投稿

2020の投稿を表示しています

あるのは「今」

イメージ
動物愛護週間(9/20〜9/26)なので、 先日、 ムテンと話したことを書いていこうと思います。
ムテンは、 お散歩もお出かけも大好きです。 どこにも行く予定のない日でも、 どこかに行こうとそわそわしていることもあります。
毎日のお散歩は、 それほど変わり映えがないのですが、 とにかくいつも楽しそうに歩いています。
そんな時の会話です。

:ムーちゃん(=ムテン)は、いつも楽しそうだね。   お散歩好き?
ムテン:うん、好きだよ!
:お散歩は楽しい?
ムテン:うん、楽しいよ!
:ムーちゃんは、いつも楽しそうだけど、前はどうだったのかな?   こんなに楽しいお散歩をしてもらっていたのかな?
ムテン:前って?
:うちに来る前に他の家族があったでしょ?
ムテン:◯◯さんところ?(=ともnet預かりボラさん宅)
:ううん、その前。
ムテン:うん、あったよ。
:その時って、こんなふうに楽しくお散歩してたのかなって。
ムテン:してたと思うよ。
:そう?
ムテン:うん。多分そうだと思うけどなぁ。
:ムーちゃんみたいな子もいるだろうけれど、   全然、散歩なんてしてもらえない子もいるんだよね。   今、家族ができて、   ちゃんと毎日楽しく過ごしている子の中には、   そういう体験をした子もいるから、   複雑な気持ちになるんだ。
ムテン:どうして?
:一緒にいる人間次第で犬たちの毎日が変わっちゃうから。   それは人のせいだもの。
ムテン:ぼくは難しいこと分かんないなぁ。
:そうよね。   だけど、家族が見つかった子も、   家族探し途中の子も、   以前に、   本当に悲惨な経験をした子もいて、   それがとても気になったりしてる。
ムテン:どうして?     ぼくは今、楽しいよ。
:でも、あなたもまた誰かに捨てられたのよね?
ムテン:そうだね。
:そういうことって心に傷を負ったりしないの?
ムテン:どうして?     ぼく、今、楽しいよ。     お散歩大好きだし。     今、楽しいから、     別に何も気にならないけど。
:そうなの?
ムテン:うん。今、楽しいから。
:過去は気にならないってこと?
ムテン:うん!
:他の子も皆そうなのかな?
ムテン:知らないよ。     ぼくはそう思うけど、     他の子がそう思うかどうかなんて分かんない。
:そうよね。
ムテン:うん。     今、楽しければ、それでいいんだけどなぁ。     ぼくにあるのは今だもん。
:そうだ…

あなたはあなたでいい

イメージ
昨日は『新月の癒し』を実践してくださって、 どうもありがとうございました。 季節の変わる時は、 心身に影響を受けてしまうこともありますから、 どうかめいっぱいご自愛ください。

では、 今日もまた『今日のメッセージ』からのお話です。

今日のメッセージ(2020/9/18)
あなたはあなたでいい。
他の誰かではなく、
あなたはあなたでいい。
憧れるあの人、
見習いたいその人に、
ならなくていい。
あなたはあなたでいい。
どうぞ、
あなたも言ってください。
「私は私でいいんだ」と。
あなたは、
あなたでいいのです。

あなたはあなたでいい。

あなたは、 このような言葉を、 何度もお聞きになっているかもしれません。
そして、 あなたには、 憧れる人がいるかもしれません。 尊敬する人がいるかもしれません。 そうなりたいなと思う人がいるかもしれません。
憧れとまでは言わなくても、 ちょっと羨ましいと思う人がいるかもしれません。
わたしにもそんな方はいます。
そういう方がいてもいいのです。 目標という存在で、 生きていく力の1つともなるのですから。
それでも、 どこかで、 「だけど...」という気持ちがあったり、 その人と自分を比べて、 あまりの差に、 悩み、 落ち込んだりすることがあるのなら、 少し聞いてもらえませんか?

