投稿

2月, 2019の投稿を表示しています

寄付のご報告

イメージ
いつもありがとうございます。 以前、掲載していたアファメーションのまとめも、 そろそろ行っていきますね〜。 今日は寄付のご報告をさせていただきます。 天使のまんまる の セッション 、 アニマル・コミュニケーション 、 七日の祈り (こちらは全額寄付)、 おまもり や ブレスレット などの 癒しの道具 などから、 お預かりしていた寄付金を、 本日、送金いたしました。 本当にありがとうございます。 今回送金させていただいたのは、 2018年8月1日から2019年2月25日まで御入金分です。 ご協力いただきまして、 どうもありがとうございます。 送付先は、 前回と同じ、 名古屋市動物愛護センター の 「 目指せ殺処分ゼロ!犬猫サポート寄附金 」です。 (画像は一部処理しています) 寄附金は収容された子猫のミルク、えさ、 ペットシーツや薬品の購入費用や、 譲渡ボランティアへの支援物資などに充てられています。 昨年は、 ニュース等で取り上げられた猫の多頭飼育崩壊がありました。 また、ニュースにはならなくても、 犬の多頭飼育崩壊も起きていました。 これらの対応には、多くのボランティアさんも関わっています。 愛護センターでは、一気に増えた動物たちのために、 ケージなどの購入や環境整備などを行っていましたが、 この「 目指せ殺処分ゼロ!犬猫サポート寄附金 」で、 賄うことが出来たようです。 あなたからいただいたお金が、 動物たちのために活用されています。 本当にありがとうございます。 サイト では寄附者の紹介をしていらっしゃるので、 「天使のまんまる」で申し込んでいます。 ご協力くださいました方々、 どうもありがとうございました。 今後とも、 どうぞ宜しくお願いいたします。 今日もまたお読みくださいまして、 ありがとうございます。 いっぱいの愛と感謝を。 人と動物の癒し空間『 天使のまんまる 』のご紹介 ● エンジェルセッション (対面、Skype LINE対応)  天使たちの導きがもたらす気づきのセッション ● エンジェルメッセージ  「これまで」「これから」「今」を生きていく  ヒントやアドバイスを天使からあなたに。 ● パワー

まずは自分、それから

イメージ
ご挨拶が遅くなりましたが、 『満月の癒し』にご参加くださいまして、 どうもありがとうございました。 あなたに見せてくれた女神の舞いは、 どんなものだったのでしょう。 また良かったら教えてくださいね。 さて、本日は、 この前、お坊さんから聞いたお話です。 少し落ち着いてきたので、 デンデの供養にと、 先日、お寺に行きました。 うちの子たちがお世話になっているお寺は、 毎日、お昼の勤行があって、 誰でも参加出来るので、 都合がいい時にお邪魔しています。 カリンの時には、 七日毎に出かけていましたが、 デンデの場合は、 父の入院や旅立ちと重なっていて、 疎かになってしまっていたので、 やっと行けた〜♪って感じでした。 お経が終わると、 お坊さんが少しお話をしてくれるのですが、 その際に、 次のようなことを仰っていました。 「日々、暖かな日が続いてきていますが、  気温差もある時ですので、  皆様、体調など、  どうぞお気を付けてお過ごしください。  皆さんが健康ではないと、  こうして供養もできませんので、   まずは皆さんが健康に過ごすことが第一です。  どうぞ、ご自身を大切に健康にお過ごしください。  それからのご供養です。」 んだんだ(笑) 頷いてました😁 大げさな言い方かもしれませんが、 有名なペットではない場合、 悲しんだり、供養したりする人数は、 そんなに多くないのではないかと思います。 それこそ、 『家族』だけが、 覚えていることが多いのではないでしょうか。 覚えていて、 その後の供養を続けたりしている場合も、 あるのではないかと思っています。 供養というのは、 宗教的なものなので、 しないこともありだし、 信仰の違いもあるから、 こうしなくてはいけないということではありません。 私自身は、 仏教の教えは好きですが、 信仰しているというとちょっと違うかな。 動物家族のことを思う1つの行為という感じです。 ただ思っていたのです。 どういう形であれ、 旅立っていった人でも動物でも、 供養していくには、 供養する側の人間が健やかでいなければ、 できないものだと。 健康でいなければ、 供養をすることは出来な

