ご案内


天使のまんまるオンラインショップはこちらです。

2015/04/23

「悩みなんてなさそうで、いいわね」


先日、友人のTwitterでの呟きを見ていて思い出しました。
私も似たようなことがあったなぁと。

高校生の頃に、
(あまり親しくはない)同級生から、
「おどりさんは、いいわね〜。悩みなんてなさそうで。」と、
言われたことがあります。

それを物凄く鮮明に覚えているのは、
ちょうどその頃、
妹が高校を辞めて家を出るとか何とか言っていて、
普段は温厚な父が激怒していて、
家の中が大荒れだった頃。
そんな中、
大半が就職する商業高校なのに、
へそ曲がりの私は進学したいと希望して、
受験勉強を塾に通わず1人で行っていた頃。
家で、
落ち着いて、
勉強など出来なかった頃。
授業が終わってから、
少しだけ教室に残って、
事情を知る担任の許可を取って、
ひとり受験勉強させてもらっていた頃。

そんな頃だったから。

でも、
私って、
もともとお気楽(鈍感?)なのね〜。

失礼な事を言われても、
とくに反論するわけでもなく、
「えへへ」って感じで対応していた気がします。

立派とかじゃなくて、
なんだかシッチャカメッチャカな毎日だったけれど、
それでも、
学校に行けば、
大好きな友達は周りにいたし、
バカ話して笑っていたし、
面倒くさい事情はあったけれど、
それが私のすべてじゃなかったから、
「えへへ」だけで、
すませちゃったかな。

人って、
それぞれ、
いろんな事情がありますよね。

きっとね、
私に話しかけた同級生にも、
なにかの悩みがあったんでしょうね、当時。

でも、
大人になってくると分かりますよね。

「わたし〜、
 思いっきり悩んでいるんですけど〜」
なんていうポーズをしているのって、
みっともないことだって。
幼稚な態度だって。

もちろん、
どうしようもない状況で、
取り繕っていられない時もあるから、
一概に言えないけれど。

それでも、
本当に、
しんどい想いをしている人こそ、
外に出ないというか、
外に出せないんじゃないかなとも、
思っています。

今日、
Twitterにも書いているのだけど、
笑っていたって、
傷ついていない顔していたって、
心の奥では、
嵐のような大荒れで、
大泣きしていたり、
傷ついて血が噴き出すようなことあるんですよね。

誰だって。

きっと、
あなたにも。

今日も、
痛みを抱えながらも、
笑ってやり過ごそうと、
1日を送っているかもしれませんね。

は〜い!
立派ですよ〜!

でも、
あなたは一人じゃないですからね〜。

そんなあなたを、
痛みも含めて、
そ〜っと包んで、
癒してくれている存在たちがいますからね〜。

エンジェルや、
天に住まうスピリチュアルな存在の方々、
大地を守ってくれている精霊たち、
あなたのスピリチュアルサポートチームの方々、
神様、仏様、聖なる方々。

ほんとうに、
ありとあらゆる、
「愛」の存在の方達が、
あなたのことを、
痛みも含めて、
ギュッと抱きしめて、
包み込んで、
守って、
応援してくれていますからね。

ちょうど時代がこの頃のあたりだったからかな〜。
レベッカのSuperGirlが、
応援歌のような気がするから、
貼りつけちゃおうっと。
そのうち削除されちゃうかもしれないけど〜。


毎日、
泣きながらも、
笑ってる、
あなたに、
た〜くさんの愛の光と応援の祈り、
とどけ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!

そして、
悩みもへったくれも
全部丸ごと引っくるめて、
笑い飛ばしていける強さと、
したたかさと、
ずうずうしさを、
たっぷりと身につけて、
図太く生きていきましょうね〜(≧∇≦)

たくましいのよ、わたしたち。
この混乱の時を、
生きているんですもの、ね。

今日もまたお読みくださってありがとうございます。


〜 今日のいいこと 〜

☆ 今日は暑くなりましたね。
  カリン、だんだんと歩かなくなってきました。


石のベンチ気持ちいいよ

おかあさん、わたし、もう動きたくありません


 
カリンが動かないので、デンデは、膝の上でウットリマッサージ中

☆ やっぱり、毎日、いろんな方達から助けてもらってること、
  実感してます。
  助けてくださる皆さま、ありがとうございます。

☆ 生あること。

〜 ☆ ☆ 〜

0 件のコメント:

コメントを投稿