ご案内


天使のまんまるオンラインショップはこちらです。

2017/02/06

動物園でのこと その3


動物園でのお話の続きです。
今日はその時に出会った体験をご紹介しますね。

ヘビの館というところがあり、
そこに何匹かのヘビがいました。
イラストにあるアオダイショウが、
とても綺麗な緑色をしていて、
体長は1.5〜2mくらいあるようでしたが、
瞳がとても美しくて、
可愛い子だなぁ、
たぶん女の子だよなって感じのヘビさんでした。

お話をしようかなぁ、
とりあえず、
少し、
観察させていただこうと、
ぼんやりと眺めていました。

そこにご婦人が3人近づいてきました。
お2人は、私と同じようにヘビを眺めていました。

あとの方は、
「ヘビーーーーーー!!!!
 なんでこんなものがいるの!
 こんなもの見たくない!
 あ〜、近づくのもイヤ!イヤ!イヤ!
 とにかくイヤなのよ!
 ちょっと、そこにいないで、
 あっち行きましょう!」
 と、
大声で、
お叫びになっていらっしゃいました。

私は思わずヘビを見つめてしまいました。
とってもキュートな瞳で、
そこに居続けていたけれど、
ヘビ嬢は若干というか、
結構、身を竦ませていたのです。

なんか、
とってもいたたまれない気持ちになって、
お話を聞きたいところだったけど、
そういうのも失礼な気がして、
「ごめんね」といって、
少し経ってからそこから離れました。

ヘビよりも、
そのご婦人のほうが、
よっぽど恐ろしく感じちゃいました。

種族が違うし、
ヘビは確かに苦手な人も多い生物だけど、
その存在を頭から目の前で否定することって、
とっても傲慢で、
醜い姿だなぁと、
気づかせてもらう経験となりました。

同じようなこと、
私もしたことあるもの。
それがどういうことなのか教えてもらう機会だったのだと、
思っています。
ヘビさん達には、
気持ちのいいことではなかったでしょうけれどね。

この話には、
まだ続きがあって、
「ねえ、ヘビなんか見ていないで、
 あっち行こう。
 そうだ、今度、フクロウカフェに行ってみない?」
 と話しているのが聞こえました。

フクロウカフェには、
いろんな問題が多いと聞いていたので、
(~_~;)って感じでいました。

その2日後かな、
こちら の記事を目にしました。

このご婦人、
反面教師的にたくさんのことを教えてくれたんですね〜。

今回、
それほどたくさんの動物たちとお話が出来たわけではありません。

でも、
ローレン先生や山崎先生、
受講した仲間たちからのシェア、
そして動物たちを通して感じたのは、
「尊厳」「誇り」「尊重」など、
なんて言うのかしら、
命を生きる者として、
お互いにその想いを大切にしていきたいと、
そう思いました。

どの種であっても、
敬意を払って、
話を聞かせてもらえたら、
その知恵を分けてもらえたら、
何かを教えてもらえたら、
とってもありがたいなと、
思いました。

パニックになったり、
焦ったり、
不安に思ったりもした実習でしたが、
終わってみたら、
力強いものがまた一つ増えたような気がしています。

アニマル・コミュニケーション
ますます、好きになりました。
磨きをかけていきますので、
どうぞ、
応援してくださいね。

動物園でのお話は、これでおしまいです。

今日もまたお読みくださいましてありがとうございます。
たくさんの愛と感謝を。


追記:浅田美代子さんが署名キャンペーンをなさっています。
  「動物の愛護及び管理に関する法律」の改正を求める署名
   ネットから簡単に出来るものですので、ぜひ。
   

〜 今日のいいこと 〜

☆ 寒くなると、よくくっついてます。


☆ ケモノさんたちがいてくれること

☆ 生あること。

〜 ☆ ☆ 〜



 エンジェルアロマソルト発売中♪(今冬限定です)





 

天使のまんまるでは、
対話をしながら、言葉による癒しを行う天使のことのはセッション
気になることをオラクルカードに聞いてみる天使からのメッセージ
動物たちとお話しするアニマル・コミュニケーション
天然石アクセサリーのオーダーメイドや浄化グッズなどの癒しの道具販売など、
行っております。
なにかご質問などありましたら、お気軽にお問い合わせください。

0 件のコメント:

コメントを投稿