投稿

4月, 2019の投稿を表示しています

『東京バンドワゴン』神シーン♪

イメージ
今日は、本のお話を。 春になると、私のお楽しみがやってきます。 毎年4月に、 小路幸也 先生の〈 東京バンドワゴン 〉シリーズの最新作が、 発売になるのです。 前にも少し書いているのですが、 心がほっとなる優しくあったかいホームドラマ小説です。 亀梨君主演で、ドラマ化もされましたから、 ご存知の方も多いかもしれませんね。 上の写真は、 先頃、発売された『アンド・アイ・ラブ・ハー 東京バンドワゴン』 です。 そして、 同じ時期になると、 このシリーズに惚れ込んだ方たちが作ったファンクラブが、 発売を記念して、 Twitter上でのお祭りイベントが行われます。 同じ作品を好きな者同士が、 緩やかにわいわいと頷きながら楽しむ、 ひとときの幸せな企画です。 今年は、 〈東京バンドワゴン〉シリーズの中で、 心を鷲掴みされた場面「私の神シーン」がテーマです。 さて、どうしようかと思い、 第1作から読み直してみて、 各刊から選んでいこうと決めました。 そして、 せっかくなので、 こちらにも載せちゃいます♪ 言葉足らずの部分も幾つかあるので、 少し修正も加えています。 もしも、 あなたの読書の参考にでもなったなら、 とっても嬉しいことだなぁって、 思っています。 それでは、ご紹介していきます。 まずは第1作『 東京バンドワゴン 』から。 ⭐️ラストで、青の結婚式に池沢さんが混ざっていくところ。   その少し前に我南人の台詞、   「 LOVEの形は人それぞれだよぉ。   君なりのLOVEがそこに籠もっていたんだよぉ 」で、   このシリーズの虜になりました。 これを書いて、はたと気づきました。 ⭐️〈東京バンドワゴン〉シリーズ中には、   大好きなシーンがいっぱいあるので、   まだまだ書いていきますが、   これだけは抑えておきたいのです。   とても荒っぽい選択ですが、   各刊冒頭のサチさんの語りのシーンです。   これで始まるから堀田家の物語に引き込まれるのです。   この本を読み始める時に、   まず最初にサチさんの語りがあるのです。   それを目にすると、   「あぁ、またこの世界に帰ってきた」と思い、   あたたかいも

おそうじ

イメージ
Image by Robert Strasser from Pixabay いつもよりも長い連休の始まりとなった方も、 そうではない通常営業の方も、 色んな方がいらっしゃると思います。 天使のまんまるはというと、 お品発送などはお休みですが、 ぼちぼちと作業などはしておりますので、 何かありましたら、 お気軽にご連絡くださいね。 さて、 この時期にオススメしたいことを、 今日はお伝えしていこうと思います。 (タイトルでばれちゃってるかしら。) まもなく五月を迎えますが、 風薫る五月という言葉のように、 爽やかな気候になっていきますね。 その爽やかさを部屋に取り入れて、 住環境を整えていきましょう。 時間に余裕がある時に、 いつもよりも丁寧に掃除をして、 窓を開け放ち、 外から来る爽やかで心地のいい空気を、 部屋の隅々まで流し入れていきましょう。 部屋の隅に埃がたまっていくように、 どこか澱んだ空気も、 部屋の隅に留まっています。 くたびれた感じだったり、 疲れてしまったエネルギーなどが、 部屋の隅に留まっていきます。 でも、 そういうものがあること自体、 悪いことではありません。 毎日、毎日、 一生懸命に働いて、 暮らしていたら、 様々なことがあって、 嬉しいこともあるけれど、 苦しいことや、 悲しいことや、 我慢することだって、 いっぱいあります。 そういう心の垢というものが、 あなたから離れて、 でも、それほど遠くにも行かず、 部屋の片隅で、 ぼんやりと留まっているのです。 部屋の空気の入れ換えをすると、 スッキリと感じることありませんか? 換気というのは、 文字通り空気を入れ換えることですが、 室内の「気」(エネルギー)もまた、 一新されます。 澱みのある室内に留まった「気」が、 外へと押し出されていき、 清々しいものが室内を満たしていきます。 掃除をして、 外の空気を入れることは、 こんな素敵なことなのですよ〜。 整えられて清められた場所は、 あなた自身の心身にも、 いい影響を与えていきます。 掃除をすると運気が上がる。 そう聞いたことはありませんか? これ、 その通りなのです。 だか

