ご案内


天使のまんまるオンラインショップはこちらです。

2014/12/17

チャクラのおそうじ 第3チャクラ編


 
今日は、荒れ模様のお天気だと聞きます。
北の大地には、私の大好きな作家さんも住んでいます。
北国のみならず、大荒れとなる地域の方々、
どうぞ少ない被害で、明日が迎えられますように。


さて、
新月までのチャクラのおそうじ、
今日は3番目のチャクラです。

一昨日から始めていますが、
いつ始めても構いませんので、
よかったら、
おそうじしてみてくださいね。

第1チャクラはこちらを参考に♪
第2チャクラはこちらです。

それでは始めていきましょう。





『太陽を内に』




今日は、第3チャクラ(ソーラープレクサスチャクラ)です。

場所は、上のイラストにあるように、
おへそです。

色は黄色。
お日さまの色です。

一番上の写真が、
今回のチャクラのおそうじを担当してくれる石とキャンドルです。

まずは、
昨日までと同じです。

真ん中にあるキャンドルが、
あなたの黄色のチャクラの中にあるくすみや濁りなどを、
どんどん炎によってキレイにしていくと、
そう想い描いてみてくださいね。

くすみがちの鈍い黄色が、
少しずつ、
純度の高い黄色へと変わっていきます。

次に、
両手のひらを上に向けてください。
太陽からあなたの掌に、
あったかい光が届けられるイメージをしてみてください。
そして、
おへそに手を当ててみてください。
(立っていても、座っていても、横になっていても構いません)

太陽から溢れだしてくる、
あったかくて、
強く逞しい光が、
あなたの手を通して、
第3チャクラへと流れていきます。

あなたはあなたのおへそを通じて、
お日さまと繋がり、
その力を、
あなたのものとする。
(「あなた」の部分を「わたし」に言い換えて、唱えてみてくださいね)

第3チャクラのおそうじは、
これでおしまいです。





この第3チャクラは、
「行動」「意欲」「信頼」のチャクラです。

第1、第2チャクラとともに、
あなたがあなたでいることに関係する、
肉体的なサポートを司る役割を持っています。

大雑把に言ってしまえば、
下2つは、生きるための根源に関するもの。
第3チャクラは、その肉体を使って行動することに関するもの。
といった感じかな。

(細かいことは、今は、あまり気にしないでください。
 知りたいなと思う方は、個別に講座など体験されてみてくださいね。)

命の泉があるのです、ここに。

おへそ、
あなたとお母さんと繋がっていた場所だもの。

命が繋がっていたところ。

あなたのお臍のその奥に、
命の泉が湧き出しているのです。

だけど、
不安、
恐れ、
批難、
批判、
などといったものから、
自分を信じる気持ちがぐらついて、
それで、
この泉が少し、
元気がなくなってしまうことがあります。

生きてりゃぁ、
そういうこと、
あるのです。

あなた1人だけが体験してるものじゃないのです。

だから、
おそうじをしながら、
命の泉をまた活き活きとさせていくのです。

それを助けてくれるのが、
太陽。

お日さまと同じ色なのは、
お日さまからのサポートを強く受けるところだから。

それでもね、
夏のギラギラ太陽ではないです。

今の時期の、
あったかくて、
優しい、
ほんわかとした日の光、
そういうお日さまです。

とっても面白いんだけど、
この国の太陽の神様は女の人。
月の神様は、男の人。
大半の国では、反対の場合が多いのに、
この国では、そうなってる。

母なる太陽の国、
そこに求められているのは、
戦いよりも、
命を慈しみ育む力なのかもしれませんね。

ね、なかなか、
面白いものです。

ちょっと脱線しましたが、
底抜けに明るいパワフルなお母ちゃん太陽が、
あなたのおへそから、
あなたの命の泉に、
愛と力を注ぎこんでいきます。

この場合、
多分、
愛より、
力のほうが多いような気もしますが。

揺らいだりするあなた自身を、
あったかい太陽が、
癒していきます。

どうぞ、
たっぷりとその恵みを受け取ってくださいね。

あなたは、
とっても大切で特別な存在なのだから。
光をいっぱい受けて、
どんどん輝いていってくださいね。


今日もまたお読みくださってありがとうございます。
たくさんの愛と光があなたを照らしていきますように。

〜 今日のいいこと 〜

☆ 昨日はお散歩に行けなかったので、
  今日は、カリンは大はしゃぎ。
  寒くっても、へっちゃら。
  デンデは、勘弁して欲しいと思いながら、連れ出されてます。

☆ いつの間にか、くっついていました。
  デンデは、寝る時は自分のベッドじゃないとダメなので、
  このまま寝ちゃうことはないけれど、
  なかなか珍しいツーショットです。
  
 
 生あること

〜 ☆ ☆ 〜

0 件のコメント:

コメントを投稿