「隣の芝生は青い」という言い回しを、 ご存知ですよね。
誰かのものは、 自分のものよりも、 ずっと優れて見えるという例えです。
確かに、 お隣の芝生は、 ピカピカでいつも綺麗に見えるかもしれません。
ですが。
そのお隣の芝生は、 人工芝かもしれません。
いつも綺麗に見えるように、 ちょっといい人工芝を使っているかもしれません。 少しくたびれてきたら、 そのパーツだけ取り替えて、 何事もなく見せているのかもしれません。
お隣さんがいつも努力を積み重ねて、 チャンスを手にできて、 綺麗な庭に住み、 華やかな、 素敵な人生を送っているわけではなく、 ただ、 芝の手入れが面倒だから、 ちょっといい人工芝を買って、 綺麗に見せているだけだったりするのです。
芝の話じゃないと思うかもしれませんね。
でも、 誰かと自分を比べて、 自分はダメなんだと考える時があったなら、 「人工芝」と思ってみてください。
誰かが人工芝という意味ではありません。
そもそも、 天然芝と人工芝を対比させること自体、 意味のないことなのです。
同じなのは、 「芝」ってことだけ。
あなたもそうです。
誰かと自分を比べた時、 同じなのは、 「…

『新月の癒し〜LOVE〜』のご案内

イメージ
明日9月17日は新月ですので、 『新月の癒し』をご紹介していきます。
季節が移っていく中で、 心身に疲れも出てくる時です。
長い梅雨が明けたと思ったら、 激しい暑さが続き、 ようやく一段落。 体や心は、 自然を感じながら生きているので、 くたびれてしまうことだってあるのです。
というわけで、 今回の月のワークは、 ご自身へのケアをテーマにしています。
それでは始めていきましょう。

ゆっくりと静かな呼吸を繰り返します。
瞼は軽く瞑ってください。
心の中に、 いろんなことが浮かんでも大丈夫です。
あなたの周りには、 今、 たくさんの天使たちがいます。
天使たちは、 今、この瞬間、 あなたを守っています。
「LOVE」と、 言葉に出してみてください。
もう一度。
「LOVE」と。
あなたが「LOVE」と唱える度に、 あなたに愛が注がれていきます。 あなたに愛が送られていきます。
何度も、 「LOVE」と、 言ってみましょう。
この宇宙で一番美しいものを表す言葉を、 何度も唱えていきましょう。
愛は、 あなたを包んでいきます。
愛に包まれていきましょう。
愛はあなたを包み、 あなたの疲れを癒していきます。
愛をたくさん受け取っていきましょう。
充分、愛を堪能したら、 最後に、 「ありがとう」と言いましょう。

これでおしまいです。
手軽に行っていただけますので、 どうぞお気軽にお試しくださいね。
新月からの癒しが、 あなたの心と体へといっぱい届いていきますように。

今日もまたお読みくださいましてありがとうございます。 たくさんの愛と感謝を。

今月の天使からの『月いろメッセージ』お申込お待ちしています💕
お得になっている天然石ビーズもどうぞご利用ください。



動物と人の笑顔を応援する『天使のまんまる』のご紹介

🌱アニマルコミュニケーション
 動物達と人の心と心を繋ぐ会話

🌱スピリチュアルソウルリーディング
 天と大地が伝えるこれまで、今、これからのあなたの物語
🌱月いろメッセージ9月のメッセンジャーは『天使』です  月ごとに変わるメッセンジャーからの暮らしのアドバイス
🌱ミディアムミニセッション
 亡き人や動物からのメッセージと癒しを
🌱七日の祈り〜亡き方へ〜
 亡き人や動物に七日間連続の祈りを

🌱天使のまんまるshop
天然石アクセサリーなどの製作販売

SNS

 Twitter:@MayumiOdori
 Facebookページ:天使のまんまる
 Instagram:天使のまんまる(@angeli…

one and only

イメージ
暑い時期には、 ムテンとの散歩は早朝に行きます。 真夏は朝早くても汗だくになっていましたが、 だんだんと涼しくなって、 お散歩も爽やか気分になってきました。 あなたの所はいかがですか?
さて今日もまた、 『今日のメッセージ』からのお話です。
今日のメッセージ(2020/9/14)
「one and only」という言葉があります。
特別な才に秀でた人への賛辞に使われますが、
本当は、
あらゆる命を表す言葉でもあるのです。
ただひとりの、
ただひとつの、
代わりなどいない存在。命。
あなたも。
あなたの大切な方々も。
みな、
one and onlyなのです。

