投稿

7月, 2020の投稿を表示しています

7月の終わりに

イメージ
7月も終わりですね。 あなたの7月はどのようなものだったのでしょう。 わたしは、 嬉しい知らせをいただけた月でした。
天使のまんまるも、 もう10年ほどになると思うのですが、 (正確な開始日を忘れてます) ぼちぼちと長くお付き合いくださっている方もいます。
ご縁をいただいた頃にはまだ小さかったお子さんが、 いつのまにか大学受験や社会人になっていると聞くと、 月日の流れを痛感します。
動物さんも同じで、 楽しくいろんなことを教えてくれた子が、 彼方へと旅立っていったことをお伺いすると、 時が経っていくのを感じています。
ご縁いただいた方のことって、 どこかでずっと気になっているのです。
その方自身はどう過ごしていらっしゃるのか。 ご家族はいかがお過ごしなのかな。 動物さんは、その後、どんな様子なのかって。
なので、 日々の暮らしのことなど、 近況をお聞かせいただくと、 とても嬉しいです。
お聞かせくださる方、 どうもありがとうございます。
お互い、 日々を重ねていること、 そして、 その方の毎日の頑張りもたくさん伝わってきて、 わたしも頑張らないと勇気づけられます。
そして、 近況をいただく中から伝わってくるのは、 毎日コツコツと、 なにかを一生懸命に積み重ねていらっしゃる姿です。
それはとても地味なことだと思います。
派手に立ち回る人のほうが目に付きやすいので、 目立たない地味な姿は、 なかなか分かってもらえないかもしれません。
そういうことのほうが、きっと多いのでしょう。
それから、 毎日の暮らしの中では、 予想も付かないことにも出会います。
嬉しいことなら大歓迎ですが、 人生というものは、 楽しい場面ばかりの単調なものではないのが、 ひとつの醍醐味だったりします。
生きるのがイヤになってしまうことだってあるでしょう。
苦しくて逃げ出したいことだってあるでしょう。
わめいて叫んで、 手に負えない感情の嵐の中で、 もがいてしまうことだってあるでしょう。
あるいは、 意地悪をされることだってあります。
嫉妬されて、 失敗するように仕向けられることだってあるでしょう。
そういうこといっぱいあるのに、 負けちゃいそうになるのに、 なんとかふんばって、 コツコツと、 自分にできる精いっぱいをして、 積み重ねていくことは、 とても素晴らしいことです。
そして、 それがちゃんと評価されていくことは、 とっても嬉しいことです。
もしかすると、 評価をされないこともあるかもしれません。
でも、 天は見てます。 大地も…

『少女ファイト』のお話

イメージ
「梅雨が明けませんね」 「コロナが増えてきていて不安ですね」
なんともスッキリしない日々なので、 どなたかとお話しすると、 上記のような言葉が出てきちゃいますね。

さて、 今月30日までですが、 各電子書店にて、 「夏バテのあなたへ!元気になるマンガ特集」 というものが催されています。
その中では、 今回ご紹介する『少女ファイト』が、 3巻まで無料となっていますので、 試し読みなさるには良いチャンスです!
日本橋ヨヲコ先生の『少女ファイト』について、 何回か語ってきたと思っていたら、 それはTwitterでの呟きだけでした。
ブログでも書いてはいるのですが、 かなり前なので、 このたび最新巻(17巻)も出た所なので、 あらためてご紹介です。
いつ頃からか、 「読む処方箋」という呼び名もついているマンガです。
作者の日本橋先生は、 「生きにくい子たちがバレーボールで春高優勝を目指す群像劇」 と表現されています。
ヒーロー&ヒロインというよりも、 ヒールを思いっきり目指す(語弊あり)バレー部がメインです。
バレーはもちろん出てきますが、 それよりも、 いかに生きるのかを、 もがきあがきながら、 探し、考え、 暮らしてる人たちの話です。
上手に生きられない人が、 たくさん出てきます。
精神的支柱となる大切な人を喪って、 どう生きるのか、 自らの足でどう歩いていくのか、 さんざん悩み苦しむ人。
引きこもったままの人。
親との問題を抱えた人。
半端なきっかけで始めたと嘲られた人。
病を抱えた人。
自らの幸せを封印した人などなど。
様々な背景を持った人たちが出てくるので、 共感する人も見つかるのではないかと思います。
1人だけではなくて、 いろんな人の中に自分を見つけることもあるでしょう。
「生きづらさ」を感じている人には、 心に響くものがたくさんあるはずです。
不完全でもいいってこと、 不完全さを肯定されていくということ。 そういうものも含んでいるのだと思います。
そして、 「主体的に生きる」ということを、 随所で考えさせてくれるマンガでもあります。
だから、 わたしはとっても大好きなんです。

