ご案内


天使のまんまるオンラインショップはこちらです。

2014/12/21

チャクラのおそうじ 第7チャクラ編

炎で分かりにくいですが、キャンドルも紫です

 
先週の月曜日から始めたチャクラのおそうじですが、
今日が最後になります。

このおそうじは、
明日の新月までいつでも何度でも体験できるものなので、
(おそうじ自体は、いつでもできるものですが、
 同時にこちらからチャクラの調整エネルギーを送っているものは、
 期間限定となります)
今日からでも出来ますので、
よかったら体験してみてくださいね。

こちらでご案内しているチャクラのおそうじは、
ご自宅で手軽に出来るものです。
チャクラも、面白いもので、
いろんなメッセージなどを伝えてくれることがあります。
そういうものにご興味がおありの場合は、
波長が合うなぁ〜、好きだなぁ〜と思うセラピストさんの行う、
ヒーリングセッション等を試してみるといいですよ。
天使のまんまるでも、一応、やってます♪
(来年からスタートする、エンジェル◯セッションです)

では、最後のチャクラのおそうじ、始めていきましょう。


第1チャクラはこちらを参考に♪
第2チャクラはこちらです。
第3チャクラはこちらです。
第4チャクラはこちらです。
第5チャクラはこちらです。
第6チャクラはこちらです。







『空とつながる』




今日は、第7チャクラ(クラウンチャクラ)です。

場所は、上のイラストにあるように、
頭頂の辺りです。

色は紫色。
霊性の色。

一番上の写真が、
今回のチャクラのおそうじを担当してくれる石とキャンドルです。


まずは、
昨日までと同じです。

真ん中にあるキャンドルが、
あなたの紫色のチャクラの中にあるくすみや濁りなどを、
どんどん炎によってキレイにしていくと、
そう想い描いてみてくださいね。

くすみがちの鈍い紫色が、
少しずつ、
純度の高い紫色へと変わっていきます。

そして、
頭のてっぺん、
くぼんでいるところを、
ちょっと触れてみてくださいね。

ここから、
素敵なものが入ってきます。

そんなことを思いながら、
そっと頭のてっぺんに触れてみてくださいね。

器用な方は、
掌を空に向けてみてもいいですよ。
はい、カッパごっこ、できあがり〜。

立派なカッパを目指す方は、やってみてくださいね。
それ以外の方は、やらなくて大丈夫です(≧∇≦)



「わたしは天とつながっています。
 わたしは空とつながっています。
 わたしは宇宙とつながっています。」
そう、唱えてみてくださいね。

そして、
最後に、
両手をグ〜ンと上にして、
思い切り伸びをしてください。

第7チャクラのおそうじは、
これでおしまいです。





この第7チャクラは、
「理解」「霊性」のチャクラです。

肉体のもっとも上部に位置する場所は、
スピリチュアルな世界に、
一番近い場所です。

上のところでも書いていますが、
頭のてっぺんのちょっと凹んだところ、
そこから、
空(天)から送られてきた素晴らしいものが、
あなたの肉体へと届けられていきます。

空にある素晴らしいもの、
それはどんなものでしょうね。

愛、叡智。

難しい言葉でいくらでも表すことの出来る多くのものたち。

だけど、わたしは、あまり賢くはないので、
単純にこう考えてます。
「わたし(天)は、あなたを愛してる」
そう想う意識が、
頭のてっぺんから入ってくると。

愛しているから、
持てるものの全てを伝えたい、教えたい、活用して欲しい。
見返りなんて必要ない。
ただ、愛しているから、
自分の中にあるものをすべて必要な分だけ利用して欲しい。

そんな感じじゃないかと、
思っています。

だからね、
このチャクラをおそうじして綺麗になったら、
たっぷりの純粋な愛を天から注ぎ入れてくださいね。

あなたは、
いつだって、
愛されています。

大切な大切なあなた、
こんなに愛されていることに、
どうぞ気づいてくださいね。


7日間続いたチャクラのおそうじ、
お疲れさまでした。
お付き合いくださいまして、
ありがとうございました。

明日は、新月の癒しと瞑想を行います。
よかったら、こちらも体験してみてくださいね。

たくさんの愛と光があなたを照らしていきますように。


〜 今日のいいこと 〜

☆ お父さんも一緒に、たくさんお散歩。
  平日はほとんど一緒に過ごす時間がないので、
  ケモノさんたちはとっても嬉しそうでした。
   
☆ 今日は、ともnetさんの譲渡会でした。
  カリンとデンデには、里帰りしたみたいな気分なんじゃないかな。
  楽しそうに過ごしていました。
  保護犬たちに、たくさんの縁があるといいな。

 ロンのお墓参り。
  何でもない日曜日の夕方なのに、途切れることのない人たち。
  大切に想われていた命、どうぞ安らかに。

  生あること

〜 ☆ ☆ 〜


0 件のコメント:

コメントを投稿