュレがまだ戦争から帰ってきていない時、
タラには大勢の帰還兵たちが立ち寄り、
手当を受けたり、食事を貰っていた。
でも、実はそんなに余裕のない中なのに、
それでも、
メラニーは自分の分を分け与えていた。
スカーレットに批難されながら。

そのときのメラニーの言葉。

「スカーレット、叱らないで!わたしの思いどおりにやらせてちょうだい。わたしが、そのためにどれだけ慰められているか、あなたにはわからないんだわ。わたしは、あの気の毒な兵隊たちに、わたしの食べるぶんを分けてあげるたびに、どこか北の方の街道で、切らない女の人が、わたしのアシュレに食事を分けてくれ、そしてアシュレがわたしのところへ帰るのを助けてくれているように思えるのよ」
このあと、スカーレットも兵隊たちへの手当や食事量の対応が変わるところが、
アシュレ大好きゆえの、面白さなのだけどね〜。

とにかく、
誰かに親切にすること、
誰かのために祈ること、
誰かの分まで〈感謝〉すること、
そういうものは、
誰かも自分もしあわせにしていく。

愛は循環するものなのだから。

それを小説の中で気づかせてくれたのが、
メラニーの言葉でした。

あなたが誰かのために願ったことは、
いつかのあなたの元へと戻ってくる。

あなたが今、
もしも、
痛みや苦しみの中にいて、
天に唾しているとしても、
それでも、
生き延びて暮らしていられるのは、
実は、
あなたのために、
誰かが願ってくれているから。

かつて、
あなたが願って祈っていたように、
あなたのために、
祈り願う人たちがいる。

そうやって、
巡り巡って、
わたしたち、
生きているんだね。

余裕のある人が祈ればいい。
感謝していけばいい。

無理矢理の気持ちは持たなくていい。

やがて、
余裕が出てきたとき、
心に光が差してきたとき、
そういう時なったら、
〈感謝〉すればいいんだし。

それでも、
愛の循環の中に、
あなたもちゃんと入っているのだから。

それを、
どこかに、
覚えておいたら、
少しは、
楽になれるかな。

あなたの毎日が、
〈感謝〉でいっぱいでありますように。

今日もまたお読みくださってありがとうございます。
たくさんの愛と感謝を。


〜 今日のいいこと 〜

☆ 蒸し暑い日が続きますが、ワンコたちは楽しく過ごしています。
  たまに、デンデによる仁義なき戦いごっこもあります♪

☆ またあらためて書きますが、
  7月のイベント収益の一部を寄付できました。
  寄付先は、保護犬サポートの団体と考えていましたが、
  昨日の中日新聞の記事を読み、記事の団体さんへ送金しました。
  ご協力、ありがとうございました。

☆ ↑これもね、情けは人のためならずなのです。
  いいことして、お客様にも、うちのワンコたちにも、
  いいことがさらに来るようにと、
  そう願いを込めた下心ありあり(笑)ですの♪

☆ 生きていること  

〜 ☆ ☆ 〜

※1番上の絵は、こちらのオンラインショップで販売中です。


天使のまんまるサイト:http://www.angelicround.net/
Twitter:@MayumiOdori
Facebookページ:天使のまんまる

〈イベント出展予定〉
8/31 ハートフェスタ



0 件のコメント:

コメントを投稿