投稿

3月, 2020の投稿を表示しています

一段

イメージ
3月も終わろうとしていますね。 今年が始まった頃には想像もしていなかった世界が、 目の前にあります。 お心や、お体はいかがですか? 年末年始に行っていた『2020年のメッセージ』において、 共通する内容がありました。 それは「一段階進む」ということでした。 レベルが上がるということでした。 人生において、 階段を上っていくことは、 容易ではない場合が多いのですが、 今年は、 誰もがその一段をのぼるために、 試練となるものを与えられているのかもしれません。 この試練はとても大きく、 当たり前の日常が、 どんどんと奪われていくこともあり、 その結果、 さらに過酷な日々へと繋がりそうで、 思いやりや優しさを、 持ち続けるのも困難なこともあるでしょう。 また、 そういう感情のエネルギーが、 あちこちにあるために、 影響を受けて、 心の奥底にあったものも、 むくむくと浮き上がっていくこともあります。 いつもなら、 なだめていられたネガティブな感情が、 顔を出していきます。 憎しみ、 妬み嫉み、 恐れ、 不安などが、 さらなるネガティブなものをかき集めていきます。 そんな中で暮らしていく。 それはなんて苦しいことでしょう。 だから、 誰かを引きずり下ろそう、 誰かを血祭りに上げよう。 そうすれば、 楽になれると思うかもしれません。 でも、 これは、 苦しみが無限に続いていくだけです。 苦しさから抜け出すのは、 自分次第です。 自分の人生において、 ネガティブなものは必要ないものだと、 理解をして、 そこにこだわらず、 執着せず、 苦しみから抜け出すと、 自ら、選択することが出来るのです。 周りがどのような状況でも、 他の人が、 どのような考えや行動をしていても、 あなた自身は、 いつも愛に満たされている存在です。 なぜなら、 あなたは「愛」という存在だから。 愛に満たされているから、 いつも思いやり深い態度でいることができるのです。 これまでにも、 さまざまな困難があなたの目の前に現れたでしょう。 何度も何度も挫けながら、 悪意だって抱きながら、 失敗も繰り返しながら、 たくさんのことを学んできた

Who are you?

イメージ
今日もまた、 「 今日のメッセージ 」からのお話です。 「あなたは誰?」 「あなたは何者?」 そういうメッセージでした。 あらためて、あなたにお伺いします。 あなたは誰ですか? お名前だけではありません。 そしてまた、 『誰々の◯◯』と、 お聞きしているわけでもありません。 『誰々の◯◯』って分かりにくいかもしれませんね。 たとえば、 「ムテンのおかーさん」というように、 あなた以外の誰かが、 先頭に来るものを、 除外して考えてみてくださいませんか。 誰々【の】という言葉には、 自分自身がその陰に隠れてしまいます。 そして、 自分が遠くなってしまうのです。 主体的ではなくなってしまうのです。 だからどうぞ、 【あなた自身】が誰であるのか、 それを考えてみてください。 答えは1つではありません。 いろいろな答えがあるでしょう。 正解というものはありません。 ただ、 自分が何者なのか、 自分が誰なのか、 少し考えてみてください。 案外、忘れていることだってあります。 わたしのことを例に挙げてみますね。 わたしは、おどりまゆみ。 わたしは、犬を愛する人間。 わたしは、動物と話をする人。 わたしは、癒しを実践する人。 わたしは、平和と癒しの実践を求めて、師の元で学んだ。 (あぁ、そうだったと、初心を思い出したりしました) 生きるということを追究し、 いかに生きるか、命を考えながら生きている人間。 片付けは苦手で、食べるのは好きな人。 スポーツは苦手だけど、散歩は好き。 などなど、 あげれば、 どんどんと出てきます。 自分が何者なのか。 ふと、 考えてみてください。 毎日の暮らしの中で、 ついつい忘れてしまっていることはあります。 忘れることは悪いことではありません。 大切なことだって、 忘れちゃったりします。 でもまた、 思い出せばいいのです。 自分が誰なのか。 自分が何者なのか。 ずっと考え続けなくたっていい。 ある時、 ふと考えてみることで、 あなたの足元はしっかりとしていくのです。 力強く生きていくために、 考えてみてください。 あなたは誰ですか? あなたはどんな人ですか?