何かを読むのって強制されるものではないから、 絶対読むべきとは言いませんが、 それでも、 心に傷を抱えていたり、 どこか生きるのがしんどい時には、 読んでみるといいマンガだと思っています。
だから、 「読む処方箋」などと言われるのでしょうね。
読んだら、 かすかでも、 小さくても、 なにか希望の光を、 心に掴んでいけると思…

『病魔という悪の物語 チフスのメアリー』

イメージ
前回、 書き忘れてしまいましたが、 先日の『新月の祈り』にご参加くださいまして、 どうもありがとうございました。
祈りは、 ほんのちょっとのことです。 それでも、 ささやかなこともまた、 大切な行いであり、 大事にしていきたいです。
だから、 あなたの祈りに感謝です。 また同じような機会があれば、 どうぞご一緒くださいね。
さて、 今日は久しぶりに本のお話を。
わたしは、 活字中毒気味なところがあるので、 本やマンガ、 とにかく何かを読むのが大好きです。
何でも読むというわけではないので、 きっと、 ジャンルも偏っているのだと思いますが、 それでも、 面白い本をいつも読みたいなと願っています。
なので、 Twitterでは、 出版社や本好きさんたちをフォローしていて、 次に読む本のヒントとしています。
今回取り上げる『病魔という悪の物語 チフスのメアリー』もまた、 そんな中で知った本でした。
たまにタイムラインで流れてきていて、 今、読んだほうがいいと呟いている方もいて、 そうかぁ、読んだほうがいいかぁ、 と、気になってました。
この本については、 筑摩書房さんが特設ページを出しているので、 気になる方は、 そちらもご覧くださいね。
こちらです。
ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、 その内容をちょっとだけ。
チフス菌を持っていても、 自分は発症することのないという、 健康保菌者メアリーの生涯の話です。 腕の良い料理人だったので、 雇われた先々で、 チフスを広めてしまったひとりの女性の実話です。
今、 わたしたちの世界は、 新型コロナと向かい合っていて、 世界各地で、 いろいろな悲しい出来事も、 醜悪な出来事も起きています。
病に罹った人に対して、 蔑視することもあれば、 個人情報を晒されたりもしています。
批難されるような行動を取る者もいるでしょう。
だからこそ、 この本が、 今のわたしたちのヒントとなるのでしょう。
チフスのメアリーという名前のほうが有名だけど、 メアリー・マローンという女性の生涯を考えていくことで、 冷静さを取り戻していくようにも思います。
この物語のおわりに書かれていた文章を載せます。
“もし、あるとき、どこかで未来のメアリーが出現するようなことがあったとしても、 その人も、必ず、私たちと同じ夢や感情をかかえた普通の人間なのだということを、心の片隅で忘れないでいてほしい”
病ばかりを取り上げてしまい、 その「人」を見てはいないということ、 きっとあるのだと思います。
メアリーの…