「one and only」 「唯一無二」
この言葉を直接、 あなた自身が受け取った機会は、 少ないのかもしれません。
そんな言葉なんてまったく言われたこともない、 という方もいるかもしれません。
わたし? 自分ではそう思っています(←自分を信じてる馬鹿者なので) でも、 そういえば言われたことないですね。
まあ、そんなものですよね。
どちらかというと、 特別な魅力や才能を持った人に向けて、 言われる方が多いでしょうから。
またあるいは、 偶然立ち寄った場所で、 謎めいた老婆から、 「あなたは唯一無二の存在になるだろう」と、 言われることを待ち望んでいることだってあるでしょう。
そう、 世の中には不思議がいっぱいあって、 謎めいた老婆が、 あなたに言葉を掛けてくれるかもしれません。
だがしかし。
いいですか。
「one and only」というのは、 実は、 あらゆる生命を表す言葉なのです。
どの命もまた、 どこにも代わりなどない、 ただひとつのものなのです。
才能や能力、 そこに差はありますし、 特別に優れた者もいるでしょう。
でも、 あらゆる命の前では、 秀でた才能などは、 個体が持つ性質という意味合いに過ぎません。
だから、 もしも謎めいた老婆からの、 「one and only」認定を待っているとしたら、 老婆の数が足りません。 あちこちに出没していることになり、 もうそうなると、 謎めくどころではない、 ただの老婆になります。
老婆の話はいいですね(笑)
誰かから言われること、 誰かに認定されることばかりが、 「one and only」というものではないのです。
それぞれが、 とても素晴らしい存在であり、 特別な存在なのです。
ただ生きているだけ。 ただ暮らしているだけ。 それだけなのに、 どこか特別かと思うかもしれませんね。
ま…

私には価値がある

イメージ
とても暑かった夏が終わり、 季節が移ろうとしていく時は、 体にも、心にも、 負担となるものです。
ちょっと悲しくなったり、 ネガティブなこと考えたり、 泣いちゃうこともあるかもしれません。
おつらい何かがおありなら、 余計、 こういうお気持ちになることもあります。
そんな時は、 心もくたびれてしまっているから、 自分は価値などない存在だと、 考えてしまうこともあります。
誰も、 自分のことを、 「あなたは価値ある存在だ」と、 言ってくれていなかった。 評価してくれなかった。
そう思ったりします。
こんなに頑張ってるのに、 精いっぱいやってきているのに、 いつか言ってくれるといいのに、 ずっと待っているのに、 誰も、 「あなたは価値ある存在だ」なんて、 言ってもらえない。
こうも考えたりします。
どこかでじっと、 誰かがあなたに、 「あなたは価値ある人だ」と、 そう言ってくれるのを、 待ち続けていたこともあるでしょう。
この際です。 待つのは止めましょう。
誰かがいつか言ってくれるかもしれないことを、 待ち続けるのは止めましょう。
いつやってくるか分からない「いつか」を、 期待するよりももっと確実な方法があります。
それは、 あなた自身が、 「自分には価値がある」 「自分は価値ある存在だ」と、 信じることです。
「私は価値ある人間だ」と、 信じることです。
それはやがて、 真実となっていきます。
あなたの真実となっていきます。
待っているより早いです。 あっという間です。
どうして真実になるのかと思うかもしれませんね。
それは、 あなたがそう信じるからです。
誰かがあなたのことを価値ある人だと言っても、 あなたが信じなければ、 あなたの真実にはなりません。
服で例えましょう。
自分は価値ある存在だと言う時、 あなたは、 「価値」という衣を纏います。 あなたが信じていけば、 最初は気恥ずかしく思う衣も、 次第に馴染んで、 あなたの一部となっていきます。
でも、 あなたが信じない時には、 着心地の悪いまま色褪せていきます。 「似合ってるのに(=価値あるよ)」と言われても、 信じることができないから、 人から借りた服を着ているような気持ちで、 やがて着るのを止めてしまうかもしれません。
信じていなければ、 それは真実にはなりません。
信じると、 その通りになっていくのです。
あなたを形作る肉体も、 あなたを作っている心も、 あなたを司っている頭も、 全力で、 「自分には価値がある」 「自分は価値ある存在」と、 働き出していくのです。

裁判の傍聴に行ってきました

イメージ
昨日、裁判の傍聴をしてきました。 生まれて初めての裁判体験です。 ワクワクドキドキしましたが、 行って良かったです。
どんな裁判かというと、 同性婚を求める「結婚の自由をすべての人に」訴訟です。
この裁判も含めたいろいろなことは、 『MARRIAGE FOR ALL JAPAN -結婚の自由をすべての人に-』 にて詳しくご紹介されていますので、 どうぞご覧くださいね。
なぜ傍聴に出かけたのかというと、 まずは好奇心です。 裁判なんて縁のないものだけど、 ドラマで観る裁判所の雰囲気も知りたかったし。 ミーハーですが、 身近に体験することで、 いざという時の参考になります。
それに近く(名古屋市)でやっていたということ。
同性婚については、 夫婦別姓を願うように、 わたしの中では、 何も不自然ではないものだから、 応援したかったこと。
そして。