優しさを

イメージ
昨日の『新月の祈り』に、 ご参加くださいまして、 どうもありがとうございました。 またよろしければご一緒くださいね。 今日は「 今日のメッセージ 」からのお話です。 どんどんとあなたの優しさを、 表していきましょう。 優しさは次の優しさを生み出します。 気持ちがすさんでいても、 誰かから親切にされたことで、 次には誰かに優しくしようと思っていくのです。 その優しさは、 また別の誰かへと繋がっていきます。 優しさは波及するのです。 生きていると、 さまざまな出来事に出会います。 笑顔で暮らしていきたくても、 そうもいかないこともあります。 あたたかい言葉や態度を示してくれる人が、 周りにいないまま暮らしているうちに、 だんだんと、 心も暮らしもすさんでいくことだってあります。 世間の冷たさに、 悪態を吐くことでしか、 生きていけないことだってあります。 それでも、 人として生きているので、 『心』があります。 乾ききっていたとしても、 『心』は存在しています。 ある時、あなたが、 渇いた心を持つ人に、 ほんのささやかなことでも、 何か優しい態度や行為を取ると、 その人の心に、 ひとしずくの優しさが、 染みこんでいきます。 人の心の温かさが、 伝わっていきます。 たとえば、 落ちた何かを拾って手渡した時の優しい笑顔などは、 本当にささやかなものです。 でも、 そういう小さな行為であったとしても、 大きなものになっていくのです。 誰かから優しさを示されたことで、 心に潤いが、 少しずつ戻っていきます。 それはまた、 別の誰かへの優しさとして、 表されることもあるのです。 そうやって、 どんどんと、 優しさが広がっていくのです。 天に向かって唾を吐き、 悪態を吐くしかなかった人が、 人の心の温かさに触れて、 思いやり深い態度を取れる人へと、 変わっていくこともあるのです。 いつだって、 人は変われるのだから。 昨年、 大変痛ましい事件がありました。 京都アニメーションの事件です。 犯人の男性は、 火傷を治療された時に、 医療関係者の方々の心のこもった手厚い看護に、 人か

『新月の祈り』のご案内

イメージ
『新月の祈り』 開催日時:2020年3月24日(火)        お好きな時間に いかがお過ごしですか? こちらでは、 ようやく染井吉野が咲き始めたところです。 彼岸桜が華やかなところもあって、 花の季節が始まりました。 一方、 人間界は試練が続きますね。 お心、 お体、 大丈夫ですか? さて、 明日3月24日は新月ですので、 『新月の祈り』を行っていきますね。 今、 私たちに求められているのは、 病に罹った方を批難したり、蔑視して、 社会的に抹殺するような、 かつての愚かさを繰り返すことではなく、 いたわりあい、 思いあい、 知恵を集めていくことです。 病に罹った方の身体的、精神的、社会的苦痛に、 理解を向けて、 治療・研究に従事している方々に、 敬意と感謝を表していくことです。 理性的に行動しながら、 心に愛を蓄えていく時です。 という気持ちを込めて、 祈っていく月のワークとなります。 ちょっと長いですが、 今、大切なことを、 今を生きているあなたと一緒に、 行っていけたなら嬉しい限りです。 それでは、始めていきましょう。 ゆっくりとした呼吸を繰り返していきます。 目は軽く閉じてください。 手は胸の前で合掌しましょう。 あなたの好きなものを思い浮かべてください。 どんなものでも構いません。 好きという気持ちは、 あなたの心を開いていきます。 開かれたあなたのハートから、 愛がドンドンと飛び出していきます。 溢れていく愛が、 あなた自身、 あなたの周り、 さらにその周りに、 広がっていくようにと祈っていきましょう。 あなたから飛び出した愛が、 あなたのご近所、 そのまたご近所、 さらにもっと遠くへと、 広がっていくようにと祈っていきましょう。 愛が、 あらゆるものを癒し、 なぐさめ、 励まし、 力となっていくことを、 祈っていきましょう。 愛が、 この星を包んでいきます。 あなたの祈りも、 あなたの愛も、 この星の光となっていきます。 「わたしは愛を贈ります」 そう唱えてください。 「ありがとう」 と、 最後に言ってみてください。 これでおしまいです。 どうもありがとうございます。 どうぞ宜しければ

