ご案内


天使のまんまるオンラインショップはこちらです。

2015/03/13

身に纏う音楽


先日書いた美輪さま講演会でのお話(ここここ
の中で、
「音楽」に関するお話がありました。

その中でお伺いしたことで、
私の心に深く残っているものを、
もうちょっとだけ、
お伝えしますね。

「ダンダンダン(←強い感じで)」と、
強い音ばかりの曲は、
音楽ではなくて、
ただのノイズ(騒音)だということでした。

音楽というのは、
リズム、メロディー、ハーモニーで成り立っていて、
音の強弱があってこその、
音を楽しむ音楽だと。

そして、
普段、聞いている音楽が、
身に纏っていくと。

“音楽が身に纏わる”って、
分かりにくいかもしれませんね。

ひとつの例えとして、
演歌の人を挙げてみますね。

これなら、
何となくイメージしやすいかな。

大御所サブちゃんなんて、
もう、
「演歌」が身体中に染みわたっている感じ、
しませんか?

とってもお綺麗な藤あや子さんも、
カジュアルな格好をなさっても、
どこか演歌的なものが漂うような。

それがいいとか悪いとかじゃないのです。

普段から接している音楽って、
それくらい、
自分の身体に纏わってくるものなのです。

音って、
エネルギーを発しているので、
その影響を受けるのでしょうね。

私も嫌いじゃないけれど、
激しいROCKを聞き続けると、
そういう雰囲気が身に纏わるっていうの、
なんとなく分かります。

スピリチュアルのことなんて、
よく分からないという方も、
なんとな〜く、
そういう『雰囲気』みたいなのは、
感じられたことあるんじゃないかな。

人から漂う雰囲気って、
日常の暮らしの中のものから、
大なり小なり影響を受けるものなのだから。

荒んだ、
暴力的な人間を目指すのであれば、
ノイズだらけの音楽を聴けばいいのでしょうね。

でも、
チャーミングな男や女を目指すのであれば、
(あら、中間の方もですわよ、ご安心なさいましね)
質のいい、
ロマンティックな美しい音楽を、
お聞き遊ばせ♫






ピアフ、2曲♥

音を楽しんで、
それを、
生きることに活かしていく。

一度きりの人生ですもの、
美しくて、
柔らかくて、
あったかくて、
ロマンティックな雰囲気、
漂わせちゃうのも、
きっと素敵ですわよ。

今日もまた、お読みくださいましてありがとうございます。
たくさんの愛と感謝と音楽を。

〜 今日のいいこと 〜

☆ 今日はケモノさんたち、たくさん歩きました。

☆ 生あること

〜 ☆ ☆ 〜


0 件のコメント:

コメントを投稿