アニマルコミュニケーションについてのお願い

イメージ
いつもありがとうございます。 こちらでは、 35℃近くの気温になったりしていて、 お散歩するとかなり汗をかいていますが、 脂肪は溶け出すことなく、 仲良く引っ付き続けています。 困ったものです😁
さて、 今日は『アニマルコミュニケーション』について、 少しお願いがあります。
「旅立った子」についてです。
ありがたいことに、 天使のまんまるの『アニマルコミュニケーション』では、 旅立っていった子たちと、 お話をする機会を多くいただいています。
その都度、 彼方に行ってしまった子たちからの愛と、 飼い主さんの愛に、 心打たれています。 ウルッとくることも、 ボロボロ泣きながら会話していることもあります。
今までそこにいた子がいないというのは、 とても苦しく寂しく悲しいものだけれど、 会話を通して、 少しでも、 何かとなればいいと願いながら、 日々、行っています。
これまで、 お申込の時に、 確認をさせていただくことが多かったのですが、 あらためて、 このたび、 お願いをさせてくださいませんか。
「旅立った子」へのアニマルコミュニケーションは、 旅立ちから49日過ぎからとさせてください。
49日前だと会話ができないと言うことはありません。 実際に、 何度も会話をしていますので、 そのようなことはありません。
お話をさせてくれた動物さんたち、ありがとう。 飼い主さんたちもありがとうございます。 たくさんの愛と学びがそこにはありました。
49日過ぎからというのは、 成仏してからという意味ではありません。
大切な動物家族を喪うことは、 とても大きな負担を心に強いることがあります。 体験された方は、 よくご存知だと思います。
愛する子が亡くなってしまって、 ただ謝りたくて、 ただ伝えたくて、 とにかく話したい。
その気持ち、 わたしにはよく分かります。
後悔、 悲しみ、 ただ後悔.....
苦しくてたまらない時間も、 よく知っています。
だから、 亡くなってすぐにお話をしたい気持ちも、 分かります。
動物でも人間でも、 大切な方を喪った時、 誰もが悲しみよりも前に、 混乱してしまうことがあります。
悲しいっていう気持ちよりも、 何が起こったのか心が理解できないというのでしょうか。
ただ混乱してしまいます。
それは自然の感情の動きです。
亡くなってしまった直後は、 冷静でいるつもりでも、 そうではない場合が多いのです。
冷静じゃなくていいのです。
できたら、 いっぱい、 悲しんで、 泣いて、 泣いて、 過ごして良いのです。
そういう時…

『新月の祈り』のご案内

イメージ
『新月の祈り』
開催日時:2020年7月20日(月)〜21日(火)
       お好きな時間に






明日7月21日は新月です。 日付が変わってしばらくすると新月ちょうどになりますので、 本日から明日まで『新月の祈り』を行っていきます。
今回のワークを考えていたら、 「ブッダガヤ」が浮かんできました。 仏様が、 菩提樹の下で悟りを開いたとされる仏教の聖地です。 ふと気になったので、 きっと何かの意味があるのでしょう。
生きている者のため、 旅立った者のため、 ただ手を合わせて、 その幸せを祈り、 感謝とその生涯に愛と敬意を送る。 そういう意味を持っているように感じています。
そして、 こちらでご紹介している月のワークには、 いろいろなものがありますが、 いつもたくさんの天使や精霊たち、月の女神が、 あなたのいる場所を守護していますので、 安心して行ってみてくださいね。 今回は仏様も一緒に見守ってくださっていますよ〜。
それでは始めていきましょう。

軽く目を閉じて、 深く息を吸い込みます。 そして、 「フーッ」と静かにゆっくりと、 息を吐き出していきます。
今、 あなたの肉体は、 リラックスしていきます。
そのまま、 ゆったりとした呼吸を繰り返しましょう。
そして、 胸の前で手を合わせてください。
合掌しても、 指を組んでも構いません。
手を合わせて、 祈っていきましょう。
今を生きている自分のこと。
今を生きている誰かのこと。
旅立っていった誰かのこと。
それぞれ思い浮かべながら、 祈っていきましょう。 その幸せを。
誰かがくれた愛に感謝していきましょう。
誰かの生涯に感謝と敬意を送りましょう。
あなたと誰かが、 愛に包まれていくことを、 祈っていきましょう。
時間の長短は問いません。 あなたがいいと思うだけ、 祈っていってください。
最後に、 周りでサポートしてくれた方々に、 感謝を伝えてください。

