投稿

1月, 2019の投稿を表示しています

わたしたちの物語に

イメージ
先日、 用事もあったので、 ともnet さんの譲渡会に行ってきました。 これまでは、 カリンとデンデも一緒だったので、 ちょっと不思議な感じですが、 気になるワンコ(そのあたりはまた今度)もいたので、 楽しくお邪魔してきました。 デンデのことは、 スタッフ(譲渡ボランティアさんたち)皆さん、 ご存知なようで、 わたしの顔を見て、 思わず泣いてくださる方もいました。 デンデの仮母さんも、もちろん😢 そんな姿を見せてもらって、 気づいたのです。 11月にカリン、 1月にデンデが、 旅立っていったこと。 それはわたしの(我が家の)物語。 とてもパーソナルなお話。 でも、 それを、 「わたしたちの物語」として、 悲しみや、 喜びを、 共にしてくださる方がいること。 そのことに、 とても慰められ、 心あたたかくなり、 励まされたりもするのです。 カリンもデンデも、 ともnetでの里親探しの時間が長かったので、 預かりをしている仮母さんだけではなく、 他の預かり(ボランティア)さんたちも、 我がことのように、 「早く家族が出来るといいな」と、 思っていてくださった日々だったのでしょうね。 もちろん、 そういう想いは、 里親募集の期間の長さに、 左右されるものではないかもしれません。 どの子もみな、 早く家族が出来たらと思っているのだから。 でも、 長くなっていくと、 その想いがさらに強くなっていくというのかな。 そういうところはあるかもしれません。 だから、 家族が出来ると、 どなたも、 とても喜んでくださるのですよね。 そして今、 亡くなったことを、 とても悲しんでくださった。 いつか、 「 ちょっとの間のお母さん 」完結版 を作っていけたらなとも思っています😊 本当に、 なんて、 心の豊かで、 思いやりに溢れた方たちなのでしょうね。 もしかしたら、 とっても当たり前のことを、 書いているのかもしれませんが、 わたしの物語を、 わたしたちの物語として、 応じてくださる方々が、 とても身近にいることが、 とっても嬉しいです。 そういう方たちと、 知り合えたことを、 ありがたく思っています。

みんなのおかげ

イメージ
寒さも本番になってきましたね。 とはいっても、 こちらはやっぱり暖冬なのかなとも思っています。 あなたの所はいかがですか。 さて、 先日はデンデについてのご報告をしましたが、 色々とあったかいお言葉などを、 届けてくださる方もいらして、 本当にありがたく思っています。 どうもありがとうございます。 悲しくないなんてことはないし、 寂しさもいっぱいあります。 それでも、 割と穏やかな心でいます。 これもみな、 あっちに行っちゃった子達や、 こちらで一生懸命に生きてる子、 その飼い主さんたちのおかげだと思っています。 本格的に アニマル・コミュニケーション を始めてから、 3年半ほどになります。 その中には、 旅立った動物さんたちとの会話も、 多く含まれています。 彼らが教えてくれることは、 実に豊かで、 面白いこともあれば、 感動することもあります。 へぇ、そんなふうになっているのかと、 教わることも多いです。 こちらで一生懸命に生きてる子たちもまた、 いろんなことを教えてくれます。 犬が、猫が、動物が、 どのように生きているのか。 何を考えているのか。 命について、 生きることについて、 死ぬことについて。 誰もがみな、 精一杯生きていて、 そして、 精一杯生きたのち彼方に旅立っていって、 愛の存在となっていく。 本当にありがたいことに、 こういうことを学ばせていただいているのです。 幾つもの「生きること」「死ぬこと」。 そしてその先のこと。 それらに触れていることで、 動物たちが持っている死生観も、 知る機会をいただいています。 人も動物も、 愛する方との別れはつらいものだし、 綺麗な旅立ちばかりでもないでしょう。 ずっと後悔が残って、 それに苛まれ続けて暮らすことだってあるでしょう。 そんな苦しみが、 例え時間が掛かったとしても、 ゆっくりでもいいから、 和らいでいくように。 少なくなっていくように。 いつか消えていくように。 そう願っています。 彼方に行っちゃった子たちは、 こちらに残っている愛する者たちが、 ただ、 幸せでいてほしいと願っているのだから。 楽しく暮らしていてほしいと願っているのだ

