ご案内


天使のまんまるオンラインショップはこちらです。

2015/12/07

『ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲』


ホワイトゴッド 少女と犬の狂詩曲』を観てきました。
いやぁ、すごいもん観たなって感じで、
何とも表現しようがないような感情でいっぱいです。




予告編、貼っておきます。

先日観た『犬に名前をつける日』は、
ドキュメンタリードラマだったので、
この映画とは、
随分と毛色が違うのですが、
それぞれ、
共通することがありました。

保護犬です。
収容された犬たちと言った方が、
『ホワイト・ドッグ』には近いかな。

『犬に名前をつける日』のチラシには、
「犬の幸せはどんな人と出会うかで決まる」
とありました。

『ホワイトゴッド』では作家の町田康さんが、
「犬は人によってどのようにでもなる」
と書いていました。

まさに、そう。

内容については、
詳しくは書きませんが、
このタイトルについてだけ、
ちょっと書きますね。

『ホワイト・ゴッド』、
「白き神」。

これは、
犬から見た人間のことだそうです。

私たちヒトは、
動物から見たら《神》なのですね。

立派だとかそういうことじゃないです。

彼らの生殺与奪の権を握っているんですもの。
ある意味《神》ですよね。

命を、
いかようにも出来る力を持っているんですものね。

《神》の気まぐれで、
どうにでもなっていく命......

とても考えさせられます。

この映画の中では犬たちで、
表されていますが、
弱者のメタファーなので、
単純に、
人間vs犬という構図じゃなかったりもします。

ハンガリーの映画なので、
移民のことなども関係しているのでしょうね。

まぁ、
そういうものも含めて、
圧倒されるラストシーンでした。

保護施設から集められたたくさんの犬たちが、
この映画には出てきます。
撮影後、施設に戻すのを不憫に思った監督たちが、
里親を募集したら、
全部の犬たちが新しい家族の元に引き取られていったという、
エピソードもついています(o^^o)

機会があったら、
ご覧になってみては〜。

上映館が少ないのが勿体ないなぁ。

ちょっと重い話題になっちゃったかな。
では、切り替えて。


今日のお日さまです。
 
今週もあなたの毎日が、
たくさんの光とともにありますように。

全ての命が、
光に包まれて、
あったかい気持ちになっていきますように。


お読みくださいましてありがとうございます。
たくさんの愛と感謝を。


〜 今日のいいこと 〜

☆ ケモノさんたち、今日もいい子です。
 
 
☆ 生あること。
 
〜 ☆ ☆ 〜 




天使のまんまるでは、
手放しのお手伝いや、考え方を変えるヒントを引き出していく、
エンジェルセッションを行っています。
その他、自分で活動していける エンジェル講座
動物たちとお話しするアニマル・コミュニケーション
天然石アクセサリーのオーダーメイドや浄化グッズなどの癒しの道具販売など、
行っております。
なにかご質問などありましたら、お気軽にお問い合わせください。







0 件のコメント:

コメントを投稿