これでおしまいです。
あなたの祈りに感謝いたします。

どうぞ宜しければご参加くださいね。
今日もまたお読みくださいましてありがとうございます。 新月からのたくさんの愛を、あなたに。




月いろメッセージ』のお申込もお待ちしています💗 かなりお得になっている天然石ビーズのセールもどうぞご利用ください。



動物と人の笑顔を応援する『天使のまんまる』のご紹介

🌱アニマル・コミュニケーション
 動物達と人の心と心を繋ぐ会話

🌱スピリチュアルソウルリーディング
 天と大地が伝えるこれまで、今、これからのあなたの物語

なにくそ困難

イメージ
今日もまた、 『今日のメッセージ』からのお話です。
今日のメッセージ(7/15)
困難な状況は、 きつくて苦しいものです。 誰かに八つ当たりしたり、 苛立ちをぶつけることもあるでしょう。 ネガティブな行動を取るよりも、 少し考えてみませんか? この状況は、 自分に何を教えているのかと。 そこから何を学んでいるのかと。  耳を澄ませてみましょう。

困難なことは、 生きている中には、 付きものなのでしょう。
困難は、 苦しいし、 悲鳴も上げたくなるし、 悪態だって吐きたくなる。
神を呪うことだってある。
誰かに八つ当たりもするし、 苛立ちをぶつけることもある。 自分よりも弱そうな人に悪意を向けて、 発散することもある。
でも、 天と大地は伝えています。
困難の中には、 すぐには見つけられないかもしれないけれど、 隠されているものがあることを。
それを見極めてほしいと。 困難なことが伝えているものに、 耳を傾けてほしいと。
苦しい時、 なかなか冷静にはなれないかもしれません。
だから、 ちょっとお腹の下あたりに力を入れましょう。
そして、 「なにくそ」と思って、 頭を切り替えていきましょう。
いいですか。
何度も書いているので、 また同じこと言ってると思われるでしょうが、 何度も言います。
あなたは、 これまでに幾つもの困難を体験してきたはずです。 人に言えないものもあるかもしれません。 わざわざ言うまでも無いこともあるでしょう。
そういうものを体験しながら、 ここまで生きてきているのです。
それはとてもすごいことなのです。 誇れることなのです。 立派なことなのです。
生きていく中で、 困難なことのレベルは、 どんどん上がっていきます。
もうダメと、 何度も思うことでしょう。
それでも、 ここまで生き抜いてきた自分自身の底力を、 どうぞ信じてください。
そして、 「苦しいことからでも何でも掴み取ってやるんだ」 という気概を持っていきましょう。
そういう逞しさがあなたの中にはあるのです。
自分の苦しさを、 誰かに転嫁して、 知らんぷりすることは、 ずっと楽な道です。
でも、 困難の中から、 「何か」を見つけようと足掻く姿は、 とても尊く美しいものだと、 わたしは思います。
困難なことがあって、 いきなり初めから、 「ふむふむこれはどういうことだ?」 と考えられなくても良いのです。
思考と感情が大混乱してしまっても良いのです。
しばらくして、 冷静になろうと努めてみるのです。 「なにくそ」と思ってみるのです。
「腹を括ろう」ということ…

