ご案内


天使のまんまるオンラインショップはこちらです。

2014/09/19

Dragon Princess

下の記事でも触れていますが、
1週間ほど前に、
大切な友が突然、旅立っていきました。

彼女と出会うきっかけとなったのだろうな。
ある韓流ドラマの最終回の日。
それがちょうど終わった頃の、
旅立ちだと聞きました。
そんなこと「許可」してないのに....


今年に入ってから、
闘病生活になっていて、
その痛みや苦しみは、
私などには想像もつかないものでした。

それでも、
病を乗り越えて、
一緒に遊びに行こうねと約束してました。
彼女からは、
約束との言葉が聞こえなかったけれど、
勝手に約束してました。

いつかはお別れするのは、
寿命あるものの定め。
でも、
こんなに早く、
その日が来るなんて.....

あまりのことに、
しばらく、
泣き暮らしてました。

彼女には、
笑われるでしょうけど、
私も一応、血は流れているので。

言えなかった想い、
もっと会って、
たくさん話したかったこと、
話さなくても、
同じ空間を感じていたかったこと。
そういう後悔、いっぱいあります。

ご葬儀は、家族葬で執り行われたので、
昨日、会いに行ってきました。

茶畑も近くにある、
緑豊かで、
穏やかな場所でした。



曼珠沙華が、凛とさいています。
ちょうど、そういう時期なのですよね。

もっとちゃんと言えば良かった、
「だいすき」という想い。

私がどれだけあなたのことを好きだったのか、
知ってる?

言えなかった言葉、
遅くなったけど、
伝えてきました。

帰り道、
振り返ると、
空に「龍」がいました。
彼女の名に関係するもの。

しばらくすると消えちゃったけれど、
今度は、
とっても大きいんですね、
モンキアゲハが優雅に目の前を飛んでいます。

この子とは違ったけど、
しばらく歩くと、
また別のアゲハチョウが飛んでいました。
 (蝶は霊的な存在や象徴でもあるので、
まぁ、そういう意味合いだったりするわけです。)

あの〜、
わかったから。
そこにいるの。

あからさまに「ここよ〜」と、
アピールしてくると、
笑えちゃうんですけど。
そういう、
笑えること、
いっぱい話したよね。

哀しみの涙に暮れる私を、
いろいろと、
手を変え品を変え笑わせようとしてくれているのが、
分かるひとときでした。

「さようなら」は、
まだ、言いたくない気分だから、
「また会おう」と伝えてきました。

哀しみがいっぱいだけれど、
それでも、
光もいっぱいあります。

彼女の訃報を知ることが出来たのも、
1つの光です。

地味目にお付き合いをしていたので、
本来なら、
訃報が分からない状況でした。

それを、
彼女が親しくしていて、信頼していて、
大好きだったと聞いていた方から、
一報を受け取りました。
他にも、同様のご友人から、
詳しいご連絡をいただけることとなりました。

探し出してくれて、
ご連絡をくださったこと。
悲しい連絡だったけれど、
それでも、
なんとか伝えようとしてくださったこと。

そういう方々とお付き合いのあった彼女の人柄だし、
その方たちの思いやりに満ちた人柄なんですよね。

聞いたことは悲しいことだけれど、
それが嬉しかった。

彼女の周りには、
愛がいっぱいあったことを知ることが出来て、
それが嬉しかった。

ありがと、
いろんなことを教えてくれて。
大好きだからね。
まだまだ、私、未熟者だから、
いろいろ、教えてね。
つきまとってくれるの「許可する」から。

大好きな人(動物)には、大好きを伝えましょう。
会いたいときには、会いましょう。
逢えるときには、逢いましょう。
話をしたいときには、話しましょ。
ハグしあいましょ。
『今』を大切にしましょ。
生きていることを、味わいましょ。

後悔なんて、
できるだけしないですむように。

お読みくださってありがとうございます。
たくさんの愛と光と「だいすき」をあなたに。


0 件のコメント:

コメントを投稿