『満月の癒し』のご案内

イメージ
『満月の癒し』 開催日時:2019年2月20日 お好きな時間に 今、東の空に月が昇ってきました。 今日は満月です。 満月ちょうどは日付変わってすぐなので、 ピークは過ぎていますが、 美しいお月様の姿を見られるのは、 とっても嬉しいものです。 では、 満月の癒しをご紹介します。 今回は月の女神が導いてくれます。 ゆっくりと目を閉じて、 リラックスしていきましょう。 上の絵で、 こちらを向いているのは月の女神です。 大きなまんまるお月様の前で、 女神はあなたのために、 踊ってくれます。 それは、 あなたが望むものを招く舞いです。 豊かさを求める人には、 大いなる豊かさを。 愛する人を求める人には、 愛の縁を。 優しさを求める人には、 溢れる優しさを。 勇気を求める人には、 力強い勇気を。 慰めを必要とする人には、 心の安らぎを。 あなたの心の求めるものを、 想像してみてください。 あなただけに届けられる女神のダンスです。 しばらく感じていってください。 最後に、 月の女神に感謝を伝えてくださいね。 これでおしまいです。 求めるものは人それぞれです。 上に載せているのは、 その一例です。 どうぞ、 月の女神のダンスを楽しんでください。 そして、 月の女神が贈ってくれた祝福を、 めいっぱい受け取っていってください。 たくさんの愛と励ましが、 あなたに届いていきますように。 今日もまたお読みくださいましてありがとうございます。 いっぱいの大好きを込めて。 人と動物の癒し空間『 天使のまんまる 』のご紹介 ● エンジェルセッション (対面、Skype LINE対応)  天使たちの導きがもたらす気づきのセッション ● エンジェルメッセージ  「これまで」「これから」「今」を生きていく  ヒントやアドバイスを天使からあなたに。 ● パワーアニマルセッション  守護動物から受け取っていく生きる力を。 ● ミディアムミニセッション  亡き人や動物からのメッセージと癒しを。 ● 七日の祈り〜亡き方へ〜  亡き人や動物に七日間連続の祈りを。 ● アニマル・コミュニケーション

新しい動物家族を迎えること

イメージ
今夜も月が綺麗です。 水曜日(2/20)は満月ですので、 次回、 月のワークのご案内をしていきますね。 さて今日は、 先回ちらっと触れたのですが、 旅立っていった動物たちが、 次に新しく動物を迎えることについて、 どう考えているのかを、 書いていこうと思います。 ここに書いているのは、 あくまで1つのお話です。 これが全てでも、 これこそが正しいものでもありません。 こういうこともあるのかもしれないという、 1つのお話です。 そしてまた、 動物のことを書いていますが、 これは人間にも当てはまることかもしれません。 結論から書きますね。 亡くなった動物(ペット)は、 自分の死後、 家族が新しく動物を迎えることについて、 いいことだと思っています。 「うちの子、 とっても焼きもち焼きで、 独占欲強かったから、 そんなこと思わないんじゃないかしら」 こういう場合もあると思います。 これまで アニマル・コミュニケーション で、 亡くなった動物さんたちと、 色々とお話をしてきました。 その中で感じているのは、 旅立っていった動物たちは、 生きていた時よりも、 レベルが上がったというような状態に、 近いのではないかなと思っています。 元来、 愛の存在である動物ですが、 亡くなった後は、 さらにその純度が高い愛の存在になるとでも、 言ったらいいのでしょうか。 だから、 愛の視点で、 答えてくれるように思います。 何でもかんでも、 次々に新しい動物を迎えよ!ってことではありません。 様々な条件や環境などの要素があり、 迎えてもいい状況であればと言うことです。 新しい動物を迎えることで、 旅立った動物は寂しく思わないかと、 気にされる方もいらっしゃいますが、 それもまた、 心配するものではないようです。 極端な言い方をするならば、 さみしい等という感情は、 こちら側(生者側)のものなのです。 生きている私たちが感じている、 自責や後ろめたさが、 作りだしたものなのです。 なぜなら、 彼方に行った動物たちは、 こちらの幸せだけを願っているのだから。 本当に。 純粋に。 ただ、 愛する家族が幸せであるように。 た