好きが終わった時に

イメージ
Image by Bruno Glätsch from Pixabay 何かに夢中になったり、 好きになったりすることは、 誰にでもあるでしょう。 いつしか、 興味が無くなったりすることもあるでしょう。 心変わりなんて、ざらですものね。 心はナマモノなのだから。 こういう心の流れの中で、 とても興味深いなと思うことがあります。 これまで好きだった何かのことや、 夢中だったことを、 好きではなくなった時、興味を失った時、 全力で否定したり、 激しく貶したりすることがあるのですよね。 悲しいなと思えるほどに、 好きだったもののことを、 とにかく否定して、 坊主憎けりゃ袈裟まで憎いとばかりに、 関わりのあるものまですべて、 罵ったり、 悪し様に言ったりということもありますよね。 私には経験あります。 例えになっていないかもしれませんが。 俗っぽい話ですが、 振られた時に、 とってつけたようなことでも何でも、 小さな欠点でも見つけ出して、 とにかく相手のことを罵った覚えがあります。 うんうん、たしか、 お酒ガンガン飲んで、 タバコ吸って、 友達とくだを巻いていた気がします。 あらまぁ、お恥ずかしい話ですね。 そうかと思ったら、 好きだった何かのグループと合わずに、 そこから去った時も、 相手の欠点を探していた覚えがあります。 まあ、でも、本当にねぇ。 情けないことです。 ただ〈縁〉が無かっただけのこと。 〈縁〉が切れただけのこと。 それだけなのに、 カッカと燃料投下して、 相手や対象を、 ひたすらボコボコにしたがる。 どうしてなのかなと思っていたら、 聡明な友人が教えてくれました。 それは『自己防衛』なのだと。 なるほどと思いました。 きっと、 傷ついたのですよね。 好きだったもの、 夢中だったものがあると、 それに全力を傾けて、 一生懸命になって。 それなのに、 好きじゃなくなってしまったり、 夢中ではなくなったり、 好きを否定されたりすると、 傷ついてしまったのでしょうね。 心が、 どうしていいのか分からなくなり、 混乱してしまったのでしょうね。 だけど、 混乱したり、 傷ついたままでは

深い豊かさ

イメージ
Image by Hans Braxmeier from Pixabay 先日は、 『満月の癒し』にご参加くださいまして、 ありがとうございました。 一応、月のワークになっていますが、 いつでも行っていただけるものですなので、 手放してしまおうと思うものがある時など、 どんどん実践していってくださいね。 さて今日は〈豊かさ〉について、 書いていきます。 誰もがそれぞれ、 本当に様々な体験をしていますよね。 これを読んでいらっしゃるあなたは、 まさに今、 大変な思いをされている最中かもしれません。 もう無理。 絶対にもう立ち上がれない。 精も根も尽き果てた。 気力すら無い。 前向きなことなんて何一つ考えられない。 暗闇の中を、 這いずり回ったり、 のたうち回ったりすることもあれば、 悪態つきまくり、 身近の誰かに八つ当たりしたりすることもある。 スッキリしたいのに、 ずっと、 心の中に、 苦いものを抱えながら暮らしていることもある。 それでも、 どうしてだか、 様々な経験を乗り越えて、 心を豊かにしていく方々がいるのです。 必死だったのかもしれませんね。 必死で、 立ち上がることすら難しいのに、 這いながらよじ登って、 気づくと乗り越えていったのかもしれません。 よじ登ったのに、 ずるずると滑り落ち、 時間を掛けて、 這い上がっていったことだって、 あったかもしれません。 そういう経験をしてきたから余計なのでしょうか。 深い豊かさを、 身の内に着けて、 暮らしている方々がいるのですよね。 あなたもまた、 そんなおひとりなのでしょうね。 溢れる豊かさというよりも、 静かな広がりを感じさせる深い豊かさ。 それを手にするには、 苦しみもたくさんあったはず。 だけど、 日々の暮らしの中に、 深い豊かさを持ち込んでいることで、 あなただけではなく、 あなたの周りにも、 心豊かさが広がっていくのです。 私もまた、 あなたのおかげで、 心豊かな気分に、 どんどんなっています。 いつもいつも、 心を豊かにするような、 お裾分けをしてくださって、 どうもありがとうございます。 あなたの体験は、 何一つ、