ご報告です

イメージ
月曜日は、 『満月の癒し』にご参加くださいまして、 どうもありがとうございました。 中2病のようなワクワクする名前の月だったので、 お月様も楽しんでいたのではないでしょうか。 さて、 今日はご報告です。 先週、 デンデ(♂約11才)が旅立っていきました。 とても静かな旅立ちでしたので、 我が儘なことですが、 しばらく静かに過ごしたく思い、 お知らせが遅くなりました。 里親探しをしてくださった ともnet さん、 デンデの仮母の じゅりー さん、 お世話になった方々、 本当にありがとうございました。 こっそり愛でてくださっている方々も、 本当にありがとうございます。 いきなりどうした?と思われる方も、 いらっしゃるかもしれませんので、 経緯を書いておきます。 一昨年の秋頃、 腎不全と診断されました(その時の話は こちら )が、 それから治療を続け、 時折、数値が高くなるものの、 比較的、落ち着いて暮らしてきました。 皮下点滴をするため、 心臓には負担となり、 心雑音はMaxになっていったので、 お散歩は最低限にしながらでしたが、 楽しく過ごしておりました。 今年に入って、 少し、肝臓の数値が高くなってきました。 成人の日あたりから、 足腰がおぼつかなくなり、 前日までは、 しっかりと食べていたご飯ですが、 それも難しくなってきました。 意識朦朧としている状態で、 病院に連れて行くと、 肝臓の数値は計測不可で、 腎臓の値も高くなっていました。 急変もあるとのことでしたが、 入院は希望していないので、 毎日、通院するようにと言われました。 何が正しいのか。 どうすればいいのか。 とても悩みました。 かかりつけの病院に行くために、 電車を使っています。 もうすでに意識が彼方に行きかけている子を、 移動させることは酷なことではないのか。 それでも体が楽になるのなら、 是が非でも行くべきなのではないか。 カリンは、 かかりつけがお休みだったため、 初めての病院でお世話になり、 入院先で旅立ちました。 その旅立ちに、 いろいろと悔やむものも、 すまないという思いもあります。 なので、 何が正しいのか分からないなら、

『満月の癒し』のご案内

イメージ
『満月の癒し』 開催日時:2019年1月21日 お好きな時間に 少し早めですが、 21日(月)は満月ですので、 『満月の癒し』を行っていきます。 暦の上では明日は大寒なので、 本格的に寒くなってくる時ですね。 こんな時期は、 お月様も星たちも、 綺麗に見えるのですよね。 楽しみですね。 それでは、 始めていきましょう。 軽く目を閉じて、 ゆっくりと深呼吸を何回か繰り返します。 どのような姿勢でも大丈夫です。 座っていても、 立っていても構いません。 あなたの頭の真上に、 輝く満月があると想像してみてください。 満月から、 黄金色の光が、 あなたの所に降り注いでいきます。 金色の光のシャワーが、 あなたを包んでいくとイメージしてみてください。 金色の光は、 あなたの中の不要なものを浄め、 輝くものへと変換していきます。 あなたの中にある、 少し鈍くなっているエネルギーにも働きかけ、 活力を与えていきます。 お好きなだけ充分、 この光のシャワーを受け取っていきましょう。 最後に、 お月様と、 この癒しをサポートしてくれたスピリットたちに、 お礼を伝えてください。 これでおしまいになります。 美しい月の光のシャワーが、 あなたのこれからを輝かせていきます。 それをさらに、 本当の輝きに変えていくのは、 あなた自身です。 変えていこう。 進んでいこう。 そうあなたが決心すれば、 道は拓かれていきます。 あなたの道は、 あなたが創っていけるのだから。 満月のサポートが、 あなたを照らしていきますように。 お読みくださいまして、 ありがとうございます。 たくさんの愛と感謝を。 お申込受付中です 🌟   2019年への天と大地からのメッセージ 受付日時  2019年1月31日まで 料  金  6,000円 (チャリティ料金600円含)        ※お得意様割引(500円引)があります。 申込方法    お申込フォーム にて  支払方法   銀行振込(ゆうちょ銀行、愛知銀行) メッセージのお届け   ご入金後3週間ほど 内容については こちら をご覧く

