ご案内


天使のまんまるオンラインショップはこちらです。

2016/11/21

死について




あなたは「死」というと、
どういうイメージが浮かぶでしょうか。

忌避すべきものでしょうか?
考えたくもないことでしょうか?

アニマル・コミュニケーションを行っていると、
亡くなった動物たちとお話する機会があります。
そして、
そのご依頼者である方達ともお話しする機会があります。

そこから感じていることを、
今日はちょっとお話していこうと思います。

死は終わりではないのですよね。

違う次元へと移っていっただけ。

肉体は朽ちていくのが定めだけれど、
それ以外のものは、
違う形となって在り続ける。

「生きている」とは違うのだけど、
存在はしているのですよね。

そして、
死は決して恐ろしいものでもないのです。

私たち、
まだ体験していないので、
未知のものってどこか不安じゃないですか。
それでいいんだと思います。

でも、
旅立つ動物や、
旅立っていった動物たちの言葉を聞いていると、
とてもナチュラルな感じなのです。

人とは少し感覚が違うかもしれませんね。

彼らは、
そのままを受け容れているから。

来たるべき時が来たら、
あちらへと帰っていくと知っているから。

故郷に帰っていくので、
不安を感じることはないのでしょうね。

そんな動物たちの姿勢から、
私たちヒトも、
いろいろと考えるきっかけをもらうんですよね。

愛する人や動物の死は、
とてもつらく悲しいものです。

いつかは必ずお別れの時が来るって分かっていても、
心は、
簡単に対応してくれなくて、
苦しい想いをいっぱいすることだってあります。

感じる心を持っているから、
それでいいんです。

避けられない死が憎いことだってあるでしょう。

どうにもならないのにことなのに、ね。

どうにもならないことに、
心を乱され、
苦しみ、
悲しんだりしていくのですよね。

でもね、
光はあるのですよ。
どんなときも。

現世で生きているとき、
動物たちは無条件の愛を私たちに注いでいます。

あちらへ行ってしまうと、
さらにその愛は純度が高まるので、
深く大きな愛となって、
私たちの元へと贈られているんですよ。

だいすき。
とってもだいすき。
ありがとう。
しあわせでいて。
わらっていて。
泣かないで。
もう痛みなんてどこにもないから。
苦しくもないから。
心配なんていらないから。
だから、
どうかしあわせに生きて。
生きて!
しっかりと生きて!

動物たちが伝えてくれるメッセージです。

死は生と繋がっています。
単独で発生しているものじゃない。
ステージが変わるだけ。

そして、
愛は、
ずっとそこにあり続ける。

死んだからと言って、
愛が途切れてしまうわけじゃない。

愛は見ることが出来ないものだけど、
そこにあり続けています。

死を思うことは、
生を思うことだと私は考えています。

愛する人や動物の死を体験して、
様々な思考や感情をして、
痛みや悲しみを抱えたり、
乗り越えたりしながら、
生きていることへのさらなる理解がまた一つ深まっていくのです。

愛するものの死は、
大きなことを伝えてくれて、
より深く学ばせてくれるものだからこそ、
痛みも多く伴っていくのです。

生きていると言うことは、
まだまだ学びなさいと言うこと。
まだまだ生きなさいと言うこと。

もがきながら、
足掻きながら、
必死で生きている私たちを、
あちらの世界に行っちゃった方達は、
微笑みをたたえながら、
見守っていますよ。

大きな愛の翼を広げながら、
いつも見守っていますよ。
現世で超小型犬だったとしても、
彼方に行ってしまったなら、
超特大の翼を広げられるんですからね〜!
だから、
彼らの愛を受け取って、
そうして、
また生きていきましょう。

死は、
形が変わるだけで、
愛を失うこととは全く違うのですよー!


ここに書いたことは、
あくまで、
私の感覚です。
あなたと違っていることがあっていいのです。
だけど、
何かのヒントや参考となる部分が少しでもあったのなら、
とっても嬉しいなって思っています。

今日もまたお読みくださいましてありがとうございます。
たくさんの愛と感謝を。

【ちょこっと宣伝】 エンジェルアロマソルトただいま発売中です♪




 

天使のまんまるでは、
対話をしながら、言葉による癒しを行う天使のことのはセッション
気になることをオラクルカードに聞いてみる天使からのメッセージ
動物たちとお話しするアニマル・コミュニケーション
天然石アクセサリーのオーダーメイドや浄化グッズなどの癒しの道具販売など、
行っております。
なにかご質問などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

0 件のコメント:

コメントを投稿