『満月の癒し』のご案内

イメージ
『満月の癒し〜サヨナラ 〜』 開催日時:2019年4月19日 お好きな時間に 明日は満月です。 お天気はどうでしょうね。 曇っていたとしても、 雨が降っていたとしても、 月は変わらずそこにあり、 地球へと光を送り出しているので、 その恵みを、 私たちは受け取っていきましょう。 今回の癒しでは、 〈手放し〉をしていきます。 手放しして、 サヨナラを告げます。 何に別れを告げていくかというと、 言いたくても言えなかった言葉です。 今はもう亡くなっている方(人も動物も)への、 伝えたかった言葉。 今はもう会うことのない誰かへの、 言いたかった言葉。 あなたの心の中でに そんな言葉はありませんか? どんな言葉でもいいのです。 もしも、 そういう言葉があるのなら、 満月の力を借りて、 その言葉を、 あなたの心から外へと放出してみましょう。 言いたかったこと。 でも言えなかったこと。 伝えたかったけれど、 伝えられなかったこと。 それは、 心の中で、 発酵していきます。 心地いい状態で発酵していくのなら、 問題はないのですが、 そうではないことが多いので、 これを1つの機会として、 手放し、 お別れをしていきましょう。 この『満月の癒し』を行う前に、 言いたくても言えなかった言葉、 伝えたくても伝えられなかった言葉を、 探しておいてくださいね。 あまり長いと言いにくいので、 できるだけ簡潔に。 それでは始めていきましょう。 静かな呼吸を繰り返していきます。 無理のないペースで、 呼吸を続けていきます。 軽く目を閉じていきましょう。 足に意識を向けてください。 足の裏をしっかり床に着けてください。 あなたの足を通じて、 地球と繋がりができています。 この癒しには、 大きく輝く月や、 周りにいる天使たちだけではなく、 地球もサポートをしてくれます。 あなたは今、 地球と結びついています。 それでは、 言いたくても言えなかった言葉を、 伝えたくても伝えられなかった言葉を、 口にしていきましょう。 大声で言えるなら大声で。 難しい時は普通の声で。 大声で言っていると想像すればO