痛み

イメージ
心の家「 パワーホーム 」は、 どんな感じでしょうか。 こちらの記事は、 note にも、 掲載していこうと思っています。 さて今日は、 先日の記事の終わりに書いたことについて、 もうちょっと詳しく。 生きていくのは、 つらいこともあります。  苦しいこともあります。  大きな痛みの前に、 パーソナルな小さな痛みなんて言ってられないと、 思うこともあるかもしれません。  でも、 痛みの大小なんて関係ない。  痛いもんは痛い。 『痛み』というものも、 大きさを比べて、 上下を判断してしまうことがあります。 小さく見えるような痛みに対しては、 「そんな痛み、私の痛みに比べたら、大したことじゃないよ。」 「それくらいなら、我慢してもいいんじゃない?」 「だって、私のほうが痛いんだもん。」 「あなたの痛みなんて、痛みに入らないんだから、 辛抱するのが当然だよ」 と、 言葉を投げかけられることもあります。 【今】がそのタイミングの時でもあります。 「みんなが我慢しているんだよ。みんなが苦しんでいるんだよ。 なのに、あなた方は、自分たちが苦しいって言うの? それ、今、言う?」 というように。 大きな痛みの前には、 小さく見える痛みを「痛い」と言うことは、 「良くないこと」だとされてしまう。 どんな痛みでも、 痛いことには変わりがないのです。 靴の中に入った、 とても小さな石でも、 痛いように。 痛みの大きさはあるでしょう。 だけど、 痛いことには変わらないし、 「痛い」と言うことに対して、 目くじら立てたり、 糾弾したり、 嘲り罵ることは、 違うのではないかと、 わたしは思います。 今、 それぞれが、 人としての器が試される時なのでしょう。 どんな痛みでも、痛みだと理解して、 「痛いよね」 と心を寄せられる人であるのか。 意図してなくても、 さらに痛みを加える人になるのか。 誰かの痛みを、 100%理解することは難しいことだと思います。 どれくらい痛いのか、 それを完全に理解することはできないでしょう。 痛みは、 とてもパーソナルなものですから。 でも、 「痛みがある」ということ、 「痛い」

ホームパワーホーム

イメージ
あなたの『家』は、 どのような物が出来上がりましたか? ぐらつくことが減っていくように、 自分を信じていけるように、 そのための1つの方法として、 『家』を心の中に作るお話をしてきました。 この『家』とは、 逃げ込むためのものではなく、 気持ちを落ち着かせて、 冷静になり、 自分自身と、 自分を信じる心を取り戻していくためのものです。 「 家を作ろう 土台編 」(2020/02/19) 「 家を作ろう 建物編 」(2020/02/26) 「 家を作ろう 内装編 」(2020/03/13) この3つの記事の中で、 その具体的な内容を語っています。 まだ取りかかっていないという方は、 ぜひ、 行ってみてくださいね。 それでは少し振り返ってみましょう。 最初に、 あなたの心を明るくさせていく場所に、 建物の基礎(土台)を作りました。 次に、 自由に楽しく想像しながら、 建物を作っていきました。 その次に、 内装に取りかかりました。 これは、 あなただけの『家』ですので、 時間を掛けて、 作っていっていただければ問題ありません。 そして今日は、 その『家』を起動させていくお話になります。 「Home sweet home」という言葉がありますが、 (モトリーを思い浮かべた方は、心の友です) 今回作ったのは、 「Home Power Home」です。 (こういう言葉があるか分かりませんけど) いとしの我が家というよりも、 エネルギーチャージできる我が家という感じです。 では、 あなたが作った『家』に入っていきましょう。 目を閉じて、 数を数えます。 10から順に下げていきます。 10,9,8,7,6,5,4,3,2,1 あなたは『家』、パワーホームの前にいます。 鍵を手にしています。 鍵穴に鍵をさして、 扉を開けましょう。 (自動ドアの方はそのままお進みください) 部屋の中に入って、 好きな場所に置いた椅子に腰掛けましょう。 そして、 ゆったりと寛ぐ様子を思い描いてください。 外が嵐に吹き荒れていても、 あなたの『家』は、 微動だにすることなしに、 どっしりと立っているので、 安心して、 寛いで、 力を抜