こちらの本。 東京での同裁判(各地で同時に始まったのです)原告のおひとりの、 小野春さんの『母ふたりで“かぞく”はじめました。』に、 後押しされました。
著書の最後に、 「この訴訟は、世論や注目度に左右されると言われています。 ぜひ、皆さん傍聴にいらしてください!」 と書かれていたからです。
今回は名古屋訴訟の原告の方が『意見陳述』をなさると言うことで、 これまた「傍聴にきてください」とTwitterで投稿されていて、 行ってみようと思いました。
裁判所では持ち物検査(X線)や金属探知ゲートとかあって、 かなり本格的(当たり前)ですが、 職員さんたちはみな厳ついのかと思ったら、 丁寧で穏やかで親切で、 妄想していた冷たい感じではありませんでした。
コロナの影響で、 傍聴席が減らされていたので、 入場できない人もいたということで、 注目度Maxの裁判でした。
被告(国側)も、原告側も、 それぞれ大きなファイルを机に立てていて、 あれは何かの威嚇なのか、 決まりなのかと、 ちょっと面白く思いました。
裁判長のところには、 山のようなファイルがあって、 あれを全部読むのはすごいもんだなぁと、 感心したりしていました。
裁判が始まる前に、 今回の意見陳述を印刷した物をいただけました。 嬉しいお土産です。
なんか子どもの体験記のようですね(笑) すみません。 感じたことを正直に書いていますので😅
この訴訟の報告会が、 YouTubeに載っていますので、 気になる方はそちらもご覧くださいね。
マリフォーチャンネルさんの 名古屋「結婚の自由をすべての人に」訴訟第…

続けること

イメージ
とても大きな台風が来ていましたが、 あなたの所は大丈夫ですか? 愛知は台風から距離がありましたが、 時折、雨風が強かったです。 度重なる自然災害で、 被害を受けた地域の方々、 おつらいことかと。 せめて、 被害が少ないものであることを願うばかりです。
台風のような大きな気圧変化は、 動物家族たちにも影響を与えることもあります。 お腹の調子を崩したり、 なんとなくビクビクしてしまったり。 大好きな人間家族がそばにいるし、 あなたを全力で守ってくれるから、 不安に思う気持ちを、 吹き飛ばしていくよ〜!
動物家族たちに、 大丈夫だよと、 ニッコリ伝えてあげてくださいね。

それでは今日のお話を。
「継続は力なり」という言葉がありますが、 何かをやり続けていくことは、 強い精神力を必要とします。
場合によっては、 諦めが悪いと、 揶揄されることもあるのに、 続けていくことは、 本当にものすごい気力だと思います。
何かを同じように始めた人たちがいるとします。
やがて時が経ち、 同じ道を歩いていたのに、 気づけば、 だんだんと別の道を歩み出しています。
平行に歩いていることもあれば、 まったく接点のない方向へと、 どんどんと進んでいくこともあります。
興味が移りゆくのは、 何も悪いことではないので、 別の道を歩くことも1つの生き方です。
ただとても残念なのは、 時として、 同じ道を歩み続けている人に対して、 「まだ続けてたの?」と、 言ってしまうことです。
「そんなこと続けたって、結局何もならないじゃん」 などとも言われるかもしれません。
「お金にならないでしょ?」 そういうこともあるかもしれません。
自分も同じように歩いていたはずなのに、 ついつい、 そこから離れていくと、 悪口を言い出したりもします。
複雑な気持ちがあるのでしょう。
歩む道が、 簡単なものであり、 すぐに成果が出て、 認められて、 報酬も手にできて、 ラクに成功者となるのであれば、 歩み続けたかもしれない。
でも、 いくらがんばったって、 ちっとも芽が出ない。 何の反応もない。
挫ける要素や、 諦める要素のほうが、 ずっと多いから、 理由を探し始めると、 いくらでも出てくるのです。
自ら苦労なんて背負わず、 もうちょっと、 気楽に生きていったっていいじゃない。
生活もできないんだから、 それでいいじゃない。
そもそも向いていなかったんだし。
いろんな理由を探し出して、 自分を納得させていく。
なのに、 あの人は続けてる。
自分の不甲斐なさが情けなく、 でも、 それを認…