尽力中

イメージ
お申込受付中です 🌟   2019年への天と大地からのメッセージ 受付日時  2019年1月31日まで 料  金  6,000円 (チャリティ料金600円含)        ※お得意様割引(500円引)があります。 申込方法    お申込フォーム にて  支払方法   銀行振込(ゆうちょ銀行、愛知銀行) メッセージのお届け   ご入金後3週間ほど 内容については こちら をご覧ください ご不明な点などありましたら、 お 問い合わせフォーム からお気軽にご連絡を♪ 普段よりも、 ゆっくりペースでのブログ更新しておりますが、 通常通り、 お仕事してますので、 各種お申込やお問合せなど、 どしどしお待ちしてま〜す♪ さて、 今日のお話を。 仕事柄、 嬉しいことよりも、 悲しいことやつらいことなどを、 お伺いすることのほうが多いかなと思っています。 これを読んでくださっているあなたも、 そういうものを抱えていたりすることもあるでしょう。 悲しみや痛みには、 実に様々なものがあって、 その程度も様々だし、 とてもパーソナルなことなので、 誰かと比べたりすることなど出来ないものでしょうね。 たまに、 「私の方がAさんの経験よりも大変だったから、  私の方がAさんよりもつらかったのよ」 と言われる方もいらっしゃいますが、 痛みや苦しみは、 それぞれが感じるものなので、 比較したり、 優劣を競ったりする物ではないのですよね。 傷つけあうよりも、 愛をやりとりしあう関係を、 創っていけたらいいですね。 それにしても思っているのは、 深い悲しみや痛みを抱えた方に出会う時、 無力だなぁと感じています。 瞬時に痛みを消し去るような力を、 何一つ持っていないのですから。 でもね、 痛みを少しでも軽くしていくために、 心に働きかけていく力や、 そっと背中を押していく力だったら、 持っているかもしれないなと思っています。 こういう力は、 あなたを取り巻く周囲には、 実は幾つもあるものだから、 私も、 そんな力の1つになっていけるようにと思っています。 そのために尽力する毎日です。 痛みや苦しみは、 経験していかな

七日の祈りのこと

イメージ
すこ〜しだけ、 イレギュラーなことがあり、 ブログの更新やレポートお届けなど、 やや遅れ気味になっています。 ごめんなさい! デンデは特に変わりなく過ごしていますので、 どうぞご心配なく〜。 わたし、体重はあるのですが、 体力があまりないので、 イレギュラーなことがあると、 HPMPともに消耗して、 どうしても1日に出来ることにも、 限りが出てしまいます。 ご迷惑をおかけしますが、 どうぞご理解いただけますよう、 お願い申し上げます。 さて、 言い訳もしたことだし(笑) 今日は『 七日の祈り〜亡き方へ〜 』のことを、 少し書いていきます。 7日間連続でお祈りをしていきますが、 一度のお祈りで、 何人もの方を一緒に祈るのではなくて、 お一人ずつ祈っています。 そのため、 じっくりと亡き方への祈りを行っていけます。 時には、 亡き方からのメッセージのようなものも受け取っています。 天使たちからのメッセージもあります。 でも、 必ずしも亡き方からのメッセージがあるわけではありません。 天使のまんまるでは、 他に、 『 ミディアム・ミニセッション 』というものがあります。 こちらもまた、 亡き方に関するものなので、 ちょっと分かりにくいかもしれませんね。 両者の違いを書いておきます。 『 ミディアム・ミニセッション 』は、 亡き方との会話というよりも、 亡き方に関するリーディングや、 旅立ちについての意味や理由などを、 天使たちのサポートを受けながら、 メッセージとしてお届けしていくものです。 また、 こちらのセッションに関しては、 瞑想セッションも付いています。 分かりにくいですよね〜。 大雑把に言うと、 リーディング(読み取り)が主となるものです。 また、 それに加えて、 ご依頼者様に瞑想セッションという、 ヒーリングも含まれているものです。 『 七日の祈り〜亡き方へ〜 』 は、 メッセージなどもありますが、 基本的には、 7日間連続で亡き方への祈りが主です。 祈りは応援であり、 感謝であり、 悼みであり、 愛であると感じています。 こちらのセッションは、 オールチャリティとなっていて、 費用全部が寄付となり