家を作ろう 内装編

イメージ
3月に入り、 不安やイライラなどが増えてきたようでしたので、 そこから自分を離して、 心身を大切にするお話をしてきました。 そのため、 家づくりのお話が遅くなりました。 どんなお話だったか覚えていらっしゃるかしら。 「 家を作ろう 土台編 」(2020/02/19) 「 家を作ろう 建物編 」(2020/02/26) 今回は、 「内装編」 になりますが、 間が空いていますので、 前に書いたことも含めて、 お話をしていきます。 自分を信じていくために、 グラグラすることが減っていくように、 どっしりとした土台となるものを、 心の中に作っていくのが、 この『家づくり』のお話です。 自分を信じることは、 簡単なものではないかもしれません。 時間が掛かってもいいのです。 一瞬の幻でもいいのです。 なんだか心がぐらついているなと言う時に、 心の中に作った『家』を思い浮かべ、 そこで自分を落ち着かせて、 冷静になり、 自分への信頼も取り戻していくのです。 これを繰り返していくことで、 あなたは、 どんどんと、 強さを増していきます。 自分への信頼も高めていけます。 ちょっと進んで、 ちょっと後退して、 それでも、 やっぱり、 ちょっとだけ進んで。 これの繰り返しかもしれません。 でも、 進んでいきます。 あなたの想いがあれば。 それでは、 これまでのおさらいをしていきます。 「 土台編 」では、 あなたの心を明るくさせる場所を決めて、 建物が揺るがないように、 どっしりとした基礎を作っていきました。 どんな場所でも構いません。 あなたが好きな場所に、 土台を作っていきましょう。 土の状態を整えて、 セメントを流し込んだり、 石を並べたり、 新素材を使ったり。 あなたの家の基礎を作っていきます。 次の「 建物編 」では、 あなただけのパワーホーム、 パワースポットとしての家を作っていきました。 建物はどんな形でしょうか。 大きさは? 壁の色は? 屋根の形や色は? 自由に楽しく、 想像の翼を広げて。 あなたが、 どっしりとしていられる心の家を、 建てていきます。 そして今回の「内装編」です。

今日、想うこと

イメージ
昨日の『満月の癒し』にご参加くださいまして、 どうもありがとうございました。 こちらでは昨日の夕方ごろ、 虹が出ていました。 写真では分かりにくいかもしれませんが、 とても色鮮やかなものでした。 またどうぞ宜しければ、 月のワーク、 ご一緒くださいね。 今日は、 1番上の写真に繋がる話を。 このブレスレット、 見覚えがある方は、 ブログでのお付き合いが長い方です。 ずっと応援くださってありがとうございます。 「 被災松再生ブレスレット 」(2012/03/03) という記事に載せたものです。 東日本大震災の大津波で流木した、 高田松原の被災松を再利用して作られたものになります。 これが、その時に載せたものですが、 色の違いが伝わるでしょうか。 だんだんと艶を帯びて、 深い色合いになってきました。 届いた頃には木の香りがしていましたが、 今はもう匂っていません。 このブレスレットは、 震災後1年経ってからのものなので、 8年ほどになります。 震災からは9年ですね。 あらためて思うのは、 あれから私たちは成長しているのかということです。 あの時、 当たり前の毎日が、 決して当たり前ではなく、 ある日突然、 消えてしまうことに気づかされた。 その時に気づいたことは、 今、 どうなっているのか。 多くの悲しみと苦痛と喪失の中から、 教えてもらったことを、 少しでも自分の学びとしているのか。 相も変わらず愚かなままなのか。 多少なりとも、 進歩しているのか。 そんなことを考えています。 震災で亡くなられた多くの魂が、 安らかでありますように。 いまだ復興途上の方々が、 安心して暮らせる日が、 いち早く訪れますように。 祈りを込めて。 今日もまたお読みくださいましてありがとうございます。 あなたが生きていることに、 たくさんの愛と感謝を。 追記:リラックスやセルフケアのために瞑想をご紹介しています。 よろしければどうぞお試しください。 🌟「 天使の愛の瞑想 」(無料公開中) 🌟「 大地の瞑想 」 ( note はこちら) 動物と人の笑顔を応援する『 天使のまんまる 』の