分かってくれないと嘆く時に

イメージ
ブログに載せる写真はどうしようかなと思って、 浮かんだのが烏天狗。 イメージでは、 もうちょっとシュッとしたイケメン烏さんなのですが、 そういうのは漫画の中にしかいないみたいで残念。 はてさて、 これが今回のお話に繋がるものなのか、 おどりの趣味なのか、どちらでしょう。 それでは今日のお話を。 「誰も私のことを分かってくれない」 と嘆いたり、 失望したことはありますか? 私はあります。 お恥ずかしいことですが、 そういう時って、 とにかく「私はなんて可哀想なの」と思い、 周りに失望し、 それからまたまた、 「私はなんて可哀想なの」と繰り返す。 ネガティブ・ループの中に、 どっぷりと浸かっている感じですね。 「誰も私のことを分かってくれない」 これは真実を含んでいます。 「え〜!!!そんなぁ!!!」 と思うかもしれませんね。 落ち着いて考えてみましょう。 あなた以上に、 あなたのことを理解できる人はいないのです。 もう一度言います。 あなた以上に、 あなたのことを理解できる人はいません。 とはいっても、 自分自身でも理解できない自分もいますよね。 だったら、 あなた以外の人が、 あなたよりも、 あなたのことを理解できるなんて、 ありえないのでは? 誰かが他の誰かのことを、 理解しようとする努力をしたり、 理解したいと願ったりして、 それなりには理解できるようにはなるでしょう。 だけど、 嘆いている時って、 「丸ごと理解して!」 というような、 本当に勝手な思い込みがあったりするのですよね。 厄介なことに。 自分だって、 自分のことを完全には理解していないのに、 それを自分以外の人に求めるのは、 身勝手なことですよね。 そしてまた、 自分のことを理解してくれないことで、 誰かに失望することは、 ただ自分の心を哀れむだけのものであり、 あなたの時間を無駄に費やすことなのです。 私たちの時間って、 無限ではないですよね。 勝手に思い込んだり、嘆いたり、 誰かに失望したり、自分を哀れんだりして、 あなたの気力を奪い、 心の目も閉ざし、 喜びから遠ざけていくようなものに、 心を囚われていくことは、 と

出逢えたことの喜びを

イメージ
こちらでは、 そろそろ桜の絨毯の頃となってきました。 あなたの所はいかがでしょう。 今年は、 家族の死去が続いていたので、 ムテンのお散歩の時に桜を見ても、 一緒に歩いたことを思い出したりして、 半泣きになりながら歩いてました。 後は、 「あなたが——蜘蛛だったのですね」という1文を、 ひたすら思い浮かべていました。 (京極夏彦『絡新婦の理』から) どうしても、 愛する者(←人も動物も)が旅立っていくと、 その悲しさは、 なかなか消え去るものではありませんね。 悲しみの中を、 漂ってしまうことだってあります。 時間が少しずつ、 心を癒していくのだけど、 それでも、 つらい時期はあるでしょう。 そんなお心に、 届いていくといいなと思っていることがあります。 あのね、 出逢いって、 奇跡的なことなのです。 出逢えたことの喜び を、 抱いてほしいのです。 深い悲しみの中であったとしても。 ちょっと想像してみてください。 たとえば、 少しだけ時間がずれていたなら。 あなたとあなたの愛する方は、 出逢っていなかったかもしれません。 宇宙の時間軸を考えると、 私たちの『少し』は、 随分と大きなものの場合もあります。 1日2日という時間よりも、 1世代、1世紀くらい変わることもあります。 また、 少しだけ場所がずれていたなら。 あなたとあなたの愛する方は、 出逢えていなかったかもしれません。 出逢いは必然だったかもしれない。 だけど、 それを求めないという選択をすることだって出来る。 あらゆる要素が合わさって、 出逢うことができたこと。 巡り逢うことができたこと。 それはやっぱり、 奇跡と呼べるような喜びだと思うのです。 そんな奇跡を手にしたのです。 愛する方と出会ったことは。 永遠に生きるわけではないので、 どちらかが先に逝ってしまうことは、 避けられないことです。 それはとても苦しく悲しいものですが、 出逢うことができたこと。 時間の長短はあったとしても、 ともに過ごす時間を持てたこと。 愛しく掛け替えのない日々を体験したこと。 これらは、 死別によって、 消え去っていくものではないのです。 心の中

