ご案内


天使のまんまるオンラインショップはこちらです。

2018/04/10

正しさ?それとも、愛?

Photo by Faye Cornish on Unsplash
ご訪問くださって、
どうもありがとうございます。

いかがお過ごしですか?

何度も書いていますが、
季節の変わり目って、
体も心も、
変化に合わせていこうと必死にがんばってくれる時。
だけど、
それがうまくいかなくなって、
バランスが崩れてしまうこともある時。

そういう時期です。

だからどうぞ、
体も、心も、
いたわっていきましょうね。

さて、
今日のお話は。
 
あなたもどこかでご覧になったことがあると思うのですが、
何かの出来事が起きると、
「それは正しくない!」
「これが正しいものだ!」
「正しくないものは良くない!」
「正義は我に!」
みたいなことありますよね。

ネットだと炎上案件みたいな感じで、
正しさを振りかざすことがあったりして。

ワイドショーや週刊誌では、
以前から行われていましたよね。

こういうことよく見聞きするかと思います。

正しさについては、
前にも書いているのですが、
「正しさ」の話グレーな部分
その時々で、
変わるものなのですよね。

極端な例ですが、
人を殺してはいけないという社会に、
私たちは生きていますが、
紛争、戦争時などには、
それが是とされることもあります。

正しいって、
確たるものではないのです。

だから、
正しいか正しくないかって言うのは、
不安定で、
息苦しさを感じてしまうものなのです。

正しいか正しくないかで、
人や物事を判断することは、
危うさも孕んでいるのです。


では、
どうするのかというと、
愛で見ていくのです。

このブログを訪れてくださる方は、
きっと、
心に純粋なものを持って、
暮らされている方だろうなって思っています。
天使やスピリチュアル、動物のことなど、
どこか気になって、
優しさと思いやり、
そして、
大小様々な心の痛みを持ちながら、
懸命に日々を暮らしている方だろうなと思っています。

だからこそ、
お伝えしていけたらと勝手に考えて、
色々書いてます。
何かの参考になればいいと願って。


正しい、正しくないで、
物事を単純に判断したり、
裁いたりすることに、
どこか抵抗を感じたりしたこと、
ありませんか?

もし、感じているのなら、
その心はとても素敵なものなのです。

ある方向から見たら、
それは正しくないことかもしれない。
でも、
違う方向から見たら、
正しくないと言い切れないことだったりする。

そんなこと、
いくらでもあります。

だからこそ、

なのです。

ある物事、ある人、
それが愛あるものなのか、
それとも、
愛なきものなのか。

愛あるものなのか、
ただ我欲だけなのか。

愛あるものなのか、
怯えているものなのか。

愛なのか、
エゴなのか。

単純に分けられなくていいのです。

物事には様々な面があるのだから。

愛が無いものだから、
正しくないっていうことでもありません。

愛があるから、
正しいって言うことでもありません。

そう、
正しいか正しくないかで判断するのではなく、
愛があるのか、愛から遠ざかっているのか、
そう確認するだけなのです。

自分の行為に関しても、
「あぁ、あれはちょっと愛のない行動だったな」
と、
振り返ってみればいいのです。

正しいか正しくないかという判断から、
愛があるものか、そうではないのかという、
視点を持っていってみませんか?

この視点は、
あなたをさらなる豊かさへと、
つないでいきますよ。

これも、
もう何度も言っていることですが、
私たちに必要なのは、
愛です。

愛の目で見て、
愛で語り、
愛で感じていき、
愛を持って暮らしていく。

出来る範囲から、
ちょっとずつ。

そうやって、
愛を広げていってください。

どこにいても、
何をしていても、
どんな姿形をしていても、
あなたは愛の発信者なのです。

意識を高く持っていってください。

愛について、
意識を高く保つことなど、
ご相談などありましたら、
ぜひ、各種個人セッションもご利用くださいね。


今日もまたお読みくださいましてありがとうございます。
たくさんの愛と光を。



  

天使のまんまるでは、
対話をしながら、言葉による癒しを行うエンジェルセッション
気になることをオラクルカードに聞いてみるエンジェルメッセージ

守護動物の癒しパワーアニマルセッション

旅立った方たちからのメッセージミディアム・ミニセッション
動物たちとお話しするアニマル・コミュニケーション
天然石アクセサリーのオーダーメイドや浄化グッズなどの癒しの道具販売など、
行っております。
なにかご質問などありましたら、お気軽にお問い合わせください。


0 件のコメント:

コメントを投稿