特別な存在

イメージ
先日は『満月の癒し』にご参加くださいまして、どうもありがとうございました。 あなたの中の「信じる」に、 たくさんの光が注がれていきました。 それをこれからの力にしていってください。
さて、 今回も『今日のメッセージ』からのお話です。

今日のメッセージ』は、 もともと、Twitterで始めたので、 140字という文字数の中で書いています。 そのため、どうしても、 言葉を端折ったりしてしまうことが多くなります。
メッセージの中の真意が、 わたしの言葉では足りないことも、 多々あると思っています。
なので、 ここで少し補うことで、 より深いところで受け取ったり、 理解していただけたらありがたいなぁと、 そう思っています。

では、 今日の話をしていきます。

今日のメッセージ(2020/9/3)
偉業を成さなくても、
あなたは特別です。
生きているだけで、
特別な存在です。
そう思えない時は考えてみてください。
あなたにとっての特別な存在を。
どんな状況でも、
ただ生きているだけで充分と、
思っていませんか。
あなたもまた、
そう思われています。
この世界に。

「あなたは特別な存在」 と言われたら、 あなたはどう思いますか?
「わたしなんて特別じゃない」 「何も立派なことしてないし」 などと思うかもしれません。
『特別』って聞くと、 何かに秀でていたり、 優れた行いをしていたりということを、 想像するのが多いでしょう。
でも、 天と大地は、 「あなたは特別」と言うのです。
何かの偉業を成していなくても、 「あなたは特別」だというのです。
『特別』というものへの見方を、 ちょっと変える時なのかもしれませんね。
では、 あなたにお伺いします。
あなたには特別な誰かがいますか? 動物でも、 人でも、 あなたにとっての特別な誰かがいますか?
その方は、 何か素晴らしい特技をお持ちでしょうか。 何か優れた能力をお持ちでしょうか。 それとも、 何か偉大な役目を担っているでしょうか。
そういう方もいらっしゃるでしょう。
でも、それよりも何よりも、 どういう状況であっても、 どんな暮らしをしていても、 どんな容姿であっても、 ただそこに生きていてくれるだけで、 それだけで充分だと思いませんか?
何か素晴らしい能力など無くたって、 そこに生きていることだけで、 あなたにとって『特別』ではありませんか?
ただ生きていてくれるだけで、 そこにいてくれるだけで、 『特別な存在』だと思いませんか?
ただ生きている。 ただそこ…

『満月の癒し』のご案内

イメージ
『満月の癒し』
開催日時:2020年9月2日(水)
       お好きな時間に






本日9/2は満月ですので、 また月のワークをご紹介していきます。
天使のまんまるでは、 月のリズムに合わせて、 いろいろな月のワークを行っています。 祈りや癒し、瞑想など、 その時々でご紹介していくものは変わりますが、 月の満ち欠けに合わせて、 本来の愛である自分へと、 心と体を整えていくことを目的としています。
全ての月のワークは、 天使や精霊たちが守護してくれていますので、 安心してご参加ください。
今回、満月ちょうどが午後2時22分ですので、 「信じる」をテーマに行っていきます。 何を信じるのかは、 ここでは限定していません。 あなたの中にある「信じる」という部分に、 焦点を当てていくものです。
それでは始めていきましょう。

体の力を抜いて、 目を軽く閉じていってください。
深く静かな呼吸を、 無理のない範囲で続けていきます。
そして、 想像をしていってください。
頭上には、 大きな月が輝いています。
あなたは今、 満月の光を、 全身に浴びています。
月からの光は、 あなたの心にも届いていきます。
あなたの心の「信じる」部分へと、 光は、 多く注がれていきます。
あなたの「信じる」が、 強く、 たくましくなっていくように。
光は、 「信じる」心へと、 届いていきます。
いずれうまくいきます。
不安や心配が浮かんでも、 気にしないでください。 月の光が、 溶かしていきます。
しばらくの間、 あなたの中に、 月の光が入っていくことを、 あなたの「信じる」に、 光が入っていくことを、 感じていきましょう。
光をたっぷりと受け取ったら、 最後に、 空に向かって、 「ありがとう。だいすき」と、 伝えてください。

