ご案内


天使のまんまるオンラインショップはこちらです。

2014/11/17

哀しい想いをしてる犬たちに、私達が出来ること

今日も僕たちの話題かな〜。ワンコブログになったのかな〜。ま、いいよね。

昨日は、ともnetさんの譲渡会に行って来ました。
相変わらず、バタバタしていて、
ろくに写真を撮れず........

近頃、犬の大量遺棄などと言ったニュースが話題になっているのを、
ご存じの方も多いと思います。

ふぅぅぅぅ....って感じですよね。

このニュースに呼応するように、
実はうちの地域でも起きてますといって、
別の地方からも同様の状況があることが明らかに...

ま、こういうのって、
法改正よりも、
もっと前から、
似たようなのが起きてはいるんですよね。

動物を金儲けの道具としか考えない輩は、
いずれ、彼方の世界に旅立った頃、
それ相応の責め苦を負うので、
いたずらに怒りばかりを高めるのは、
エネルギーの無駄遣いと思っていきたいですね。
なかなか簡単に、そんな心持ちにはなれないかもしれませんが。

それでも、
こういう事件などに心を痛めている方達がたくさんいるのも、
また一つの事実なんですよね。
それが希望の光。

人の都合で、
命を粗末に扱われた動物たちに、
心優しい人たちの想いやアクションが、
愛の光を届けていきます。

各地で行われている里親募集の譲渡会、
売上が彼らの医療費等になるチャリティバザーなど。

あなたのお住まいのお近くでも、
きっと、
こういうものが行われているのじゃないかな。

いろんなご事情で、
里親に名乗りを上げられないこともあるとは想うので、
(命を預かると言うことは気軽なものじゃないですものね)
たとえば、
ネットで情報を拡散するとか、
犬や猫と暮らしたいなと思っているお知り合いの方に、
保護犬・保護猫っていう選択肢があることをお伝えすることも、
「あなたができること」の1つです。

そしてね、
里親になるつもりがなくても、
譲渡会にお邪魔してもいいんだと思います。

冷やかしでもいいと思う。
なにより、ご自分の目で、
保護されている犬たちや猫たちの様子を見ること、
保護している方たちのお話しを聞くこと、
それも1つだと思います。

いろんな動物たちがいるので一概には言えませんが、
こんなに可愛い子なのに、
こんなに綺麗な子なのに、
こんなに性格がいい子なのに、
といった子たちがいることに気づくから。

ぴかぴかにおめかしして、
譲渡会に臨むまでには、
酷い毛玉だったり、
歯石付きまくりだったり、
ボロボロだった子達もいます。

狭いケージに閉じ込められたまま暮らしていたので、
散歩すら怖くてたまらなかった子達もいます。

そういう子達を、
家庭で一緒に暮らせるように保護してお世話する方達。

なんていうのかな、
そういうものを、
譲渡会のような場で、
見ることもまた、
何かに繋がっていくんじゃないかなと思います。

まだあの子、里親見つからないんだな〜と、
毎回、エントリーしている子。

迎えられないけれど、
それでも、応援してる気持ち、
あるんですよね。

カリンは、2年以上、エントリーしていた子です。
だから、
覚えていてくださった方はもちろん譲渡会場にもいらして、
「今は、幸せオーラいっぱいだね」なんて、
お声がけくださったり。

会場がドッグランなので、
あちこち楽しそうに歩き回っていたデンデも、
(後に、これがただおやつを持っている人を探し回っていただけと判明)
1年以上、熟成してた子。
こちらも気に掛けていてくださった方達から、お声がけいただきました。

幸せそうな姿を見て貰うことが、
気に留めていてくださった方達への、
お礼になるといいなと思っています。

保護犬、こういう選択肢があるって事、
もしもご存じのない方がいらしたら、
お伝えしてみてくださいね。


写真は、いただいたものだけど、
シーズーとチワワのマグネット(オリジナル商品)です。
こんなキュートなものも、ともnetさんのバザーで売られてます♪

お買い物して、応援の想いを伝えるのも、素敵ですよね。

そうそう、今なら、カレンダーもありますよ。

 売上が保護犬たちの医療費になる、
『ともnetオリジナルカレンダー2015』です。
こちらで案内されています。
ご興味のある方はチェックしてみてくださいね。

ちなみに4月に、とっても可愛いシーズーとチワワが載っています(≧∇≦)

これは今年の。表紙のシーズーはカリンです♪

今年のものでは、表紙などに掲載されていたカリンとデンデ。
来年のカレンダーでは、モデル犬として昇格できました♫

ま、そんなことはどうでもいいのですが、
きっと、
何かあなたにも出来ることがあります。

哀しい想いをした動物たちに、
愛の光を贈りましょ。
彼らが感じた痛みや苦しみ悲しみが、
あなたが贈ってくださった愛の光で、
どんどんと浄化されていきますように。

ありがとうございます。

0 件のコメント:

コメントを投稿