目線

イメージ
Image by Sandra Petersen from Pixabay 先週末は、 『新月の癒し〜誕生の癒し〜』を、 体験してくださいまして、 どうもありがとうございました。 瞑想は、 心と体を整えていくのに、 とても効果のあるものです。 また、 他のものもあらためてご紹介しますね。 今日は「目線」のお話です。 いつもは、 犬や猫といった身近な動物と、 アニマル・コミュニケーション で、 お話しすることが多いのですが、 時折、 他の動物とも会話をする機会をいただきます。 そんなひととき、 ふと気づかされたことがありました。 動物によって、 普段の目線が異なることを。 何を当たり前のことをと思われるかもしれませんね。 我が家の場合、 小型犬(〜中型犬?)なので、 大体、地面から30cmくらいでしょうか。 そこから見ている毎日の景色。 一度、 屈んでみてください。 犬から見た人間の姿を、 思い浮かべてみてください。 誰かの足元で屈んでみると、 よく分かるかも(場所を選んでくださいね♪)。 もう巨人ですよね、きっと。 大型犬から見ても、 それなりの背の高い動物だと認識するかな。 一方、 猫の場合は、 小型犬と同じく、 地面からは30〜40cmくらいでしょうか。 地面近くから見ている景色もあるけれど、 猫たちは、 高いところに上っていくので、 少し違う景色も見ています。 眺めるという感じかな。 観察するとも言えるかもしれませんが。 これが鳥になると、 さらに高いところから、 俯瞰で見ていく。 馬もまた、 人の身長以上の高いところから、 周りを見ている。 いろいろな動物が普段見ている景色。 低いところに生きている動物。 高いところで暮らしている動物。 私たち人間も、 子どもの頃に見えていた景色と、 大人になって見ている景色は、 別のものになっているのではないでしょうか。 いろいろな目線があること。 どこから見えているのか。 どこから見ているのか。 様々な生き物の目線があること。 それに気づいていくと、 世界はもっと、 奥行きの深いものとなっていきます。 私たちが今、 キリンの背丈にはな

『新月の癒し〜誕生の癒し〜』のご案内

イメージ
Image by  Mystic Art Design  from  Pixabay 『新月の癒し〜誕生の癒し 〜』 開催日時:2019年4月5日 お好きな時間に 今日は新月です。 ここのところ、 タイミングが合わず、 満月は出来ても、 新月のワークが出来ていなかったのですが、 ようやく、 ご案内できます♪ 今日はまた、 暦では清明ですので、 新月とあわせ、 清々しい新鮮さが漂う日となっていきますね。 こういう日なので、 今回は『誕生』をテーマにしていきます。 音声による癒しの時間となります。 こちらは、 以前「誕生の癒し」としてご紹介したものです。 あらたに録音し直してのお届けです。 無料公開は3日間です。 その後は、 ダウンロードコンテンツになります。 時間は4分40秒ほどです。 ※ありがとうございました。  公開は終了いたしました。 あなたの生まれた時、 贈られていたもの。 それを受け取っていってください。 そうして、 また、 新たに満ちていく月のように、 リフレッシュして、 生きていきましょう。 その力となっていきますように。 月からの愛と祝福が、 あなたにあらんことを。 お読みくださいましてありがとうございます。 たくさんの愛と感謝を、あなたに。 人と動物の癒し空間『 天使のまんまる 』のご紹介 ● エンジェルセッション (対面、Skype LINE対応)  天使たちの導きがもたらす気づきのセッション ● エンジェルメッセージ  「これまで」「これから」「今」を生きていく  ヒントやアドバイスを天使からあなたに。 ● パワーアニマルセッション  守護動物から受け取っていく生きる力を。 ● ミディアムミニセッション  亡き人や動物からのメッセージと癒しを。 ● 七日の祈り〜亡き方へ〜  亡き人や動物に七日間連続の祈りを。 ● アニマル・コミュニケーション  動物達と人の心と心を繋ぐ会話 ● 天使のまんまるshop   天然石アクセサリーなどの製作販売 ◎ SNS  Twitter: @MayumiOdori  Facebookページ: 天使の