これでおしまいです。
「2」は信じることに関する数字なので、 その2がたくさんある今日は、 「信じる」を応援されています。
あなたの「信じる」が、 光り輝いていきますように。
たとえ雨が降っていたとしても、 雲の向こうには、 輝く月がありますよ!
今日もまたお読みくださいましてありがとうございます。 たくさんの愛と感謝を。


今月の『月いろメッセージ』は、 天使からのメッセージになります。 お申込お待ちしています💕

かなりお得の天然石ビーズのセールもどうぞご利用ください。



動物と人の笑顔を応援する『天使のまんまる』のご紹介

🌱アニマルコミュニケーション
 動物達と人の心と心を繋ぐ会話

🌱スピリチュアルソウルリーディング
 天と大地が…

いつのまにか年を取ってる

イメージ
眠りに就いている時、 ダンジョン(※ゲームに出てくる攻略場所)で、 あれこれやっている夢をよく見ます。
その昔、 夢の中で、 KinKi Kidsと一緒にダンジョンを攻略したので、 それ以来、彼らのことは同志だと思いこみ、 それぞれ頑張っているなぁと、 たまに思っています←何様のつもり?😄
そんな夢を先日も見ていたのですが、 巨大な吊り橋の前で、 「さあこれから最後の戦いに臨むぞ!」と、 他のメンバーと一緒に、 最後の地へと行こうとしたその瞬間。 「あ!」と、 夢の中でちょこっと尿漏れを体験していました。
朝起きるちょっと前って、 尿意をもよおすのか、 トイレに行く夢を見ることが多いのですが、 ここに来てついに、 「尿漏れ」へとレベルアップするとは...。
その場にいた仲間のイケメン2人には、 気づかれないように、 颯爽と空を飛んで、 ひとり別ルートに行ったわたしです。
夢なんだから、 現実世界を正確に組み込まなくても、 いいですよね〜。
現実世界では、 もちろん、 尿漏れも、 ホットフラッシュも、 絶賛体験中です。
尿漏れパッド愛用中の、まゆみ、ただいま54才。 更年期まっただ中😊
それでもね。 夢くらい、 夢見させてほしいですよね〜。 まったく。
着実に年を取っています。
さて、 8月は今日で終わりですが、 8月31日は、 特別な感じがしています。
こちらでは、 通常、 夏休みが終わる日だからでしょうか。
「あぁ、夏が終わっていくな」と、 なんとなく感傷的な気分になります。
ただ今年は梅雨も長く、 コロナの影響もあったり、 8月になってからはずっと猛暑続きで、 夏が終わると、 感傷に浸るような感じではなさそうです。
それでも、 体と心には、 かなりの負担が掛かっているのが、 今の時期です。
冒頭で尾籠な話をいたしましたが、 なにも尿漏れ自慢をしたいわけではありません(笑)
わたしたちって、 いつのまにか、 自分が思っているよりも、 年を重ねているのですよね。
あなたは、 ご自身の実年齢と自分が感じる年齢と、 同じでしょうか?
わたしは、 頭の中は、 20〜30代くらい(やや10代も含)で、 成長が止まってると思っています。
ところが、 体は、 しっかりと、 衰えているのですよね。
尿漏れの夢で実感いたしました😄
というのは違うかもしれませんが、 それでも、 自分が考えているよりもずっと、 肉体は確実に、 年を取っているんですよね。
だから、 くたびれたりもします。
猛暑というだけで、 肉体には、 かなり負担が掛かります。

光が届かないのなら

イメージ
こちらの8月はどうやら、 休養する暇もなく、 夏全開のまま終わりそうな感じです。 今は、 残暑の時期ですが、 梅雨が長かったので、 夏の始まりも終わりも、 もう何が何だか分かりません(笑)
さて、 頭はこんな感じですが、 今日もまた、 『今日のメッセージ』からのお話です。

今日のメッセージ(2020/8/27)
光は、
全てのものに均等に送られています。
時として、
光を受け取れない存在もあります。
何かがあるから光が届かないんだと、
粗探しをするより、
どうしたら光が、
より多くの存在に届いていくのか、
考えてみませんか。
あなた方は、
豊かな知恵を持っているのですから。