嫌いだけど信じる

イメージ
あなたは自分がお好きでしょうか? それとも...?
自分を好きでいることは、 1つの力となっていくものです。
でも、 自分も含めて、 何かを好きになることって、 「好きにならなくてはいけない」と頭で考えて、 必死に好きになるものではないですよね。
「◯◯を好きになろう」と、 好きでもないのに好きになろうとするのは、 苦痛でしかないことだってあります。
自分を好きでいることが難しい時、 好きになれない自分に対して、 罪悪感すら抱くこともあります。
この罪悪感、いりませんよ〜!
無理に好きにならなくてもいいし、 自分を嫌いであってもいいのです。
ただ、 信じることは止めないでください。
自分を信じることを、 大事にしてください。
嫌いであっても、 信じることはできるのです。
嫌いという気持ちと、 信じるという想いは、 別物なのです。
信頼と好き嫌いは同じではないのです。
大嫌いな人であっても、 何か大事が起きれば、 イヤイヤながらも、 ともに助け合って、 それを乗り越えようとすることはできるのです。
生死が掛かった時、 イヤな人であっても、 助けの手を差し伸べてくれたなら、 あなたはその手を掴むのではないでしょうか。 逆もまたしかりです。
イヤな奴だけど、 掴んだ手を振りほどくことはしないだろうと、 相手を信用することはあるのです。
それと同じことなのです。
たとえ自分が嫌いであっても、 自分を信じていくことはできます。
信頼していくことはできるのです。
好きではなくたって、 信じていけるのです。
自分を信じることは、 何よりの強さになります。
嫌いと信頼は、 両立するものなのです。
嫌いだから信用できないと思っていたのなら、 それは考え違いの時もあることを、 理解してください。
自分への信頼は、 あなたへの大きな力となるのです。
嫌いだけど信じる。
そういう形があってもいいと思いませんか?
自分への向かい合い方には、 いろいろな方法があるものです。 どれが正しいとか正しくないとかではなく、 ひとりひとりのやり方があるということなのです。
それでいいのです。
あなた自身を、 信じていきませんか。
自分を信じて、 そして、 生きていきましょう。

今日もまたお読みくださいましてありがとうございます。 たくさんの愛と感謝を、あなたに。




月いろメッセージ』のお申込もお待ちしています💗 かなりお得になっている天然石ビーズのセールもどうぞご利用ください。



動物と人の笑顔を応援する『天使のまんまる』のご紹介

🌱アニマル…

判断してしまう時には

イメージ
書いていきたいことは色々あるのですが、 体力が付いていかず😅に、 少しゆったりとした更新となっております。
あなたはいかがお過ごしでしょうか?
雨による各地での被害には、 本当に心が痛みます。
COVID-19のウイルスもまだまだ、 どこか近くにあるままですし、 空模様同様に、 スッキリとしない日々かもしれませんね。
仕方がありません。 そういう時だってあるのですから。
それでも生きているのですもの。 立派なものです。 立派なものだー!👍

では、 「今日のメッセージ」からのお話をしていきます。

今日のメッセージ(7/10)
誰かに対し、
やたら否定的に判断しがちなら、
「なぜ自分はそういう判断をするのか?」
を考えてみましょう。
自分を見つめましょう。
もしかしたら、
精神的にも肉体的にもとても疲弊していて、
誰かのことよりも、
あなた自身の癒しが、
必要とされる場合もあるのですから。
何かや誰かを判断することや、否定的な感情を、 "してはいけない"ということではありません。
今回のメッセージでお伝えしていることは、 何でもかんでも、 「これは駄目、あれもダメ」というように、 とにかく否定的に判断してしまう時についてです。
この場合、 「どうして自分はそう考えるのか(感じるのか)」 と振り返ってみましょう。
「どうして自分は否定的な判断をするのか」 を考えてみましょう。
相手が、 まさにダメな状態であるかもしれません。 1回きりのことなら、 そういう場合もあるでしょう
でも、 何度も何度も、 毎日のように、 「あれもダメ、これもダメ、まったく酷いものばかり」 と思ってしまうならば、 少し、 自分を見つめてみませんか。
あるがままを見つめるのではなく、 どこかにケチを付けたくなってしまう時の自分を、 見つめていくのです。
自分の状態を確認するのです。 そのチャンスなのです。
もしかしたら、 いろいろなことに疲れ果てていたり、 問題を抱えていたりするかもしれません。
渦中にいて、 そのことに自分自身が気づいていないことだってあります。
優しい気持ちを持つゆえに、 誰かのことをたくさん気にして、 自分を後回しにしてしまい、 自分へのいろんなケアが足りていないことだってあります。
みんな完璧じゃないのですから、 そういう時はあるのです。
周りに対してや、 関係ないものに対しても、 やたらと否定的な判断をあれこれとしてしまう時には、 心や体が、 悲鳴を上げているかもしれ…