『内なる子どもの癒し』のご紹介

イメージ
Image by Jonny Lindner from Pixabay 先日、 ご紹介していた 『内なる子どもの癒し』 の準備が、 整いました。 こちらは、 ダウンロード販売 (1,000円)となります。 最初の1分ほどがこちらです。 なお、BGMは、 TURBO X さんの音楽を使用しています。 瞑想を通じて、 あなたの中にいる「小さなあなた(内なる子ども)」を、 癒していきます。 本当は傷ついていた。 本当は悲しかった。 だけど、 そう出来なかった。 ひとりで膝を抱えているかもしれない子ども。 小さなあなた。 その子を癒していきます。 立ち向かっていけるように、 生きていけるように、 天使の助けを借りながら、 あなたが、 自ら行っていくことで、 過去からあなたを解放していきます。 この癒しの瞑想は、 そのための足がかりとなっていくものです。 だから、 1回だけではなく、 何度でも繰り返し、 聞いていただけたらと思っています。 そうして、 立ち向かっていくための力に、 あなた自らが変えていけるようにと、 願っています。 もしかすると、 こちらの瞑想だけでは、 足りないこともあるかもしれません。 浮かんだこと、 思い出したことを、 さらに解きほぐしていきたいと、 思うこともあるかもしれません。 その際には、 どうぞ、 エンジェルセッション をご活用ください。 通常90分11,000円ですが、 『内なる子どもの癒し』体験者の方は、 60分5,500円とさせていただきます。 セッションは対面でも(近場なら出張可能です)、 SkypeやLINE通話でも、 可能ですので、 お気軽に お問い合わせ ください。 販売は、 天使のまんまるshop にて行います。 カード払いをご希望の場合は、 後日、 note にも載せますので、 そちらをご利用くださいね。 販売ページは、 こちら になります。 内なる子ども、 小さなあなたを癒して、 過去を終わったものとし、 今日を、 これからを、 生きていきましょう。 そのために、 どうぞご活用ください。 気になることなどありましたら、 お気軽に、 ご連

4月になりました

イメージ
Image by Rudy and Peter Skitterians from Pixabay 4月になりましたね。 新しい生活が始まった方も、 ご家族が新しい生活を始められる方も、 いろいろいらっしゃる時ではないでしょうか。 天使のまんまるに関わってくださる方の中には、 お知り合いになった当時は、 お子さんはまだ小学生くらいだったのに、 気づけば、 この春から社会人!なんていう方もいらして、 ただただ月日の流れの速さにビックリしていたりします。 あっという間に思えても、 きっと、 皆さん、 それぞれいろんなことを乗り越えて、 暮らしていらっしゃるのですよね。 どうぞ、 これから訪れる新しい生活が、 幸せで豊かなものでありますようにと、 祈っています。 相変わらずの毎日という方も、 どうぞまた、 幸せで豊かなひと月となっていきますように。 さて、 今日は予告編です。 今週金曜日(4/5)は、 新月ですので、 『新月の癒し〜誕生〜』を行います。 また、現在、 『内なる子どもの癒し』を 準備中です。 こちらは、 瞑想を通じて行っていくものです。 ダウンロード販売となります。 瞑想だけでは足りないこともあるかと思います。 その際には、 ぜひ、 お話を聞かせてください。 お話 しましょう。 癒し瞑想体験者の方には、 割引も予定しています。 SkypeやLINE通話などを通じて、 遠方の方でもお話できるように考えています。 『内なる子どもの癒し』は、 立ち向かっていくための、 生きていくための、 あなたが自ら行っていく癒しのセッションです。 あなたの中で生きている「内なる子ども」を、 癒していくことで、 あなたを身軽にしていきます。 身軽になると、 自由に動いていけますよね。 それと同じなのです。 ずっと持ち続けてきたものから解放されて、 心が身軽になっていくことで、 もっとラクに、 自由に、 生きていけるのです。 そのための足がかりとなる瞑想セッションです。 楽しみにお待ちくださいね。 次回、ご案内できる予定です。 今日もまたお読みくださいまして、 ありがとうございます。 たくさんの愛