『満月の癒し』のご案内

イメージ
『満月の癒し』 開催日時:2020年3月9日(月)10日(火)        お好きな時間に 明日3月10日は満月です。 満月ちょうどは午前3時近くですので、 今日から行っていただける月のワークをご紹介します。 それでは始めていきましょう。 軽く目を閉じてください。 呼吸を整えていきます。 深く静かな呼吸を、 何回か繰り返します。 そして、 イメージをしてみてください。 想像が苦手な方も心配しないで。 ちゃんと、 あなたの心へと、 イメージは届けられていきますから。 あなたがどこにいても、 何をしていても、 どんな体勢でいても、 頭上から、 白と金色の光が降り注いでいきます。 キラキラと、 輝く光の粒が、 頭の上から、 あなたに注がれていきます。 光は、 あなた全部を包んでいきます。 光の粒は、 あなたの足元から、 あなたのいる場所も包んでいきます。 あなたの大切な方も包んでいきます。 心の中で唱えてください。 「ありがとう」と。 光の粒は、 あなたを中心として、 大地へと広がっていきます。 地球全体が、 白と金色の光に包まれていくことを、 想像してみてください。 もう一度、 心の中で唱えてください。 「ありがとう」と。 これでおしまいになります。 強力な守りの色でもある「白」と「金色」です。 月からの贈り物の光を、 たっぷりと受け取っていってください。 それから、 先日もご紹介しましたが、 リラックスやセルフケアのために瞑想をご紹介しています。 よろしければどうぞお試しください。 🌟「 天使の愛の瞑想 」(無料公開中) 🌟「 大地の瞑想 」 ( note はこちら) いつもありがとうございます。 たくさんの愛と光が、 あなたを包んでいきますように。 追記:瞑想のご感想や、近況などをお伝えくださって、 とてもありがたいなぁと思っています。 ご縁いただいた方のことは、 日にちが経っていても、 ずっと気になっている性分ですので、 どうぞいつでもお気軽に、近況などまた、 お聞かせくださいね。 お待ちしています。 動物と人の笑顔を応援する『 天

『大地の瞑想』のご案内

イメージ
今週は、 心の中の『家づくり』のお話はお休みして、 心と体を大切にしていくためのお話をしています。 上の写真の木、 素敵だと思いませんか? 名古屋市の大高緑地公園にある木です。 少し加工してありますので明るく見えますが、 実際には、 木に囲まれていて陰になっているので、 やや薄暗い場所に立っています。 同じような立派な木が何本かあります。 機会があれば、 探してみてくださいね。 今回は、 この木を参考にした『大地の瞑想』をご紹介します。 音声による誘導瞑想になっています。 誘導瞑想を初めて体験される方に、 少しご説明をしますね。 天使のまんまるでは、 言葉を通じた癒しを中心に行っています。 その中で実施しているものの中に、 【瞑想】があります。 これは、 天使や大地に守られながら、 イメージの力を使って行っていくものです。 想像力を広げていき、 想像世界へと誘うために、 言葉による案内をしていくのが、 天使のまんまるの誘導瞑想となります。 リラックスしていく手段や、 自分自身の内面を見つめていく方法としての、 瞑想です。 いつでもお気軽に行っていただける、 セルフヒーリングです。 瞑想にもいろいろなものがありますが、 天使や聖なる方たちに助けを借りた、 瞑想もどうぞお試しくださいね。 それでは、こちらからお聞きください。 8分近いものとなっています。 BGMは、 PeriTune さんの素材をお借りしました。 いろいろな不安や心配を自分のものとせずに、 大地と繋がりを深めて、 どっしりとした落ち着きを取り戻していきましょう。 頭はクールに。 心はあったかい愛でいっぱいに。 体は旬の美味しいものを食べて健やかに。 たくましくしたたかに生きていきましょうね。 瞑想のご感想も、 お聞かせくださいね。 とっても励みになります。 今日もまたお読みくださいましてありがとうございます。 たくさんの愛と感謝を。 追記: note にも掲載しています。 動物と人の笑顔を応援する『 天使のまんまる 』のご紹介 🌱 アニマル・コミュニケーション  動物達と人の心と心を繋ぐ会話 🌱 スピリチュアルソ