誰かの感情は誰かのもの

イメージ
先日は『満月の癒し』にご参加くださいまして、 どうもありがとうございました。
雨が降っていても、 雲の向こうには月は存在していますので、 満月からの癒しのサポートはありましたが、 九州などでは、 激しい雨による被害が大きく、 それどころではなかった方も、 おみえかと思います。
まだ、 雨の日は続くようですので、 どうぞ、 どなたさまも、 お気をつけください。
被害に遭われている方々、 急の旅立ちをされた方々、 大変な体験をされていることを思うと、 心痛み、言葉になりません。
人も動物も大地も、 安全でありますようにと、 ただ祈っています。

今日は、 「感情」について、 お話をしていきます。
前にも似たようなことを書いています。 でも、 何度でも書いていこうと思います。
あなたは、 共感力が高めではありませんか?
誰かの感情を感じ取れたり、 寄り添ったり、 共感できる力を、 わりと強くお持ちではありませんか?
その能力は、 とても素晴らしいものです。
心を持つ生き物として、 誰かの心を、 完全には理解できなくても、 ほんのちょっとでも、 理解して、 共感してもらえること。
とっても嬉しいものだと思います。
分かってもらえるのって、 嬉しいことですものね。
でもここで、 ひとつ、 心に留めて置いてほしいことがあります。
誰かの感情は、誰かのもの。
あなたが背負い込む必要はないもの。
感情は、 時として、 手に負えないことがあります。
誰かに持っていってもらいたいほど、 制御不能な厄介ものになることがあります。
ハッピーな感情の場合は、 そういうことはほとんどありませんが、 アンハッピーな感情の場合、 そんな気分にもなることがあるのですよね。
持っていたくない誰かのアンハッピーな感情を、 押しつけられたりすることもあります。
でも、 あなたが背負うものではないのです。 背負わなくてもいいものなのです。
自分の感情をコントロールするのが苦手な方はいます。 自分の感情を、 どんな場でも表現するのが正直だと、 考え違いする思いやりに欠けた方もいます。
こういう方は、 あなたに、 自分と同じ感情を持つことを期待しますが、 誰かの感情は誰かの物であり、 あなたのものではないのだから、 申し訳ないとか思う必要もないのです。
場合によっては、 感情を共有しないことで、 罪悪感を持たせようすることもありますが、 それはずいぶんと卑怯なことだと、 理解してください。
共感しても、 感情を共有しなくていいのですから。 それは間違ったことではないの…

『満月の癒し』のご案内

イメージ
『満月の癒し』
開催日時:2020年7月5日(日)
       お好きな時間に






明日7月5日は満月ですので、 また、 月のワークをご紹介していきます。
今回は『満月の癒し』となっています。
なんとなくお疲れではありませんか? 自分を責めたり、 落ち込んだりはしていませんか? 誰かの感情を引き受けてはいませんか?
月の力を借りて、 少しの間、 あなた自身を癒していきましょう。
それでは始めていきます。

体の力を抜いて、 軽く目を閉じてください。
ゆっくりとした呼吸を、 繰り返していきます。
静かな呼吸は、 肉体も、 心も、 緩めていくので、 何度も繰り返していきましょう。
そして、 想像をしていきます。
想像が苦手な方は、 周りにいる天使たちがサポートしてくれるので、 心配しないでください。
今、 あなたの頭上には、 輝く大きな月があります。
その月から、 黄金色の光の粒が、 どんどんと、 降ってきます。
月からの金色の光のシャワーが、 あなたに降り注いでいきます。
あなたの細胞1つ1つが、 金色の光に包まれていきます。
あなたの内側、 あなたの外側、 すべてが金色の光に包まれています。
金色は、 聖なる力を宿す強い色です。
あなたの中も外も、 光でおそうじされて、 磨きを掛けられていきます。
たっぷりと、 光のシャワーを浴びていきましょう。
最後に、 この癒しを助けてくれた月と天使たちに、 「ありがとう」を、 伝えてください。
これでおしまいです。
雨が続く時期で、 かなり激しく降っている地域などもあり、 落ち着かない気分の週末かと思います。
動物も人も大地も、 ただ安全でありますように。
こんな時ではありますが、 どうぞ宜しければご参加くださいね。
たくさんの愛と感謝を込めて。