平和の祈りの中で

イメージ
昨日は『新月の祈り』にご参加くださいまして、 どうもありがとうございました。 部分日食でもあったので、 空に思いを馳せた方々も多かったのでしょうね〜。 あなたの望むものが、 どんどんと叶っていきますように。 今日は、 年末年始に行った『 新年の平和の祈り 』の際に、 感じたことを書いていきます。 わずか20分の祈りでしたが、 世界中で同じ時間なので、 お隣からこちらへ、 こちらから次の場所へと、 祈りをバトンのように繋げていくような、 そんな感じがしていました。 新しい年が平和であるようにと祈る心には、 なんの境界線もないので、 ただ純粋に、 祈りを繋げて、 更に高めていくようでした。 祈っていく中で、 「糸」というイメージがまず浮かびました。  「糸を撚る」というイメージも。 「三本の矢」と同じような意味かなと思うのですが、 糸は1本だけでは、 強い力で引っ張るとすぐに千切れてしまうけれど、 糸を撚っていくことで、 細い糸が太い丈夫な綱にもなる。 そういうものを作っていきなさい、 といった感じでした。 この場合の糸は、 個人の資質を様々に増やしていくことも、 表しているでしょうし、 また、 1人の力では及ばなくても複数の助け手と出会い、 その力を借りて高めあうことも、 指しているのだと思います。 きっとね、 あなたも私も、 今年、 誰かと助け合いながら、 それぞれの人生の使命に向けて、 進んでいくのかもしれません。 これまでもずっとそうだったのでしょうけど、 今年はそれが、 ハッキリと分かって、 歩んでいくのかもしれませんね。 もしかしたらいつも独りだと、 思っているのなら、 そんなことはないからねという、 天からのお告げかなぁと思って、 今年を過ごしていきましょうか。 1色だと単純な色かもしれないけど、 いろんな色と混じって、 今年のあなたが創り出していく糸は、 どんな色合いになっていくのでしょうね。 楽しみにしていきましょう。 今日もまたお読みくださいましてありがとうございます。 たくさんの愛と感謝を。 ただいまお申込受付中です 🌟   2019年への天と大地からのメッセージ 受付日時  2019

『新月の祈り』のご案内

イメージ
『新月の祈り』 開催日時:2019年1月6日 お好きな時間に 新しい1年が始まりました。 あなたにも、 あなたの大切な方にも、 幸せなことがたくさんある1年となりますように。 今年もどうぞ宜しくお願いいたします。 ただいま受付中の、 「 2019年への天と大地からのメッセージ 」では、 何人かの方のメッセンジャーとして、 妖精が登場してきています。 これまでのメッセージでも、 登場することはありましたが、 今回はその登場数が多いので、 本年は妖精が持つエネルギーが、 必要とされているのかもしれません。 軽やかさ。 喜び。 楽しむこと。 快活さ。 陽気。 こだわらないこと。 自然と関わりを持つこと。 こういうものが求められていく、 1年となっていくのかもしれません。 今日は年末年始の祈りのことなども、 書いていこうと思っていたのですが、 6日(日)は新月なので、 妖精達と一緒に行っていく、 『新月の祈り』 のご案内をさせてくださいね。 それでは始めていきましょう。 目を閉じて、 ゆっくりと呼吸をしていきましょう。 あなたの周りには、 今年、 あなたを助けてくれる妖精達がいます。 妖精達と一緒に、 手を合わせて、 祈っていきましょう。 今年、 何を望んでいきますか? 何を求めていきますか? 何を欲していますか? 今年望むものが叶っているように、 イメージを膨らませていきましょう。 あなたのすぐそばで、 妖精達はニコニコしながら見守っています。 あなたの好きなように祈っていきましょう。 最後に、 一緒にいてくれた妖精達にお礼を伝えます。 これでおしまいです。 素敵な1年となりますように、 祈っていきましょう。 もしも、 余裕があるときには、 あなたのお祈りに加えてくださいませんか。 困難な思いをしている方が、 少しでも困難から解放されていくようにと。 新年早々に地震を体験された方々にも、 心の平和が訪れますようにと。 それでは、 よい祈りの日となりますように。 今日もまたお読みくださいましてありがとうございます。 たくさんの愛と感謝を。 ただいまお申込受付中です 🌟