新しい家族「ムテン」です

イメージ
このたび、 ともnet さんから、 新しい家族を迎えました。 「ムテン(武天)」です。 シーズーとコーギーのミックス?の男の子です。 9キロほどある、 なかなかユニークな体型です。 推定10才ですが、 歯がとても綺麗なので、 もしかしたらもう少し若いのかな? 名前は、 ドラゴンボールの亀仙人=武天老師からです。 去勢前だと思うのですが、 預かりさん家では、 手当たり次第に女子に声を掛けまくっていたとか。 これは、 もう亀仙人のじっちゃん以外ないと思って♪ いつか「かめはめ波」教えてくれるかしら。 デンデが旅立ってから、 まだひと月も経っていないけれど、 犬の時間は、 人よりもずっと早く過ぎていくので、 迎えることにしました。 旅立っていった子たちが、 次に新しく動物を迎えることについて、 どう考えているのかは、 また次回に書いていきますね。 デンデにも弟が出来て、 もしかして一緒に暮らしていたなら、 きっと、 ちっこいのにお兄ちゃん面したのだろうな、 などと思っていたりもします。 ムテンはお散歩も大好きで、 散歩に行くと声を掛けると、 跳んでいるので、 これで私も激やせするかもしれません。 しないかもしれません(笑) 目が見えないのですが、 預かりさん宅でも、 何となく見えているようなと聞いていました。 ロンが亡くなる数年は見えなかったので、 その点は気にならなくて、 でもぶつかるのも可哀想なので、 見えない子対策として、 ダイニングテーブルを片付け、 ちゃぶ台にしてみました。 なのに、 私がお菓子を食べていたら、 じっと見ています。 思いっきり見ています(笑) ええ、 どうやら、 うすぼんやりとですが、 見えている感じです。 結局、 ダイニングテーブルを戻しました(笑) ご飯中、 すぐ隣でじっと見られていたら、 落ち着いて食べていられませんからねぇ。 お散歩に行っても、 落ちていた骨を食べて、 私は大慌てでしたが、 本人(犬)は、 ケロッとしているし。 なかなか色々と、 やってくれそうなムテン老師さまです。 どうぞ、 これからよろしくお願いします。 今日もまたお読みくださいまして、

更新遅れております

イメージ
まんまるのアーナンダを、 覗いてくださる方、 ちょっと更新が滞っていて、 ご心配をおかけしています。 レポートをお待ちいただいているお客様にも、 大変ご迷惑をおかけしているばかりです。 月のワークを楽しみにしていてくださる方にも、 ご案内等が出来なくて、 失礼いたしました。 2月5日の新月は、 旧元旦だったので、 節分、立春と続く新月ですし、 切り替えと言うことでも、 月のワークを行っていくにはいい時だったのですが、 ご紹介できず、 私自身も残念に思っています。 実は、 先日、 父が他界しまして、 その前から病院に詰めていたり、 その後も色々とバタバタしています。 デンデの旅立ちからも、 まだ日にちが経っていないので、 悲しみが続いてはいますが、 泣くだけ泣きました。 やっと泣けたって感じでした。 デンデの危篤から旅立ちの間も、 父は入院中だったので、 しっかりと悲しんでいる時間が取れず、 そのことはとても悲しかったです。 とても悲しいのに、 悲しみに浸っていることもできず、 ゆっくり悼むこともできないのは、 切ないものですね。 きっと、 こういうこともまた、 うちの可愛いケモノさん達が、 私に教えてくれている学びなのでしょう。 まぁ、こんな感じなのですが、 食欲が落ちて激やせすることもなく、 本当に激やせすることも一切無く(しつこい?)、 ご飯もしっかり食べてます。 もちろん、元気もあります。 私の好きなものに、 Mötley Crüeの 「Don't Go Away Mad (Just Go Away)」 という歌があります。 この中に、 "Let's turn the page"(ページをめくろう) という言葉が出てきます。 そう、 次のページをめくる時になりました。 次回の更新時には、 楽しいご報告が出来る予定です♪ 寒さが厳しくなってきた時期ですので、 人の皆様も、 動物のみんなも、 お体もお心も、 大事にお過ごしくださいね。 いつも、 あったかい想いを送ってくださる方々、 本当にありがとうございます。 未熟な私ですが、 あなたのおかげで、 健やかに暮らすこ