月いろメッセージ』のお申込もお待ちしています💗
天然石ビーズのセールもどうぞご利用ください。



動物と人の笑顔を応援する『天使のまんまる』のご紹介

🌱アニマル・コミュニケーション
 動物達と人の心と心を繋ぐ会話

🌱スピリチュアルソウルリーディング
 天と大地が伝えるこれまで、今、これからのあなたの物語
🌱月いろメッセージ今月のメッセンジャーは『フェアリー』です
 月ごとに変わるメッセンジャーからの暮らしのアドバイス
🌱ミディアムミニセッション
 亡き人や動物からのメッセージと癒しを
🌱七日の祈り〜亡き方へ〜
 亡き人や動物に七日間連続の祈りを

🌱天使のまんまるshop
天然石アクセサリーなどの製作販売

SNS

 Twitte…

7月の『月いろメッセージ』

イメージ
写真は、 アリアナ・グランデみたいなポニーテールの女性ですが、 フェアリーです。
そうなのです。 今月、7月の『月いろメッセージ』は、 「フェアリー(妖精)」からのメッセージになります。
フェアリーと聞いて、 あなたはどんなことを思い浮かべるでしょう。
シェークスピア? ケルト? 真島ヒロ先生のフェアリーテール? それとも妖怪?
自然と結びつきが深いフェアリーは、 あなたに何を伝えていくのでしょうか。
今日のメッセージ」(7/1)が、 少しヒントになっていくので、 ご紹介します。

今日のメッセージ
自然に触れた時、
あなたは何を感じ、
何を考えていくのでしょう。
時折そよぐ風。
道端で咲く花。
降りしきる雨。
照りつける太陽。
大きく広がる海。
見渡せば、
あちこちに自然は存在しています。
自然と並び、
触れあって、
あなたの心を見つめてみましょう。
フェアリーたちは、 「自然」に触れていくことを、 勧めています。
張り切って、 海や山に行かなくても良いのです。
身近に、 いくらでも自然はあるのです。
人工物ではない、 自然のものに触れる機会を、 なるべく多く持って、 そして、 自分の心が何を感じるのか、 自分の頭が何を考えるのか、 そんな時間を、 フェアリーたちは、 あなたに持ってもらいたいのです。
そこに、 あなたのヒントがあるのです。
より詳しく、 フェアリーからのメッセージがご入り用の時には、 『月いろメッセージ』を、 どうぞご利用ください。
お申込をお待ちしています。

新しい7月が、 あなたとあなたの大切な方に、 喜びあふれるものとなっていきますように。
今日もまたお読みくださいましてありがとうございます。 たくさんの愛と感謝を。




ただいま開催中の、 天然石ビーズのセールも どうぞご利用ください。



動物と人の笑顔を応援する『天使のまんまる』のご紹介

🌱アニマル・コミュニケーション
 動物達と人の心と心を繋ぐ会話

🌱スピリチュアルソウルリーディング
 天と大地が伝えるこれまで、今、これからのあなたの物語
🌱月いろメッセージ今月のメッセンジャーは『フェアリー』です
 月ごとに変わるメッセンジャーからの暮らしのアドバイス
🌱ミディアムミニセッション
 亡き人や動物からのメッセージと癒しを
🌱七日の祈り〜亡き方へ〜
 亡き人や動物に七日間連続の祈りを

🌱天使のまんまるshop
天然石アクセサリーなどの製作販売

SNS

 Twitter:@MayumiOdori
 Fa…