ご案内


天使のまんまるオンラインショップはこちらです。

2019/02/25

まずは自分、それから


ご挨拶が遅くなりましたが、
『満月の癒し』にご参加くださいまして、
どうもありがとうございました。
あなたに見せてくれた女神の舞いは、
どんなものだったのでしょう。
また良かったら教えてくださいね。

さて、本日は、
この前、お坊さんから聞いたお話です。

少し落ち着いてきたので、
デンデの供養にと、
先日、お寺に行きました。

うちの子たちがお世話になっているお寺は、
毎日、お昼の勤行があって、
誰でも参加出来るので、
都合がいい時にお邪魔しています。

カリンの時には、
七日毎に出かけていましたが、
デンデの場合は、
父の入院や旅立ちと重なっていて、
疎かになってしまっていたので、
やっと行けた〜♪って感じでした。

お経が終わると、
お坊さんが少しお話をしてくれるのですが、
その際に、
次のようなことを仰っていました。

「日々、暖かな日が続いてきていますが、
 気温差もある時ですので、
 皆様、体調など、
 どうぞお気を付けてお過ごしください。

 皆さんが健康ではないと、
 こうして供養もできませんので、
 まずは皆さんが健康に過ごすことが第一です。
 どうぞ、ご自身を大切に健康にお過ごしください。
 それからのご供養です。」

んだんだ(笑)
頷いてました😁

大げさな言い方かもしれませんが、
有名なペットではない場合、
悲しんだり、供養したりする人数は、
そんなに多くないのではないかと思います。

それこそ、
『家族』だけが、
覚えていることが多いのではないでしょうか。

覚えていて、
その後の供養を続けたりしている場合も、
あるのではないかと思っています。

供養というのは、
宗教的なものなので、
しないこともありだし、
信仰の違いもあるから、
こうしなくてはいけないということではありません。
私自身は、
仏教の教えは好きですが、
信仰しているというとちょっと違うかな。
動物家族のことを思う1つの行為という感じです。

ただ思っていたのです。

どういう形であれ、
旅立っていった人でも動物でも、
供養していくには、
供養する側の人間が健やかでいなければ、
できないものだと。

健康でいなければ、
供養をすることは出来ないと。

だから、
お坊さんの言葉に、
深く頷いていました。

「私も連れてって」
「生きる望みなんて何もない」
「迎えに来て」
などという気持ちは、
死別の苦しみの中で生まれていくものだと思います。

悲しみの過程の中では、
体験していくこともある感情です。

だけど、
そこに留まり続けていたら、
旅立っていった方の供養はできませんよね。
代わりに誰かがやってくれるかもしれないけれど、
誰もいないかもしれない。

立ち上がれないほどの悲しみに飲み込まれていたとしても、
供養っていう行事があるのは、
「供養してほしい」
という亡き方からの要望ではなくて、
「供養するということで、何かの行為ができる。
 そうやって動いていくことで、
 悲しみから立ち上がり、
 日々を暮らして(生きて)ほしい」
という亡き方の想いだとしたら、
などとも思ったりしています。

まずは今を生きている自分から。
それから出来ることを。
やれることを。

そうやって生きていきませんか。

生きていきましょうね。

死別の苦しみを抱えている方が、
少しでも、
健康で毎日を暮らせますようにと、
祈っています。


今日もまたお読みくださいましてありがとうございます。
たくさんの愛と感謝を。


追記:いろいろとご心配くださっているのではないかと思いますが、
   強がりでも何でもなく、
   いたって平静に過ごしています。
   これもあなたのおかげです。
   それに、ムテンが張り切ってお散歩に行くので、
   とにかくお腹が空いて、
   ちょっと体重が増量しちゃいました〜、てへ😂😅 




人と動物の癒し空間『天使のまんまる』のご紹介

エンジェルセッション(対面、Skype LINE対応)
 天使たちの導きがもたらす気づきのセッション

エンジェルメッセージ
 「これまで」「これから」「今」を生きていく
 ヒントやアドバイスを天使からあなたに。

パワーアニマルセッション
 守護動物から受け取っていく生きる力を。

ミディアムミニセッション
 亡き人や動物からのメッセージと癒しを。

七日の祈り〜亡き方へ〜
 亡き人や動物に七日間連続の祈りを。

アニマル・コミュニケーション
 動物達と人の心と心を繋ぐ会話

天使のまんまるshop
 天然石アクセサリーなどの製作販売


SNS

 Twitter:@MayumiOdori
 Facebookページ:天使のまんまる
 Instagram:天使のまんまる(@angelicround)


お問合せ

 何かご質問などございましたら、
 お気軽にご連絡ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