「光」は、 あらゆるものに、 等しく、 送られています。
分け隔てなく送られています。
でも、 「光」を受け取ることのできない存在もあります。
この場合、 その存在は、 何か悪いことをしているから、 光を受け取ることができないんだと、 考えることもあります。
わたしのような職業の者が、 「その人は前世に悪事を働いたから、 今、その報いを受けているんだ」と、 のたまうこともあります。 (こういうのあまり信じなくてもいいと思います。余談ですけど。)
どこか「足りないから」 どこか「悪いところがあるから」などと、 粗探しをしてしまうこともあります。
だけど、 大切なことは、 そんなことじゃないと、 天と大地は伝えています。
「光が届かないのなら、 どうやったら光が届いていくのか」
考えるのは、 粗探しではなく、 そちらだと。
自ら「光」を避けている場合は、 その意志を尊重すべきですが、 「光」を受け取れない多くの場合は、 他の存在に起因しているのです。
分かりにくいですね。
光は全てのものに注がれています。
でも、 その光を、 途中で遮るものがあるのです。
物理的なもの。 精神的なもの。
否定的なことを言われ続けて、 それを信じざるをえない環境にいると、 自分を守るためのシェルターを作っていくので、 光が届いていきません。
そういうことだってあるのです。
「光」が届かないのは、 本人のせいではないことがあるのです。
いろいろな事情があり、 いろいろな背景があります。
人も物事も、 一面だけでは分からないものがあります。
多角的に見つめていくことで、 理解できることがあるのです。
「光」もまた、 簡単に届いていく場所もあれば、 何かに遮られて、 届いていかない場所もあります。
自分は光の元にあるからと思うだけではなく、 光が届いていないところ…

イメージ
まだまだ暑い日が続いていますが、 お体はくたびれていませんか? 休める時に休むというよりも、 積極的に、 早めに休息を取っていきましょう。 肉体あってこその「今を生きる」ですものね。
さて今日もまた、 『今日のメッセージ』からのお話です。

今日のメッセージ(2020/8/26)
人だけが心を持つのではなく、
生き物はみな、
心を持っています。
生き物には心があるのです。
自分の生存や利害に関係なく、
別の種族を助けることもあれば、
人と心を通わせることもあります。
心なくして、
こういう行為はできないのです。
人だけが特別ではないのです。

この世界には、 人間以外は魂を持たない。 もちろん、 心も持っていないという考えを持つ文化圏があります。
そもそも、 魂というものも存在せず、 心というものも肉体反応の1つだという考え方もあります。
実に多様な考え方がありますね。
何が正しいのか。 何が間違っているのか。
そういう分け方をすることは、 あまり重要なことではないと、 わたしは思っています。
ただ、 人以外の生き物には、 「心」などないというのであれば、 それでは説明できないことも、 生き物同士の間に起きているのですよね。
同じ種族同士であれば、 自分の種の存続のために、 なんらかの協力をすることもあるのは、 自然なことでしょう。
でも、 まったく異なる種族同士でも、 助け合ったりすることがあります。
生存が掛かっているわけでも、 利害が一致しているわけでもないのにです。
たとえば、 親を亡くした子に寄り添って、 敵に襲われないようにする別の種族もいます。
また、 これはもっと分かりやすいかと思いますが、 人と心を通わせる生き物もいますね。 あなたが動物と暮らしているのなら、 よくご存知なのではないでしょうか。
人間が一方的に、 心を捧げているわけではありませんよね。
人との歴史が古い動物に「馬」がいますが、 彼らは、 人の心を読む天才だったりします。
「心」を持たずに、 「心」を読むことはできるのでしょうか。
他の生き物にも、 「心」があると理解することは、 命に対して、 敬意を持って向き合うことなんだと思います。
「心を持たぬ物」ではなく、 「心を持つ生き物」であると思うことで、 思いやりや優しさも生まれていきます。
人だけが特別な存在だという傲慢さからも、 解放されていくでしょう。
人以外には心などないという考えは、 全ての生き物の頂点に立っているというところから、 来ているのかもし…

