ご案内


天使のまんまるオンラインショップはこちらです。

2015/02/13

Motley Crue final show 行って来ました





今日の記事のな〜んの脈絡もないのですが、
天狗さんから、ご挨拶をあなたに♡

さ〜てと。


は〜い。

「昔の男に逢いに行って来ましたわ♥
相変わらず、とってもいい男でした。
そ・し・て
二十数年ぶりなのに、
あたくしったら、ちゃんと身体は覚えておりましたの(●´∀`●)」

は〜い?
翻訳いたしますね。

「二十数年ぶりに、
モトリー・クルーのライブに出かけてきました。
大好きなニッキー・シックスは、
相変わらず格好良かったです。
そして、
ロックコンサートなんて、
本当に久しぶりだし、
モトリーもたまに聴くけれど、
すっかりご無沙汰なので、
忘れ去っていたと思っていたサビの部分とか、
盛り上がる部分とか、
ちゃんと叫べたし、歌えたの〜〜〜〜〜〜〜!
きゃっほ〜い。」

今ではすっかりいい所の奥様風じゃなくて、
ただの天使好きのおばちゃんその1(実は妖怪)って感じですが、
かつてはハードロックやヘヴィメタル(HR/HM)好きな姉ちゃんでしたの。

あれやこれやと、
来日するバンドのコンサートに行って、
楽しんでました。

バイトのお金なんて、
コンサート代やレコードやCD代なんかに消えちゃってました。

まぁ、
今でもそうですが、
イケメン好きなので、
美形なミュージシャンがいると、
キャァキャァ言う、
ただのミーハーちゃんでございましたわ。

いくつかお気に入りのバンドがあったけれど、
モトリーだけは、
やっぱり特別だったかも。

何しろ、
ホテルまで追っかけていって、
写真集も持っていたもんな〜。

ガンズ(Guns'n'Roses)やボンジョヴィも好きだったけれど、
モトリーほど熱烈な行動していなかったな〜。

というわけで、
これが最後って言われちゃって、
RIP なんて言われちゃって、
もう何年もご無沙汰してて申し訳ないけど、
それでもやっぱり行きたくなって、
チケットの高さに驚いて、
ひとり清水の舞台から飛び降りた気分(笑)で、
そうやって出かけていきました。

記憶が定かじゃないのだけど、
多分、
二十数年前、モトリー観たのと同じ会場だったような???

会場に着けば、
同じ世代の方が多いな〜。
かつてあちこちでよく見かける顔が合って、
そういう方達も多かったんだろうな。

なんとなしに、
それぞれ、ふくよかになって(笑)

ライヴの様子は、
詳しくは申しません。
まだこれからの地域もあるのだから。

なので、
私的なことばかりですわ。

私は、
とにかく「ニッキー命(←古い表現ですねw)」なのです。
なのに〜、
ニッキー側(左)ではなくて、
ミック側(右)。

おまけに、
人の頭でよく見えず、
大型スクリーン越しで見てましたの。
たまに、ニッキーがこっち側にくるのを、
そりゃぁ『恋する乙女』(爆)のような気分で、
手をギュ〜っと握りしめながら。

二十数年ぶりに叫んだわよ。
「ニッキー♥♥♥」って。

そうそう、思い出しました。
前持っていた預金通帳の暗証番号、
ニッキーの誕生日でしたわ(笑)

ヴィンスの声量が落ちていたって、
トミーがドンブラコッコだって、
ミックの帽子はずっと定番オーダーしているのか気になっていたって、
とにかくも、
目の前を(正確には前方はるかだけど)、
ニッキーがいるということと、
聴く曲ほとんど(ちょっとだけ知らない曲あったわ、ごめんなさい)
大ヒット曲ばかりだったし、
もう、
お腹いっぱいでしたわ。

そしてなにより、
最後に、
ヴィンスが
”We are Motley f○○○ing  Crue”
と言って、
あの4人で頭を下げてくれるのが、
たまらな〜〜〜〜〜〜〜〜〜い。

それでも、
今回、
本当に、
ファイナルなのだなとつくづく感じました。
オジーみたいに、
引退するする詐欺(笑)も、いいと思うんだけどね。

ショーが始まる前に流れていた音楽、
意味はあまり分からないけど、
女の子の声で「Farewell」と唄われていたわ。

そして、
途中のMCでは、
ニッキーが日本語の通訳を頼んでました。
昔の記憶では、
ニッキーはほとんど喋ってなかったのに、
たくさん喋ってくれた。

モトリーのニッキーとしては、
もう最後なんだと、ウルウルきました。
最後のメッセージ、
しっかりと受けとめたからね、ニッキー。(←読んでないけどw)

一番、華やかな頃、
若くてクレイジーだった頃、
本当に、
sex drug Rock'n'Rollだった頃にも逢えて、
最後の挨拶にもやってきてくれて、
ただただ、
「ありがとう」です。

大好きな音楽、ミュージシャン、ロックスター、
一緒の時代に生きて、
観ることが出来るなんて、
やっぱり、
なにより最高!

なにものにも替えがたい、
大切な瞬間です。

は〜い、
こうしてまた、
人生は続いていくのです。




今日は毛色が変わっておりましたが、
お読みくださってありがとうございました。

これも私の一部なのでございますわよ。

いろんな顔を持つのも、
妖怪の得意技なので(笑)

たくさんの愛と感謝とRock'n'Rollを♥

0 件のコメント:

コメントを投稿