ご案内


天使のまんまるオンラインショップはこちらです。

2019/04/12

出逢えたことの喜びを


こちらでは、
そろそろ桜の絨毯の頃となってきました。
あなたの所はいかがでしょう。

今年は、
家族の死去が続いていたので、
ムテンのお散歩の時に桜を見ても、
一緒に歩いたことを思い出したりして、
半泣きになりながら歩いてました。

後は、
「あなたが——蜘蛛だったのですね」という1文を、
ひたすら思い浮かべていました。
(京極夏彦『絡新婦の理』から)

どうしても、
愛する者(←人も動物も)が旅立っていくと、
その悲しさは、
なかなか消え去るものではありませんね。

悲しみの中を、
漂ってしまうことだってあります。

時間が少しずつ、
心を癒していくのだけど、
それでも、
つらい時期はあるでしょう。

そんなお心に、
届いていくといいなと思っていることがあります。

あのね、
出逢いって、
奇跡的なことなのです。

出逢えたことの喜びを、
抱いてほしいのです。
深い悲しみの中であったとしても。

ちょっと想像してみてください。

たとえば、
少しだけ時間がずれていたなら。

あなたとあなたの愛する方は、
出逢っていなかったかもしれません。

宇宙の時間軸を考えると、
私たちの『少し』は、
随分と大きなものの場合もあります。
1日2日という時間よりも、
1世代、1世紀くらい変わることもあります。

また、
少しだけ場所がずれていたなら。

あなたとあなたの愛する方は、
出逢えていなかったかもしれません。

出逢いは必然だったかもしれない。
だけど、
それを求めないという選択をすることだって出来る。

あらゆる要素が合わさって、
出逢うことができたこと。
巡り逢うことができたこと。

それはやっぱり、
奇跡と呼べるような喜びだと思うのです。

そんな奇跡を手にしたのです。
愛する方と出会ったことは。

永遠に生きるわけではないので、
どちらかが先に逝ってしまうことは、
避けられないことです。

それはとても苦しく悲しいものですが、
出逢うことができたこと。
時間の長短はあったとしても、
ともに過ごす時間を持てたこと。
愛しく掛け替えのない日々を体験したこと。

これらは、
死別によって、
消え去っていくものではないのです。

心の中に大切に存在しています。

愛は、
無に帰するものではないのです。

いなくなってしまった悲しさの中、
少しだけでも、
思い出してみてください。

出逢えたことが、
とてつもない喜びであったことを。

今、
亡くなった大切な方のことを書きましたが、
これは、
生きている方についてだって、
同じことです。

出逢いって、
本当に素敵な喜びをもたらしてくれるものなのです。

どうぞ、
お心に届いていきますように。

今日もまたお読みくださいまして、
ありがとうございます。
たくさんの愛と感謝を。






人と動物の癒し空間『天使のまんまる』のご紹介

エンジェルセッション(対面、Skype LINE対応)
 天使たちの導きがもたらす気づきのセッション

エンジェルメッセージ
 「これまで」「これから」「今」を生きていく
 ヒントやアドバイスを天使からあなたに。

パワーアニマルセッション
 守護動物から受け取っていく生きる力を。

ミディアムミニセッション
 亡き人や動物からのメッセージと癒しを。

七日の祈り〜亡き方へ〜
 亡き人や動物に七日間連続の祈りを。

アニマル・コミュニケーション
 動物達と人の心と心を繋ぐ会話

天使のまんまるshop
 天然石アクセサリーなどの製作販売


SNS

 Twitter:@MayumiOdori
 Facebookページ:天使のまんまる
 Instagram:天使のまんまる(@angelicround)


お問合せ

 何かご質問などございましたら、
 お気軽にご連絡ください。

0 件のコメント:

コメントを投稿