春の養生

イメージ
今日もまた、 心と体を大切に過ごしていけるようにと願って、 それに関連するお話をしていきます。 心の中の『家づくり』のお話は、 楽しみに待っていてくださいね。 この時期って、 お別れとか出会いとかある時ですし、 季節は動くし、 草木もどんどん芽吹いていくので、 賑やかな時なのですよね。 それなのに今年は、 なんだかザワザワしているし、 そういうのつらいじゃないですか。 心も体も、 たった1つしかないのに、 周りの重たい空気が伝わって、 ダメージ食らうの、 きついことだと思います。 私のブログを読みに来てくださる方は、 細やかで優しいものをお持ちなので、 その分、 余計に、 しんどい想いをなさっているのではないかと、 思っています。 だから、 ちょっとでも、 心地よく暮らしていくヒントをお届けできたらと、 願って書いています。 今回お話ししていくのは、 この時期、 何度か書いてきているものですので、 ご存知の方もいらっしゃると思いますが、 『春の養生』のお話です。 3月から5月の春の時期は、 肝機能に留意する時です。 デトックスというのは、 お聞きになったことがあるでしょう。 解毒を指す言葉ですが、 肝臓は、 血液を浄化する臓器ですので、 デトックスを司る場所です。 これまでの季節の間に溜め込んだものを、 どんどんと外へと出していくために、 食べ物の力を借りていきましょう。 酸味のあるものや、 青物などを取り入れていってみてくださいね。 〜積極的に摂っていきたい食べ物〜 ◎菜花や春菊、ニラやセロリなどの苦みと香りの強い野菜 ◎山菜、しじみ ◎玄米や麦類 ◎酸味の強い梅干しや漬物、お酢なども。 過度に取り過ぎるのではなく、 適量を食べながら、 体が次の季節へと動いていけるように、 目覚めさせていきましょう。 甘いものや油っぽいものは、 控えめにしながら、 『旬』のものを食べていきましょう。 食べる物が体を作っていきます。 この場合は、 解毒を促進していき、 「また生きていく」ための体へと、 繋いでいきます。 そして肝臓には、 血液をためて、 必要な臓器に届けるという蔵血機能があります。 肝臓の機

ピンクの薔薇を

イメージ
3月になりましたね。 心の中の家づくりのお話もしていきたいのですが、 この時期は、 もともと季節の変わり目もあって、 心身に影響ある時ですので、 それに関連するお話を先にしていきたいと思っています。 家づくりは、 もうちょっと後にさせてくださいね。 今回は、 まずは昨日の「 今日のメッセージ 」からです。 薔薇の季節ではないのですが、 昨日のメッセージの際に、 ピンクの薔薇のイメージが浮かんできました。 このひと月についての、 天と大地からのヒントなのかもしれません。 現実として、 病が発生したり、 患者さんが増えていたりします。 亡くなられた方もいます。 一方で、 デマもあります。 さまざまな情報が交錯しています。 ただでさえ自律神経に影響ある季節ですので、 落ち着かない方もいるでしょう。 だからまずは、 不安を感じるようなもの、 不安を煽るものを、 一度、 遮断しましょう。 そして、 『ピンクの薔薇』 を、 思い描いてください。 『ピンクの薔薇』 が、 あなたのハートにあると、 想像してみてください。 ハートの中で、 『ピンクの薔薇』 が、 パーッと開いていくことを、 想像してみてください。 そして、 休息したり、 眠りについてください。 ハートのエネルギーを整えるのは、 緑とも、ピンクとも言われています。 ピンクについては、 以前、 ご紹介していますので、 よろしければ、 過去の記事も参考になさってくださいね。 ( 色のお話「ピンク」  2019/09/27) ピンクが持つ、 優しく穏やかなエネルギーが、 あなたのハートを整えていきます。 本来、 あなたが持っている心の優美さを、 取り戻していく手助けをしてくれます。 いろいろなものに心を振り回されて、 疲弊していくのはつらいものです。 だから、 『ピンクの薔薇』 の力を借りてみましょう。 いつでもお好きな時に、 お試しくださいね。 そして、 note にてご紹介している、 「 天使の愛の瞑想 」ですが、 しばらくの間、 無料公開することにしました。 少しの間、 心を落ち着かせていく手段の1つとして、 ご活用くださ