世界は変わる

イメージ
ほぼ毎朝、『今日のメッセージ』をお届けするために、瞑想をして受け取っています。
今朝、口をついて出たのが、 「世界は変わる」 という言葉でした。
世界は変わる???
それから、 スマホのイメージが伝わってきました。
掌に収まるこの小箱(=スマートフォン)は、 とても興味深く、面白いと、 小さな天使は伝えてきました。
小さな物なのに、 離れた所にいる誰かとお話をするだけではなく、 今や、 宇宙の秘密も目撃できるのだからと。
スマホもそうですが、 多くの人たちの努力によって、 技術はどんどんと進化しています。 ありがたいことですし、 素晴らしいことですね。
天使によると、 宇宙の秘密にも近づいてきているのですって。 それも、 計算だけで。
実際に、 このような研究を重ねている方々がいるのかは、 不勉強なので分からないので、 まぁ、話半分以下で読んでくださいね。
わたしたちは、 日々、研究をしている方々の成果である、 宇宙の秘密の一部(それでも一部なのですね)が、 手に持っているスマホで、 家に居ながらにして、 見て、知ることができる。
そういう技術と、 技術によって作られた物を、 とても興味深いと、 その天使は思ったようでした。
技術が進化する速度は、 とても早いのでしょう。
一方、 人の意識の変化は、 技術の速度には及びません。
だけど、 変わっていっています。
あなたも気づいていませんか?
たとえば、 少し前なら我慢するものだと言い聞かされていたことが、 「イヤだ」って言っていいんだということ。 「イヤだ」ということが自然に言える世代が、 育ってきていることを。
同性婚(パートナーシップ)への流れや、 ノンバイナリーなどの性に関する多様性も、 特別視することなんてないのにね、 というしなやかな感性も増えていることを。
人の意識は、 技術の進化するスピードは、 出せないけれど、 それでも、 それぞれが、 より良いものへと、 より自由なものへと、 よりしあわせなものへと、 変わり続けているのです。
世界は変わっているのです。
少し前には、 一般には考えられなかった物が登場し、 実現している世界です。
楽しいことばかりではないから、 悲観することもあるでしょう。
それでも、 やはり、 この世界には、 予想も付かないような素晴らしい変化が起きていき、 人の意識も少しずつ変わっていき、 その先に、 希望も待っているのです。
世界は変わる。
これは、 きっと、 1つの祝福なのかもしれません。
何だかおかしなことを書いていますけど、 簡…

パワーアニマルのお話

イメージ
先日は『新月の伝言』にご参加くださいまして、どうもありがとうございました。 あなたの宣言は、 彼方へと伝わっていきました。 だから、 安心して、 生きていきましょう。

さて今日は、 「パワーアニマル」についてのお話です。
今月の『月いろメッセージ』は、 「パワーアニマル」からのものですが、 肝心の「パワーアニマル」については、 このブログで3年ほど前に書いていたので、 あらためてご紹介していきます。
「パワーアニマル」とここで呼んでいますが、 「スピリットアニマル」とか、 「守護動物」「トーテムアニマル」と言った呼ばれ方もあります。
いずれも同じものを指していますので、 呼び名の違いはあまり気にしないでください。
では、 どんなものが「パワーアニマル」なのでしょう。
ありとあらゆる人間以外の動物が、 パワーアニマルになります。 魚や昆虫も含めば、 ドラゴンやユニコーンなども含んでいます。
海に住む生き物。 地上に暮らす生き物。 空を飛ぶ生き物。 神話の世界に生きるものたち。
いろいろな素晴らしいパワーアニマルたちがいます。
彼らは、 人と自然界を結んでくれる存在です。
そして、 生きる力をたくさん届けてくれる存在です。
彼らは、 人のようなあれこれと知恵を働かしたり、 何かを創り出していく技術は持っていないかもしれません。
場合によっては、 「ただ生きる」だけかもしれません。
一方、 人は、 起きてもいない未来のこと、 もう変えられない過去のことなど、 あれこれと考え過ぎて、 今を、 人生を楽しむことを忘れてしまったりすることもあります。 自信を無くしてしまったりすることもあります。
日々の暮らしの中で、 自然との繋がりも希薄になっていたりもします。
でも、 わたしたち人間も、 自然の一部なのです。
それをパワーアニマルたちは、 助けてくれるのです。
大地に足を着けて生きていくこと。 自然のリズムを感じること。 自然との繋がり。 自分を信じていくこと。 今を生きていくこと。
忘れてしまいがちなことを、 思い出させてくれるのです。
地に根ざして生きているものたちだからこそ、 見えるものがあります。 伝えたいことがあります。
今月の『月いろメッセージ』では、 あなたにどんなものをお伝えしていくのでしょう。 どうぞ宜しければ、 聞いてみてくださいね。 お申込お待ちしています。
今日もまたお読みくださいましてありがとうございます。 たくさんの愛と感謝を。



追記:かなりお得になっている天然石ビーズのセールもどう…